ピアノ 私の自論

ピアノの時間

投稿日:

今日、ちょっと時間があって、というか、心の余裕があって久しぶりにピアノを練習しました。

練習した、と言っても本番が近いわけでもなく、なんとなく久しぶりに弾きたくなった曲があったので弾いてみたんです。

その曲はベートーベンのピアノソナタ「悲愴」。

これを初めて弾いた時中学生だったんですが、その時ピアノの先生から「あなたの悲愴は明るい悲愴ね(笑)。」と言われ、帰ってきてそれを母に伝えたら「本当にそうね(笑)」と言われました。

別にその言葉に傷ついたとかショックだったとかは全くなく、多分そうだろうな、と自分でも納得してしまったんですが、同時に、なんとなくベートーベンに対して苦手意識が入ったのも事実です。

実際、私はもうちょっと軽めの雰囲気の曲の方が得意だったんです。重々しい曲は、多分性格に合ってなかったんでしょう(笑)。

でも、先日ベートーベンのことが話題になり、当時のことを思い出したらなんだか「悲愴」が弾きたくなりました。

久しぶりに弾いたので練習が必要でしたが、思ったより結構覚えてました。自分でもびっくり。頭より指が覚えてる感じでした。

さすがに今は中学生の時よりあれこれ経験したから、もっと違う感じで弾いてるつもりですが聞く人はどう感じるのかな。まだ明るい悲愴かな(笑)。まぁ、でも私にはそれはどうでもよいことなんです。

プロの演奏家は人に聞いてもらって感動してもらうことが仕事だと思うんですが、私はそうじゃなくて、部屋を閉め切って誰も聞いてない状態で完全に自分の世界に入り込んで弾くのが好きなんです。

私は職業柄か、意外と感情を思いっきり表に出すことがないんですね。出してるようで出してないというか。。。

でも、ピアノを弾くときは無言ではありますが、思いっきり感情を出しているんです。そういう時は人に聞かせたいとも見せたいとも思ってません。

お祈りの時間も神様との対話の時間だけど、ピアノを思いっきり感情込めて弾く時間も私と神様だけの時間です。

無言で私の思いをぶつける時間。私なりの神様との対話の手段の一つです。

-ピアノ, 私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

時代の流れに乗って・・

皆さん、「お坊さん便」というのをご存知ですか? 私は記事を見て初めて知ったのですが、どうやら、お坊さんの派遣会社のようなものがあるらしいです。 その会社の一つが2年前からアマゾンにも出店して、アマゾン …

no image

早くも満開!

午前中に出かけた帰りに、東京の桜の名所の一つ「飛鳥山」に行ってきました! 今の家から近いのですが、去年は行きそびれたので今年はちょっとでも行ってみたいなと思って、帰り道に寄ってみました。 昼間なのにと …

no image

お彼岸のおはぎ

今日は春分の日だと言うのにとても寒かったですね。 ところで、今日スーパーに行ったとき、「プチ十勝おはぎ」と言うのが売っていたので、思わず衝動買いしてしまいました。(^^) 昔からおはぎとか小豆系のもの …

no image

恋愛経験が豊富だと成長する?

今日の話は賛否両論あるかもしれませんが、反対派もいる覚悟でちょっと自論を展開してみたいと思います。 最近ちょっと小耳にはさんだおばちゃんたちの話より。 なんと、話題は同性愛。。。(^^;) どうやら、 …

no image

トランプ大統領に学ぶサタン撃退法

遅ればせながら、先週行われた米朝首脳会談について、私の個人的な感想を述べたいと思います。 今回の決裂はとても衝撃的でしたが、私自身はトランプ大統領のやり方から、サタンに対する対処の仕方を学んだような気 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。