私の自論

みことばの根本は愛

投稿日:

私達は人の言葉ではなくみことば通りにすることが基本なのですが、それも注意しないといけないことがあります。それは御言葉の受け取り方です。

私達(特に日本人)の癖として、自分より上の立場の人に何かを言われると無条件絶対服従か反発心が湧くか、そういう極端な感じになりやすいです。恐らく主従関係の癖がついていると思われます。

しかし、主はそういう関係を望んでいませんし、実際そういう関係性ではありません。愛する人として御言葉をくださっているのです。

例えば、「コーヒーは飲まないように」と言われたとしましょう。その時主従関係の頭では「あ、コーヒー禁止令が出た!」と命令としてとらえたり、「なんで人の飲み物までいちいち口出しするんだろう?」と反発心が湧いたりたりします。

でも、もし恋人がそういうことを自分に言ってきたらどうでしょう?そのまま命令として従いますか?「なんで?」とか「何かあったの?」などと聞くのではないでしょうか?

そしてよく聞いてみると、恋人の周辺でコーヒーを飲みすぎて胃を悪くした人がいたとか、コーヒーは良くないという記事を見たとか、なにかしら理由があるのです。

つまり、愛する人には良くないものは摂取してほしくない、健康でいてほしいと思うから言った言葉だったことが分かります。

だからコーヒーが本当に良いのか悪いのか、という議論をする必要はなく、「コーヒーは飲まないように」の核心は、「あなたに元気でいてほしい」という事になります。

それをただ言葉だけとらえて、ああ言われた、こう言われた、と言って憤慨したり落ち込んだりする人がいます。

また、御言葉を「命令」や「指示」としか思わず、学校の先生から何か言われたような感覚、上司から言われたような感覚で受け取る人もいます。

確かに、命令や指示がないわけではありません。しかし言わんとしていることがわからないと、ただ指示通りにしてもうまくいかないことがありますね 。

堕落に関してもただの禁止令だと威力がありません。堕落するとサタンの餌食になるから、そうなると霊魂が永遠の死の道に行くから、愛する人にその道を行ってほしくないから、という主の想いと永遠の死の世界の恐ろしさを分かって初めて堕落しなくなります。

特に、霊的なことは私達には分からないことが多いです。だから一瞬「え?」と思うことがあるのは仕方ないことです。

でも、主は私たちを愛して、救いのために「みことば」をくださっているという事を忘れてはいけません。

主が私達を愛してくださるように、私たちの方も愛する人を想う想いで主のみことばを受け取ると感じ方や入り方が違ってくると思いますよ。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

両親に再会!

今日はなんと!未香さんと朝から日帰りで遠出し、両親に会ってきました! 未香さんと一緒に行くということになってから、この日の計画をいろいろ考えていたところ、ふと、母の散骨した場所にも行きたい!という感動 …

心のアレルギー

最近、自分自身の事を振り返って、ふと思ったことがあります。 子供の頃より心が成長して大人になり、以前耐えられなかったことが耐えられるようになったこともあるけれど(それがほとんどだけど)、一部、逆もある …

no image

無用の用

ここ数か月、首から背中にかけてのある一部分がず~っと凝っていて痛かったんです。 元々首の状態が良くなかったし、もうずっと首と肩は凝り固まっていたからそのせいかな?と思ったものの、寝違えたとか、ぶつけた …

no image

当事者じゃないと分からない!

今日、チラッと本屋に寄った時、東京23区についての本が目に留まり、少しだけ立ち読みしました。(すみません、本の題名忘れました💦) 東京以外の人や東京の郊外の人から見れば、「23区」でひとくくりなのかも …

健康と勤勉

今週は勤勉についての話が出ましたね。 勤勉と怠惰のどちらが良いかと聞かれた時、怠惰と答える人はほとんどいないと思います。 誰もが勤勉が良いというのは分かっているからです。 でも勤勉になれない。。。分か …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。