ピアノ

自己流とは?

投稿日:

今日は久しぶりにピアノネタです♪

今あれこれに支障がない程度に月1~2回くらいのペースでピアノのレッスンを受けてるのですが、当然ながらレッスンを受けるたびにあれこれ指摘を受けています。

まぁ、褒められることはまずないですね。当たり前なんですが。自分の成果を提出しに行くわけではなく、仕上げるために、よりよく改善するために受けるものなので。まぁ、言い換えると指摘されに行くようなものです。でも、叱られるというわけじゃないですよ。これが普通です。

それで毎回感心するのは、本当に指摘が図星なんですよ。(笑)

自分では無意識にしていて気付いてないことまで言われるんですね。言われると、はい、確かにその通りですとしか言いようがなく思わず苦笑。

自分では前回指摘されたところを練習して直して、こんなもんでいいかな?というくらいにはしていくのですが、そうするとまた違う箇所やさらに突っ込んだ指摘を受けるのです。

時には「ここは焦って弾いてるから落ち着いて」などこちらの心理状態まで指摘されることもありますし、「この指とこの指の打鍵の強さが違って音色が違って聞こえるから揃えるように」など細かい指摘を受けることもあります。

勿論自分では同じように弾いてるつもりなんですよ。

やはり専門家の目と耳は凄いな、と感心します。

多分、どんなに頑張って練習量をこなしても、自分一人では曲を一曲仕上げるのも不可能だろうな、と思います。私はプロじゃないから。

自分なりには仕上げるでしょうけれど、やっぱりレベルは低くなりますよね。自分のわかる範囲でしか仕上げられませんからね。

改めて「自己流で頑張る」というのはいくら頑張っても壁を突破できないのだというのを実感しています。

私自身、以前ピアノを散々習っていたので自分のピアノが自己流だとは全然思ってませんでした。

でもやっぱり自己流だったのだな、と思います。

自己流は、意図的に自己流にしている人以外は、実際それが自己流なのかどうかも分かってないと思うんです。

自分としては、これが良いやり方だ、これで良い、と思ってる状態が自己流なんだと思います。

自己流だとどんなに頑張っても限界が来ます。ピアノだけじゃなくてどんな分野でも、信仰生活も同じです。

私達にはプロの目、プロの手ほどきが必要です。

プロの言葉を謙虚に受け止め、それを実践し、自分の限界を突破していきたいですね!

-ピアノ
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

苦手克服

先月から、ピアノの新曲を練習してます。 今回は約2年ぶりにベートーヴェン。 今年は夏前くらいからリストに初挑戦していて(実はリストの曲を一度もやったことがなかったんです)、それが仕上がりそうな兆しが見 …

挑戦する姿

今回もショパンコンクール(通称ショパコン)の話題。 第一次予選で日本人も続々登場していますが、今回のショパコンはすでに名声があるのに出場する日本人ピアニストが何人もいるんです。 大抵、コンクールに出る …

伴奏者の使命

今週は使命についてですね。 私もいろんな使命をしてきましたけど、最初にもらった使命はピアノの伴奏者でした。 最初に言われた時は、私も何かの役に立てるんだ!と思って嬉しい気持ちで引き受けたんですね。 伴 …

期待は行動の原動力!

今日はピアノの話題♪ 先月の発表会の後は自分の引っ越しでバタバタしていましたけど、今は落ち着きを取り戻し、無事に次の曲に取り組んでおります。(^^) 次は久しぶりにショパン♪。曲はスケルツォ第三番。 …

no image

不思議な感動

実は…コンサートが終わってから頭の中で鳴っている曲がありました。 でも、その曲は確かに以前自分が弾いたことがある曲なのにすぐには思い出せず、何の曲だったっけ?と思いながら楽譜を引っ張り出して探していま …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。