私の自論

悪感情はどこから⁈

投稿日:

ここ数日、人が相手に対して悪感情をもつ時ってどういう時かな?という事を考えてました。

様々な場合があるとは思いますが、大きな要因の一つは「自分が邪険に扱われたと感じるとき」じゃないかと思うんですね。

たとえば、自分が人知れず大事なことをやっていたのに何もしていない人のように扱われたとか、自分の事をたいして知らない相手から勝手な評価をされたとか、自分の知らない所で自分の事がいつの間にか決められていたとか。

でもそれをした相手は大抵の場合大して悪気ないんですよね。そっちの都合で良いようにしているだけだから。

だからこそ厄介なんです。悪気がないという事は悪いことをしているという自覚、相手を傷つけているという自覚がないという事じゃないですか?

日本人の悪いクセは、何も言わずに堪えることが美徳だと考えること。勿論、自分自身が次元を上げるための辛さだったら黙って耐えてやり抜かないといけません。でも外野から来る「心外な事」は黙っていたら多分ずっとそのままです。

なぜかというと、相手はこちらが「心外だ」と思ってることが分からないからです。

基本的に相手は「私の心の内は全く分からない」と考えた方が良いです。自分の心の内を分かるのは自分と神様だけ。だから自分が言わない限り誰も分かりません。

何も言わないと「納得した」と思われてます。

だからこそ、心の内でくすぶっている何かがあるならば、まずは主に告げて、できるなら責任分担として何かアクションを起こさないといけないのです。

ただただ黙って耐えながら奇跡としるしを待つというのは知恵じゃありません。主に告げた上で、祈りながら自分が出来る範囲でいいから何かした方が良いです。多分その方が近道です。神様もそれをご覧になっていますから。

もし、自分が動いたら身の危険があるというのならばそれも主に告げて委ねるしかありません。ただ、私達のような凡人にはそのような究極的な場面に遭遇することは稀だと思われます。

逆に、何かを決定する立場の人は、人間はゲームの駒じゃないんだから、悪気がないとはいえそちらの都合で適当に動かしてはいけないでしょう。駒はモノだけど人間には一人一人気持ちや思いというものがあるんですから。

気持ちを踏みにじられたと感じる時、人は反発心を起こしたり、逆にやる気をなくしたり、心が遠ざかってしまったりします。

こういう心情トラブルが起きないように、指導者は常にみんながどういう気持ちでどんなことをして走っているのかを把握しておく必要があるでしょう。

いくら御言葉が理想的でも、現実の世界では人間同士の努力が必要です。少なくとも、相手に関心を持って知ろうとすることが大事です。関心を持つことから愛が始まります。

結局は無関心から=愛がない所から悪感情が生じるのだと思います。

ただ口だけで『愛してま~す!』というのではなく、実質的な愛で満たしていきたいですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

現場の恵み

合宿から帰ってきました! 今回は久しぶりに集団講義をする機会を与えてくださった主に、本当に感謝します。 先週はコンサートだったため、それまではコンサートの準備で忙しく、今回のWの準備は、コンサート後の …

no image

無用の用

ここ数か月、首から背中にかけてのある一部分がず~っと凝っていて痛かったんです。 元々首の状態が良くなかったし、もうずっと首と肩は凝り固まっていたからそのせいかな?と思ったものの、寝違えたとか、ぶつけた …

no image

自慰行為で死ぬ??

ちょっと書くのをためらいましたが、思い切って書くことにします。 私たちの教団は、男女交際のみならず「自慰行為」に関しても他より厳しい対応をしているのは周知のとおりです。 その対応は厳しすぎるのでは?と …

no image

「いじり」は面白い?

評論家の宇野常寛氏が、イベントでお笑い芸人の「いじり」を受け、それを不快に感じたため退席した、という記事を見ました。 いじった方は「みんなが面白くなるため」にしたというのですが、受けた方はそれを不快に …

no image

都議選

今日は都議会議員選挙でしたね。 今まで長く牧会していたので、日曜日は朝から説教準備だし、礼拝後はスポーツだから、選挙の日だとしてもそれどころじゃないというのが本音でした。 正直、牧会中は霊的なことにし …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。