私の自論

みことば研究法

投稿日:

今回は、私が実際にやってきたことをお伝えしようと思います。

今は、主日の説教の核心を5分で話してみるとか、講義を10分で伝えるとか、そういう感じのことはよく見かけますし、それが一般的な勉強法になってますよね。

一回分のものを核心的にまとめて短く話すということ。

それが意味がないとは絶対に言いませんが、だからと言ってそれだけが御言葉を勉強する方法ではない、ということを言いたいです。

というのは、特に先生の説教は、一回の説教の中に様々な分野のエキスが散りばめられているじゃないですか?

説教の主題から考えると核心ではないけれど、でも重要な話。

そういう話は核心的に内容をまとめることだけをしているとどうしても漏れてしまいます。

わたしはかつてテーマ別にまとめたりしていました。

例えば、指導者教育。

指導者だけが集められて、特別に「指導者教育」として伝えられる話もありますけれど、主日の説教にもしょっちゅう出てきますよね?

「指導者は○○でないといけない」というフレーズは日常茶飯事に出てきます。

そういうものを抽出してまとめるんです。

そうしながら私はオリジナルの指導者教育のレジュメを作成し、教会の指導者教育に使ってました。

講師についての話もそうやってまとめて教会の講師教育に使いました。

まとめ方はオリジナルですが、一つ一つの内容は先生の言葉ですから。

お祈りについて、愛について、など自分の気に入ったテーマを決めてそれに該当する言葉を抽出して並べてみるだけでも恵み深くなりますよ。

あとは、説教や朝の御言葉の内容から自分で箴言を作るのもいい勉強になります。

自分なりに重要だと思う部分を抜き出して、箴言として簡潔で短い文にするのです。

それを10個、20個(いくつでもいい)作成してそれに毎日目を通せばかなり説教が印象的に頭に入るようになります。

説教全体だと長くて難しければ最初の一ページ分だけでもやってみてください!いろいろ考えるだろうし、すごく楽しいですよ。

公的に発表するわけじゃないし、誰かに聞かせるわけでもないので気楽にやってみると良いと思います。

ここまで読んで、皆さんの中には、先生のオリジナルのままが一番なのにそんなことしていいの?と思う方がいらっしゃるかもしれません。

先生のオリジナルが一番というのは正しいですが、実際問題、ただ与えられるものをそのまま受けるだけでは限界があります。

与えられたものを自分で消化するための能動的な働きがあった方が頭に入るし、より早く成長するのです。

あくまでもまとめ方が自分のオリジナルであって、言葉や内容そのものを変えることではないですから。

ある人は、オリジナルキャラクターを作って4コマ漫画みたいな感じで絵と噴き出しでおもしろく御言葉を抽出してました。

確か、神様と自分のキャラクターを描いて、神様と自分の会話みたいな感じにしていたと思います。

私は絵が描けないからそういうことはできませんが。(笑)

絵の得意な方はやってみてもいいかもしれません。

今週の御言葉にもあったように、主が解いてくださった御言葉はとても大切なものです。

でも、一方的に大量にシャワーのように浴びすぎて手に負えなくなっている人もいるのではないかと思うんですよね。

勉強方法をちょっと工夫すれば御言葉はものすごく面白くなります!

ぜひ、いろいろアイディアを出してやってみてくださいね!

-私の自論
-, , , ,

執筆者:


  1. smi より:

    すごく勉強になりました!
    テーマ別に研究、やってみようと思います。

    • クララ より:

      コメントありがとうございます!
      少しでもお役に立てたならうれしいです!
      是非やってみてくださいね。(^^)

コメントを残す

関連記事

固定電話恐怖症

ゼネレーションギャップを感じざるを得ない記事を目にしました。 最近は若い世代に「固定電話恐怖症」というのがあるようですね。 一言で言うと、電話に出るのが恐い、電話でうまくしゃべれない&聞き取れない、と …

no image

聖殿と教会

今日、指導者の集まりがあり、聖殿に関する話を聞きました。 その話の中で『聖殿と教会は違う』という内容があり、私としてはハッとさせられる瞬間でした。 一言で言うと、教会はみんなが集うところ。つまり人間が …

講師訓練について

表題の通り、今日は講師訓練についての私の自論をお伝えしようと思います。 今まで自分もたくさん講義してきたのですが、指導者としてたくさん講師訓練もしてきました。その時、どうやったらみんな優秀な講師になれ …

no image

正論だけで良い?

私たちは、正論を強調するあまり、人々から誤解を招くようなことがないように、注意しなければいけません。 勿論、私たちの目的は霊魂の救い、引き上げであり、この世の栄華を極めることではありません。 ですから …

指導者へどう繋ぐ?

今回は、ズバリ!伝道するときの「指導者へのつなぎ方」についてお伝えしようと思います。 「つなぎ方」と言っても、マニュアルがあるわけではありません。ただ、私が体験してきた中で、こういう感じだとやりやすか …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。