私の自論

クレーマーの影響

投稿日:

最近、私が目にしたことでちょっと不快に感じたこと。(世の中で見たことです)

話の具体的な内容は分からないんだけれど、何となく雰囲気で察した感じでは、ある人が絶対こうすべきと思っているのにそうではないことをクレーム?(不満?)として、いかにも正義の味方のような感じで言っていたのです。

まぁ、こういう事ってよくあることだと思うんですけどね。

ただ一意見として挙げるだけならクレームにもならないとは思いますし、お互いに円満になると思うんですけれど、自分が納得いくまで食い下がっているのを見てたら、見てるだけで気分が良くなかったんですね。

しかも相手が突っぱねてるわけじゃないのに、本人が満足しなかったためだと思いますが、結構しつこく食い下がってたんです。

言いたいことはわかるんですけど。。

去年から「マスク警察」なる存在が出現したり、「モラハラ」なんて言葉も近年出現したりしていて、近年この類の人が増えてるのだと思います。

そういう人たちの言ってることを聞いてると、決して間違っているというわけではありません。

むしろ模範解答みたいなことばかり言ってるのです。

でも、模範解答はあくまでも模範解答であって、それ以外の答えは全て間違い、というわけじゃないと思うのです。

実際の筆記テストでもそうじゃないですか?

模範解答から一字一句もズレてない回答をする人の方が少ないと思いますし、おおよそ合っていたら正解とするものも多いのではないかと思うのです。

筆記テストでさえそうなのに、ましてや人間が生きていく中では、本人しかわからない事情もあるし、性格や考え方も違うし。。

コロナに関しても恐怖心は人それぞれ。ものすごく怖がる人もいるし、気を付けていれば大丈夫と考える人もいる。

それをどちらかに合わせさせるとどちらかはストレスになりますよね。

だから。。何という言うか、生きていく上での「模範解答の強要」は息苦しくなるんじゃないのかな?という事です。

しかも、そういう世の中にありつつあるなと。

原因はクレーマーだと思います。

言ってる方は正義感にあふれているとしても、言われる方はダメージがあるから対策を練りますよね。

それでクレーム言われないために一応こうしておいた方が良い、などととしているうちに窮屈な世の中になってきてしまったような。。。

もうちょっと大らかだった時代が懐かしいような。。(すみません。。。昭和の人なので。。)

何となく、人々に余裕がなくなってるのかもしれませんね。

許容範囲が狭くなっているというか。。

自分がこんなにキッチリ守ってるのだからラクそうな人がムカつく、という感じでしょうか。

それでなんですけど、信仰生活でも模範解答の強要はお互い苦しくなるだけなのでやめた方が良いと思います。

正確に御言葉通りに生きなくてもいい、と言ってるわけじゃなくて、信仰歴の長さや信仰深さは人それぞれだし、その時点での自分の最善を尽くした結果が人によって違うのは当然だからです。

明らかに知らずに真理から外れてるなら注意するのが愛かもしれないけれど、その人なりの最善を尽くしているのにああだこうだと外野が言ったら心がくじけてしまうと思うんです。

これは、指導者もついて行く人もどちらもです。お互いに。

そういうのを察して判断するのも分別力なんじゃないのかな?なんて思います。

もし、イエス様がちょっとでも真理からズレてるところをことごとく指摘するような存在だったら誰もついて行けません。

むしろ、誰よりも寛容だったと思うのです。

真理からズレずに大らかに見れる能力。

実はこれが最強の分別力なんじゃないのかな?

-私の自論
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

使命は「自分」がやる!

使命者について、指導者も気を付けないといけないけれど、受ける側も気を付けないといけないな~と思うことがあります。特に日本では。 使命を受けた人に対して、指導者が上からああだこうだと言い過ぎるのは本当に …

no image

発信の力

竹田恒泰さんをご存知ですか? 彼は、明治天皇の末裔とされる方で、TV出演などもされ、現在も各方面で様々な活動をされている方です。 当然のことながら天皇家のことや皇族関係の事に詳しく、それに関するコメン …

no image

ダメなものには理由がある!

ネットの記事で、『タトゥーに使われる顔料が、体内に深く浸透する恐れがある、という研究が発表された』というのを見ました。 タトゥーに使われるインクの微粒子が人体内部へと染み込み、人の免疫系の重要な中枢を …

毒麦は生えるものと考えよう!

今週は天国についての話でしたね。 聖書の本文は有名な毒麦のたとえ話の箇所。 『天国は良い種を自分の畑にまいておいた人のようである。』 この聖句について何となく考えていたら、ある考えが浮かびました。 「 …

no image

不思議な感動

実は…コンサートが終わってから頭の中で鳴っている曲がありました。 でも、その曲は確かに以前自分が弾いたことがある曲なのにすぐには思い出せず、何の曲だったっけ?と思いながら楽譜を引っ張り出して探していま …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。