女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

牧会者だった時の野心⁈

投稿日:

今日は、趣向を変えてbreak time的なお話をしようと思います。

表題の通りなんですけど、私が牧会していてある程度教会が大きくなった時、私の中にちょっとした野心が生まれました。

ここで一応前置きしておきますが、今からお伝えする話は開拓時ではなく、あくまでもある程度教会が大きくなってからの話です。

当時、私が牧会していた地域は東京の中でもものすごく大学がたくさん集まっている地域でした。そういう点では学生を伝道しやすい恵まれた環境だったと思います。

担当の地域が広範囲だったこともありますが、本当にたくさん大学があって国立大学だけで5つ、私大は覚えてないくらいあり、その中には音楽大学、美術大学、体育大学などの専門的な大学もありました。

だから、教会には本当に様々な種類(?)の人が来ていたんです。珍種も多かったと思います。(笑)

とにかく大学がたくさんあったし、学生も多かったので、私はキャンパス巡回というのをすることにしました。巡回と言っても、私がキャンパスに直接足を運んでキャンパス内でメンバーとランチするとかその程度なんですけど、一度みんなが行ってる大学の空気感を感じてみた方が良いなと思ったのです。

そうしてある私大に行ったときのこと。その大学の構内に入った瞬間、そこの学生の多くは今いるメンバーとは違う種類の人たちだという感じがしました。一言で言うと、ギャルとギャル男たちばかり!だからメンバーはこの中で本当に選ばれた人たちなんだなと実感しました。

ただ、この大学を制覇するには『この種』の人たちを攻略しないといけないなと感じました。

ここで私に野心が生まれました。是非ともギャルとギャル男を攻略したい!この人たちが神様の人に変身したらすごく盛り上がるに違いない!と。

それからしばらく、ギャル&ギャル男達に対する救いの方法をあれこれ思案していましたが、残念ながら志半ばで牧会期間が終わってしまい、攻略はできませんでした。

これが牧会を終える時のちょっとした心残りでしたね。(笑)

でも実際、日本では、いわゆるエリート大学とギャル・ギャル男大学を攻略できればほとんどの大学は制覇できるんじゃないかと思うんですよね~。どうでしょう??

まぁ、それでも人間的な野心だけでは救いの歴史は進められませんからね。何事も御心通りですね。それか、私がもっとあらゆる人たちの救いに対応できる能力があったら可能だったのかもしれません。

いずれにしても、近い将来、必ずあらゆる種類の人たちが伝道されてほしいな~と思ってます。

主を知る知識が日本の地に満ちますように。。。💛

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

トンボの万物啓示

もうそろそろ8月が終わろうとしているというのに、まだまだ真夏の暑さが続いていますね。 今日もホントに暑かったですが、外を歩いていたらなんと道端にトンボがいたんです!地面に止まって動かない状態でしたけど …

no image

当事者じゃないと分からない!

今日、チラッと本屋に寄った時、東京23区についての本が目に留まり、少しだけ立ち読みしました。(すみません、本の題名忘れました💦) 東京以外の人や東京の郊外の人から見れば、「23区」でひとくくりなのかも …

no image

外のものはどうでも良い?

ふらっと立ち寄ったコンビニで、ちょっと残念なものを見ました。 それは、コンビニのイートインに設置してあるゴミ箱。そこには張り紙がしてあり、ゴミを入れるための口はガムテープでふさがれてました。 張り紙は …

no image

花の威力

今日から、スマホとタブレットの待ち受け画面を、先日お花見に行ったときに撮ったお花の写真にしてみました。菜の花と、早咲きの桜。それと、近所で撮った白い桜。 今までは待ち受け画面を元々の画面のままにしてい …

no image

必死さ

福井県の男子中学生二人が、日本語の通じない外国人の迷子を、学校で習った英語を駆使して警察まで連れて行き、無事に親に引き渡すことができたそうです。 この功績に、福井県警は、2人に感謝状を贈ったそうです。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。