女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

変化の秘訣⁈

投稿日:

信仰者なら誰でも「主の御心通りに生きたい!」「霊的に成長したい!」と思うでしょう。そのためにはみことば通りに生きることが大切です。

でも、もしかしたら、中には「自分は御言葉通りに生きてるのだけれど、なかなか成長しないな。。」とか「うまくいかないな」「あんまり変化してないな」と感じている方はいませんか?

今日はその原因の一つをお伝えします。実はほとんどの人が当てはまるんじゃないかな?と思います。

それは、御言葉の中で自分の納得した言葉だけを実行している、ということです。または、自分の生活の中で差し込めそうな言葉だけを差し込んで部分的に実行している、という事です。

だからといっていっぺんに全てをやれと言うのではありません。やれそうなことから少しずつやるのは構いません。ここで言いたいのは、『これは無理だから』と最初から決めつけてやろうとしないものがないのか、という事です。

説教を聞いた時、または聖書を読んだときに「え?何それ?」と感じることこそ、自分の課題であることが多いのです。

今現在の認識感は、それまでの自分が作り上げた認識感です。その認識感に従って行うのならば当然今までとは変わりません。

人は自分の認識感から外れた言葉を聞くと「え?」と思うのです。次元の違う言葉はなかなか飲み込めません。

だからこそ、違う次元へ行きたければ「え?」と思うようなことをやってみなければいけないということです。

例えば、カナンの地に入れなかったイスラエルの人たち。彼らが信仰心がなかったと思いますか?あったんです。彼らは神様を信じていました。でも、自分達より強そうな人々のいるカナンの地に入るのは無理だと思ったのです。それはそれまでの自分の認識感から来る考えでした。

イエス様を迫害したユダヤ人たちが極悪人だったと思いますか?彼らは熱心な信仰者だったのです。でも、メシヤは天から来てサタンみたいなローマをやっつけてくれる方だ、という認識感を持っていたからイエス様を受け入れられなかったのです。

彼らが自分達の認識感に従って行動した結果はご存知の通りです。

御言葉の中で「それはちょっと。。。」と躊躇したくなるような所にカギがあります。御言葉は天からのもの。躊躇するのは自分の心。

というわけで、今一度自分がどう御言葉を実行しているのか、点検してみてくださいね。きっと次元を上げるための答えが見つかると思います。

最後に聖句をご紹介します。

『 なぜなら、律法をことごとく守ったとしても、その一つの点にでも落ち度があれば、全体を犯したことになるからである。 たとえば、「姦淫するな」と言われたかたは、また「殺すな」とも仰せになった。そこで、たとい姦淫はしなくても、人殺しをすれば、律法の違反者になったことになる。 』(ヤコブ2:10~11)

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

喜怒哀楽はどこから?

今日、ふと考えたんです。 人って嬉しいときは喜び、悲しいときは泣き、楽しいときは笑い・・・こういうことって誰かに教わらなくてもいつの間にか誰でもしていますよね? 赤ちゃんがニコニコ笑うとこちらも自然と …

no image

上半期振り返り

今日は6月30日。 毎日そんなに日付を気にしないで生きているのですが、ふと「今日は6月30日なんだ・・」と認識し、とても感慨深くなりました。 つまり、今日で今年の前半が終了ってことですよね?本当に月日 …

no image

行ってきま〜す!

今成田空港にいます。 9時発の飛行機なので、朝早くに家を出て電車に乗ったんですが、結構混んでたんです! 5時台の地下鉄だったので余裕で座れるかと思いきや、混んでいて座れないほどでした。 今日が平日だと …

no image

許す強さ

ふと目にした記事で、「精神的に強い人が絶対にしない10のこと」というのがありました。 ほとんどの項目は誰もが一度は耳にしたことがあるような内容でしたが、いくつかは、「確かにそうだな~」と思った項目があ …

no image

挑戦した時功績が残せる!

表題の件について、私の経験をもとに、挑戦した時としない時の違いや挑戦するときの注意点などお伝えしたいと思います。 まず大前提として、自分は功績を残したいか、それとも無難に過ごせれば良いと考えているかを …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。