私の自論

もう少し大きな視点をもって!

投稿日:

昨日、私の目の前で起こったちょっとした出来事について。

多分、ほとんどの人はスルーするような小さな出来事でしたが、私はなんとなく違和感を感じてしまったのです。

礼拝前、他教会からの訪問者をチェックする人が、教団の局長に「どなたですか?」と尋ねていたんですね。聞かれた本人はそれに対してどうのこうのというのはなく、むしろ「牧会者にしか連絡してなかったからごめんなさいね。」と言ってましたが。。。見ていた私の方が「え??それはないでしょう?」と思ってしまいました。

チェックしていた人は、決して最近来たばかりの人ではなく、すでに家庭局の人。それでこういう状況ってどうなんだろう??と思ってしまったのです。

教団で働いている人は普段教会ではあまり接点がないし、よく入れ替わるから知らなくても仕方ないのかもしれませんが、それでも昨日「どなたですか?」と尋ねられていた人は私よりも年齢・信仰歴共に先輩で、それこそ日本でメンバーが数人しかいない時から走っている重鎮なのです。

多分、会社でも会社の重鎮が職場を訪問して平社員が「どなたですか?」なんて聞いてしまったら中間管理職は大目玉じゃないかと思うんですよね。

教会は会社と違って主の元では平等だから誰は偉いとか偉くないとかそういうことがあるわけじゃないですし、重鎮を知っているかどうかが霊的な救いに影響するわけじゃないですけど、それでも自分たちの組織の中核を担っている方々を知らないというのはどうなのかな?と思ってしまいました。

でも、これが現状だという事を象徴的に見せてもらったような気がしました。

実際、最近は自分の教会の牧会者と直属の指導者くらいしか知らない人がほとんどなんじゃないですかね。関心もなさそうですし。正直、自分の救い・自分の教会以外は無関心ですよね。全体的に近視眼的な感じ。

家庭でも子供の時は子供らしく育っていれば良いですけど、ある程度大人になったら家の事情や親の事を考えて生きていくようになると思うのです。

教会でも、信仰が幼い時は自分の救いだけ考えてればよいかもしれませんが、ある程度大人になったら、自分たちのために働いてくれている人に関心をもって祈ってあげることも必要なんじゃないかな?まぁ、普段祈らないまでも、会ったら「いつもお疲れ様です。」くらい言えると良いなと。

そういう基本的なことが大切だと思うのです。

自分に良くしてくれるかどうか、自分がどう活躍できるのかなどの個人的なことや、自分の教会内の活動など小さな視点だけではなく、ある程度成長したらもっと大きな視点を持てると良いですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

逆境が功を奏した?!

私が30個論の講義以外でも聖書を頑張って勉強したのには、あるきっかけがあります。 それは、1999年。墓の期間に入って、先生が視界から消えた時期です。一時期は説教も届かなかったし、とにかく御言葉含め与 …

no image

入れ墨と癌

またしても入れ墨の話題です。 私が特別に入れ墨に関心があるわけではないのですが、気になる記事を目にしたので。 今回は、感情論ではなく、現実問題をご紹介したいと思います。 まず、記事を読んで私が一番気に …

no image

時代の流れ

数週間前から駅前のカフェが改装工事中だったのですが、いつの間にかリニューアルオープンしてました。 そのカフェは以前は禁煙席と喫煙席に分かれていたのですが、今回、全席禁煙に改装したようです。 そのカフェ …

no image

都議選

今日は都議会議員選挙でしたね。 今まで長く牧会していたので、日曜日は朝から説教準備だし、礼拝後はスポーツだから、選挙の日だとしてもそれどころじゃないというのが本音でした。 正直、牧会中は霊的なことにし …

no image

衣替えの悟り

今日は寒かったですね。寒がりの私には、いよいよ苦手な季節が到来したな、という思いが頭をよぎりました。 実はちょうどここ一週間くらいで完全に衣替えをしたんです。長袖を出しておいてよかったなと思いました。 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。