女牧師のブログ

日常生活と神様

ピアノ 私の自論

幼い時の衝撃!

投稿日:

夕方、家へ帰る道で、なぜか急に、子供のころ父親のレコードを聴いていた事が思い出されました。

父はクラシック好きで、家にはクラシックのレコードがたくさんあったんです。父が好きなのはベートーベンのオーケストラ曲だったので、オーケストラの曲集が多かったのですが、少しだけピアノ曲集のレコードがありました。

小学生の時(何年生だったかは忘れましたがまだ低学年だったと思います)、母の許可を得て父の持っていたピアノ曲のレコードを聞いてみたんです。ショパンの曲集でした。その時はまだショパンという名前もよく知りませんでしたが。

でも、それを聞いた時の衝撃がとても大きかったんです!

初めて「革命のエチュード」や「幻想即興曲」などの曲を聞いた時、こんなのが人間の手で弾けるんだ、とびっくりし、私も早くこういうのが弾けるようになりたい!と思ったのでした。それ以来、何度も何度もこのレコードを聴きました。

恐らく、私が子供のころからピアノを一生懸命練習した動機の一つがこれだったのではないかと思います。

親の方針や意向とは全く関係がありません。(^^;

私の家は両親がクラシック好きではありましたが、ただの趣味で音楽一家でもないし、親からピアノを「練習しなさい!」とけしかけられたことはなく、姉もピアノをやっていたけど練習が嫌いですぐにやめました。だから、突然変異みたいに私だけが熱心にピアノを弾いていたんです。

「早く私もこういう曲が弾けるようになりたい!」という願望とそれを弾けるピアニストへの憧れ。これが大きかったです。

なぜ急にこんなことを思い出したのかわかりませんが、幼いときの体験や感覚はとても影響が大きいのだな、と思いました。

もし私の親が、子供だからといって子供っぽい音楽だけを私に聞かせていたら・・父のレコードを聴きたいと言ったとき『あなたには難しいからダメ』と言われていたら、こうはならなかったと思います。

幼いころから、良いもの・レベルの高いものを脳にインプットすることは良いことですね。少なくとも私には良い影響をもたらしました。

ピアノのおかげで私は漫画やゲームにはまることもなく(小学生の時はゲームありませんでしたが)、憧れは芸能人ではなくピアニストで、今考えると神様の道へは行きやすかったかもです。

今はその時のレコードの曲はほとんど弾けるのですが、一つまだ弾いたことがない曲があるんです。マズルカの一つなんですけど。せっかく思い出したので、それをちょっと練習してみようかな、と思いました。

神様が幼いときからピアノを通して様々に育ててくださったことを感謝します!

 

-ピアノ, 私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

ピアノの時間

今日、ちょっと時間があって、というか、心の余裕があって久しぶりにピアノを練習しました。 練習した、と言っても本番が近いわけでもなく、なんとなく久しぶりに弾きたくなった曲があったので弾いてみたんです。 …

no image

永遠の友

昨日、大学時代の同級生の博美牧師と、以前の同居人Eちゃんの三人で会うことになりました。 特に用事はなく、なんとなくこのようになったという感じで、久しぶりにお茶会(私以外の2人は食事)になりました。 3 …

no image

ブラックな働き方?

職人を育てる徒弟制度はブラックか?という記事がありました。 技術を必要とする職人の業界では新人が技術獲得のため長時間労働をするのは当然という認識のようで、労働実態だけを見れば今の時代では明らかにブラッ …

no image

成人式

そういえば。。。 今日って成人式だったんですね~。 世の中の暦で生きてないのと、成人式が遠い過去なのとですっかり忘れてました。 なんで今日はニュースで成人式の話題が多いのかな?なんて頓珍漢なことを考え …

no image

脱昭和女

4/29は昭和の日ですね。でもこの日は長年天皇誕生日として過ごしてきました。 つまり、私は典型的な昭和生まれの昭和育ち。 そんな私がふと「昭和の日に昭和度チェック」というのを目にしたので、面白半分にチ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。