女牧師のブログ

日常生活と神様

ピアノ 私の自論

幼い時の衝撃!

投稿日:

夕方、家へ帰る道で、なぜか急に、子供のころ父親のレコードを聴いていた事が思い出されました。

父はクラシック好きで、家にはクラシックのレコードがたくさんあったんです。父が好きなのはベートーベンのオーケストラ曲だったので、オーケストラの曲集が多かったのですが、少しだけピアノ曲集のレコードがありました。

小学生の時(何年生だったかは忘れましたがまだ低学年だったと思います)、母の許可を得て父の持っていたピアノ曲のレコードを聞いてみたんです。ショパンの曲集でした。その時はまだショパンという名前もよく知りませんでしたが。

でも、それを聞いた時の衝撃がとても大きかったんです!

初めて「革命のエチュード」や「幻想即興曲」などの曲を聞いた時、こんなのが人間の手で弾けるんだ、とびっくりし、私も早くこういうのが弾けるようになりたい!と思ったのでした。それ以来、何度も何度もこのレコードを聴きました。

恐らく、私が子供のころからピアノを一生懸命練習した動機の一つがこれだったのではないかと思います。

親の方針や意向とは全く関係がありません。(^^;

私の家は両親がクラシック好きではありましたが、ただの趣味で音楽一家でもないし、親からピアノを「練習しなさい!」とけしかけられたことはなく、姉もピアノをやっていたけど練習が嫌いですぐにやめました。だから、突然変異みたいに私だけが熱心にピアノを弾いていたんです。

「早く私もこういう曲が弾けるようになりたい!」という願望とそれを弾けるピアニストへの憧れ。これが大きかったです。

なぜ急にこんなことを思い出したのかわかりませんが、幼いときの体験や感覚はとても影響が大きいのだな、と思いました。

もし私の親が、子供だからといって子供っぽい音楽だけを私に聞かせていたら・・父のレコードを聴きたいと言ったとき『あなたには難しいからダメ』と言われていたら、こうはならなかったと思います。

幼いころから、良いもの・レベルの高いものを脳にインプットすることは良いことですね。少なくとも私には良い影響をもたらしました。

ピアノのおかげで私は漫画やゲームにはまることもなく(小学生の時はゲームありませんでしたが)、憧れは芸能人ではなくピアニストで、今考えると神様の道へは行きやすかったかもです。

今はその時のレコードの曲はほとんど弾けるのですが、一つまだ弾いたことがない曲があるんです。マズルカの一つなんですけど。せっかく思い出したので、それをちょっと練習してみようかな、と思いました。

神様が幼いときからピアノを通して様々に育ててくださったことを感謝します!

 

-ピアノ, 私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

成績の良し悪しは頭の良さで決まる⁈

最近、ふと思ったことです。 よく、高学歴者が必ずしも頭がいいわけじゃないとか、社会でうまくいっているわけじゃないとか言われたりしますよね? もっと言うと、学歴だけじゃなくて、いろんな技能や資格がある人 …

no image

ダメなものには理由がある!

ネットの記事で、『タトゥーに使われる顔料が、体内に深く浸透する恐れがある、という研究が発表された』というのを見ました。 タトゥーに使われるインクの微粒子が人体内部へと染み込み、人の免疫系の重要な中枢を …

華々しい人々

人は誰でも華々しい人に目が行くでしょう。言い換えると、世の中や教会内で脚光を浴びている人、話題になってる人、表舞台で目立つほど大活躍している人など。 そういう人は私も興味ありますよ。 そこでどうしてそ …

『良い人』

世界的に見ると日本人は国民全体が親切だと言われてますし、多分、実際良い人が多いと思います。特に教会の中になるとさらに良い人の割合が増えると思われます。 ただ、私が長年牧会してきて「良い人」についていろ …

no image

必死さ

福井県の男子中学生二人が、日本語の通じない外国人の迷子を、学校で習った英語を駆使して警察まで連れて行き、無事に親に引き渡すことができたそうです。 この功績に、福井県警は、2人に感謝状を贈ったそうです。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。