私の自論

功績者とは?

投稿日:

毎年この時期になると、主日の説教で罪の話や功績の話、裁きの話などが出てきます。

でも大抵、あなたに罪がある!という話よりは、神様を信じ、愛していることが功績だ、というような話なんですよね。

昨日もそんな感じでしたね。

初めは、こうやって一年の締めくくりに特に実績も出せなくて落ち込んでる人を慰めてくれてるんだな~と思ってたんですが、私自身が年を取るにつれて、本当にこれが大きいのだな、と思えてくるようになりました。

今までいろんな人を見てきたので。。。私の目線で見たら大きな実績を立てて先生にも重んじられているように思われていた人でも今いない人が結構いますし。

実際、信仰生活というのは自分と神様のみで出来るわけじゃないですからね。教会でいろんな人と協力しながらやらなければいけないし、自分も含め、まだ復活中ですからうまくいかないこともあります。

納得いかない事や、合わない人など出てきてしまうこともしばしば。

それで精神的に落ちてしまったり、教会に行くのが嫌になったり、信仰そのものが揺れてしまったりするわけです。

そうやって来なくなってしまった人はたくさんいます。

過去には頑張って大きな功績を立てた人でも心に傷ができると簡単にいなくなります。

決して頑張らなかったからいなくなったというわけじゃないんです。

それくらい、精神的なダメージって個人的には大事件になるんですよね。

だから、毎年年末を主と共に迎えられることが功績だというのはただの慰めじゃなくて、本当に大きなことだなと実感します。

自分にとっての大事件が起きなかった人はそれも祝福ですし、大事件があったけれども乗り越えられた人は本当に大きな功績者だと思います。きっと神様も喜んでおられるでしょう。

とにかく、霊的に生き続けている、という事が功績です!何とか生き延びてる、という状態でも功績です!

だからみんな功績者です!

今年もあと10日を切りました。今年の祝福をちゃんと受けられるように、残りの日々をお互いの功績を褒めたたえあいながら、感謝と喜びで過ごしたいですね!

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

ブラックな働き方?

職人を育てる徒弟制度はブラックか?という記事がありました。 技術を必要とする職人の業界では新人が技術獲得のため長時間労働をするのは当然という認識のようで、労働実態だけを見れば今の時代では明らかにブラッ …

no image

ピアノにも旧式が⁈

久しぶりにピアノの話題。 今、バッハを勉強しています。 元々バッハは得意ではなく、どちらかというと苦手意識の方が強かったのですが、なんとなく感動があり、去年の終わりからバッハをやってます。 今回、バッ …

no image

勤労感謝の日

今日は勤労感謝の日で祝日。夜になってからふと、勤労感謝の日って何だろう?という疑問が湧き、ちょっと調べてみました。 すると・・・恥ずかしながら驚愕の事実が!! 実は、「勤労感謝の日」とは、戦後GHQが …

no image

同じもの?

以下の写真、二つは同じ「一株の水菜」なんです!! 全然違いますよね? 左が私たちが普段スーパーや八百屋さんで目にする一般的な水菜。 右は京野菜の千筋京水菜というものです。 実は、二つは品種的には同じ水 …

no image

カッコいい人生

明日父に会いに行くため、父の入っている施設の職員さん達に持っていくお年賀を兼ねたお土産を買いに、久しぶりにデパートのお菓子売り場に行きました。 職員さんにあげるものを買ったついでに父にもお土産と思い、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。