私の自論

隙間を埋めよう!

投稿日:

今週は使命の話が続いていますが、使命に関連することで、私が過去に聞いて印象に残っている話があります。

それは「御心」について。

先生曰く、御心には二種類あるのだそうです。

一つは、最初から神様が計画している「御心」。これは私も含め、皆さんが認識している御心の定義だと思います。

もう一つは、自分が聖霊の感動を受けて熱心にやっているうちに、それが御心になる、というものです。

先生も、昔行っていた教会で使命はくれなかったけれど、聖霊の感動によって一生懸命伝道していたら、今のような働きをするようになったわけです。

熱心にやっていれば何でも御心になる、というわけではないと思いますが、天の目にふさわしければ神様が祝福してくださり、やっていたことが実を結んで、結果としてそれは御心だった、という事になるのだと思います。

使命に関してはもう一つシンプルな話があります。

それは「気付いた人が使命者だ」という話。

これは聞いたことがある人もいると思います。私も幼い時よく言われました。

例えば、ごみが落ちている、と気付いたなら、気付いた人が捨てる使命者だということです。

今は以前より教会が大きくなって大教会化が進んでいます。

大きくなるのはそれだけ栄えていることですし、大規模な企画ができたりダイナミックに進めていけたりできる点は良い点です。

反面、きめ細かく、という点では小規模にやっていた時より難しいのかな?とも思います。

そういう大規模教会の隙間に気付いたり、不自由さを感じている人がいるならば、その人がその使命者として動けばよいのではないかなと思うのです。

世の中でも隙間産業ってありますよね?(今は言わないのかな?)

細かいサービスなど、大企業ではかえってやりにくいことを、小回りの利く中小企業や個人事業主がやって大当たりしたなんて話はよくあります。

教会でもそういう隙間産業的なものを見つけてやっていけば、それが御心になり、その分野の使命者になっていくんじゃないのかな?と思いました。

不自由だから誰かに不満を訴えるのも一つの手ではありますが、自分がその分野に手を付けて熱心にやっていけば、それが御心になり、立派な使命者になるんじゃないかと思います。

何度も話したことがあるのでしつこいようですが、私の今の使命も私が自ら先生に提案して許可をいただいた使命です。

天の世界は大きくてまだまだ足りない仕事がいっぱいあります!

ただひたすら上から言ってくれるのを待つ、という姿勢はもう時代遅れですし、それでは歴史が進みません。

天の歴史のために、能動的にこちらから提案できる新婦になっていきたいですね。

-私の自論
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

人参エキスポ

壮年部ツアーシリーズ第三弾。 今回のツアーは、行く直前に岩の祝祭が決まり、またクムサンの人参エキスポにも行ってみなさいと先生がおっしゃったとのことで、人参エキスポにも行ってきました! 主が盛りだくさん …

分かりやすい講義

今日は講義を分かりやすく伝えることについての話をしようと思います。 講義は何よりもまず「分かりやすくないといけない」ということについては誰も異論がないでしょう。 ところで、ここ数年、講師訓練を受けてい …

no image

出来る女って?

最近思うこと。特に女性に関して。 現代女性に関する言葉で、以前にはなかった言葉がいろいろありますよね。 美魔女、大人女子、でき女、勝ち組、育児ノイローゼなどなど。。 自分の母親を思い浮かべた時、どの言 …

no image

現代人こそ霊感を!

ここ数年、「観測史上初」とか、「予想外」「想定外」など、そういう言葉と共に起きる事故が多いな、と感じています。 また、人員的なミスだとしても、「前例」又は「慣例」に従ってした結果だったり・・だから仕方 …

no image

組織が発達障害⁉

連日暑さが続いています。毎日のように気象庁から熱中症に関する注意喚起が出ているほどです。 先日は、この暑さの中、野外学習をした小1の男児が熱中症で亡くなってしまうという痛ましい事故も起きました。 その …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。