私の自論

失敗って何?

投稿日:

誰でも、失敗したり、間違ったり、指摘を受けたり、叱られたり・・・などの経験をしたことがあると思います。

したことがある、という程度ならいいですけど、それによってポジションを変えられるとか、場合によっては使命を取り上げられるなどの経験をしてしまうと、とても気分が落ち込みます。

または、そういうことがなくても、自分の落ち度によって何か全体に不都合が生じた場合、自責の念にとらわれて「自分はもうしない方が良いのでは?」という考えに陥り、自ら辞めてしまうという事もあると思います。

こういう時、たいていの人は挫折感に襲われて「私は失敗者だ」という感覚になってしまいがちです。

私も過去にそういうことがありました。ある日突然先生から指摘の手紙が来たり、人事異動の時にあらかじめ予定されていたポジションを就任直前に破棄されたり、「あなたのせいで○○」などの言葉を言われたり。

その時は本当にやる気がなくなりました。な~んにもやりたくないし、人にも会いたくないし、しばらく行方不明になろうかなと思ったり。

だから、ヤル気を失う人の気持ちはわかります。

でも、今になって思うのは、それは本当の失敗ではなかった、という事。

なぜなら私は今も生きて存在しているから。

本当の失敗は、完全に停止してしまうことだと思います。

ヤル気がなくなった時は、一時停止をする時だと思えばよいのではないかと思います。一度立ち止まって、周りをもう一度見直して、やり方の問題だったのか、立ち位置そのものを変えるべきなのか、などについて考える時だと思えばよいと思うのです。

一時停止して、呼吸を整え直して、落ち着いて考えてみると、違うアイディアが浮かんでくるかもしれません。

人は持ってる何かを失った時はものすごく喪失感を感じますが、それは新たなものを得るチャンスかもしれません。

改めてゆっくり聖書を読んでみるのも良いと思います。

そうやって神様の圏内で一時的な休憩をした後、また動き出せば良いのです。

その「一時的」な時間がどれくらいかかるかは人によって違うと思います。数日で済む人もいれば、何か月もかかる場合もあるかもしれません。でも、最終的に動き出せば良いのです。

永遠に動かなくなってしまったとき、それが本当の失敗だと思います。

謙虚も度が過ぎると自己卑下になってしまいます。

神様は必ず道を開いてくださいます!だから焦らず落ち着いて着実に自分の道を行きましょうね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

生きるための知識

警視庁の災害対策課のTwitter公式アカウントで「道具を使わない缶詰の開け方」を紹介しているそうです。 それによると、缶詰の底をコンクリートやアスファルトに円を描くようにこすりつけるとフチの接合部分 …

no image

撮影会

今日は夕方から「お悩み相談室」の撮影があり、お悩みNo.24~No.27まで撮りました。 前回からカメラマンが変わり、実際にTV局で働いていたプロの女性カメラマンに撮ってもらっています。彼女は以前私の …

no image

一年Part2

実は今日もある時から一年。 何の一年かというと、今の家に引っ越して一年です!(霊的な事じゃなくてすみません。。 🙄 ) 急に思い出したので、忘れないうちにと、書き始めました。(^^; 改めて、一年って …

過去は変えられないけれど。。

よく、「未来は変えられるけど過去は変えられない。」と言いますよね。 確かに、過去に起きた事実というのは変えられません。 だから、過去にあった嫌な出来事がなかったことにはできません。逆に良かったこともな …

伝道の研究

今週は研究シリーズが続いてます。(笑) 今回は伝道についてです。 「伝道」と一言で言ってもどの段階の事を言っているのかで変わるのですが、今回ここでお伝えするのは、見知らぬ人に声をかける方法ではありませ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。