ピアノ

自分を見る!

投稿日:

個人的な事なのですが、先日、ピアノの発表会に出させてもらいました♪

演奏した曲は、シューマンの「アベッグ変奏曲」という曲で、今回初挑戦の曲でした!

本番の出来具合は私としては微妙で何とも言えなかったのですが、見に来てくれた人たちが、そんなの全然わからなかった、感動した、と言ってくれたので良しとすることにします。(笑)

ところで、見に来てくれた未香さんが、本番の演奏をバッチリビデオを撮ってくれていて、私はイマイチの出来具合だと思ってあまり見たくなかったんですが、せっかく撮ってくれたので家に帰ってから見てみました。

そうしたら。。。ピアノの先生に日ごろ指摘されていたことが笑っちゃうくらいにあまりにもリアルに認識できたのです!

自分でもそれに関してはまだまだ出来ていないという自覚が十分にあったのですが、自分の演奏って普段は自分で見ることはできないじゃないですか?だから視覚的には分からなかったんですね。

しかも、私は前日にイメージトレーニングしようと思って、YouTubeに上がっているピアニストの演奏を散々見ていたんです。その残像が頭にあったせいか、あまりにもピアニストの映像と自分の映像が違い過ぎて苦笑するしかありませんでした。

改めて、自分を客観視するというのは難しいのだなと思ったのと、だからこそ客観視できる状況を作ることが大事だな、と思いました。

第三者に言われるだけだとピンとこないと思うんです。私も何度もピアノの先生に言われていて、自分でもその通りだという自覚もあり、直そうと努力はしてはいるもののすぐには直らずもがいてたんですね。(それでもピアノの先生はだんだん良くなってきたとは言ってくれてるのですが・・・)

でも、自分の目で見ると一発で衝撃的に悟るんです!

だからビデオを見てみて良かったです!

それで、きっと霊的なこともそうだと思いました。自分でもある程度自覚があり、直そうと努力はしていても、他から見ると自分が思っている以上に顕著に見えるんじゃないのかな?と。

でも、霊的なことはどうやったら自分で見れるんだろう??祈って夢でも見せてもらうしかないかな。。。(笑)

それともう一つ。

こうやって私の大したことない演奏も見に来てくれて、ビデオも撮ってくれて、しかも感動したと言ってくれる人達がいるというのが、本当に幸せな事であり、感謝すべきことだな~と思いました。

兄弟姉妹、本当に大切ですね💛

発表会終了後、会場で

-ピアノ
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

ピアノの時間

今日、ちょっと時間があって、というか、心の余裕があって久しぶりにピアノを練習しました。 練習した、と言っても本番が近いわけでもなく、なんとなく久しぶりに弾きたくなった曲があったので弾いてみたんです。 …

no image

幼い時の衝撃!

夕方、家へ帰る道で、なぜか急に、子供のころ父親のレコードを聴いていた事が思い出されました。 父はクラシック好きで、家にはクラシックのレコードがたくさんあったんです。父が好きなのはベートーベンのオーケス …

no image

いつの間にか基本が・・・

実は。。。ホントにここ最近、ピアノのレッスンを受け始めたんです。私にとっては久~~しぶりの再開ということになります。 とは言っても、以前のように月謝を払って毎週レッスンに通うというのは無理なので、ワン …

私の課題

今年に入ってから、モーツアルトのソナタを練習しています。 モーツアルトは、子供時代とか、中高生の時に結構やったんですよね。 当時の私はモーツアルトは自分としては良く弾ける方だと思っていて、「誰の曲が得 …

自分の考えという壁

今、ショパンの曲を練習しています。ピアノの発表会前の最後のレッスンの時に、発表会後の曲をピアノの先生と一緒に決めました。 その時、「次に何をやりたい?」と聞かれました。前回もそうだったのですが、またし …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。