私の自論

使命は積極的に!

投稿日:

使命に関して、今までいろいろなケースを見てきましたが、教会の中で問題なるケースは2つあると思います。

一つは、ある個人や一部の人が使命を独占しようとすること。

これは、今週の御言葉にもありましたね?分けて一緒にやらないといけないと。

使命は神様の仕事の一部を分けていただくことなので「自分のもの」ではありません。

神様のものであるわけですから、与えるのも取り去るのも神様だ、という認識がないといけないと思います。

そういう認識がなく、「この使命は私のもの」と思入れが強すぎると、使命が自分だけの領域と化し、それが偶像化してしまいます。

するとそこにサタンが入ります。

使命だから、と言うと周りも理解してくれるため、使命に溺れ、堕落したりズレたりしてしまうこともあるのです。

使命を理由に礼拝に遅れたりサボったり、使命者同士で堕落したりなどの問題が起こり得るのです。

また、教会運営的に見ても、使命を独占するとその人以外手を付けられなくなって不都合が起こります。

他にもできる人がいるのにその人だけがするから効率が悪いのです。

こういう点が使命を独占することの怖い点ですね。

もう一つは、使命をやりたがらないという問題。

一部の人だけに使命を任せて独占状態にするのも弊害ですが、周りにやりがたがらない人ばかりだとそれはそれで大変です。

使命の独占とは正反対の問題です。

無理やりやさせるわけにもいかないから、一部の積極的な人や断れない人に仕事が重くのしかかり、当然効率も悪くなり、周囲からの苦情が多発。

だからと言って「私も手伝います!」とは言わない。こうすべき、ああすべき、という声だけが聞こえてきて益々使命者に負担が行ってしまう、という悪循環になってしまいます。

この状況を見て「使命って大変そう」と思った人は益々やりたがらなくなり、これまた悪循環。

この二つの問題はセットだと思います。どちらが先か??というと卵が先か鶏が先かという問題と同じでどちらだとは言えませんが。。

独占するからやりたがらないのか。誰もやらないから独占状態になるのか。。。

いずれにしても、教会全体に、使命に対して積極的な雰囲気が作られると良いですね。

使命は神様の仕事だけれども、直接的には人間同士で決めますから。。与える側ももらう側もどちらも積極的であることが望ましいと思います。

みんなで楽しく使命をしながら恵み深く過ごせるという雰囲気が作られれば良いなと思います。

神様の世界では「積極的」になることが大切です。

「求めなさい。そうすれば与えられるであろう。」という御言葉がありますね。(マタイ7:7)

自分がやっていいのかな?自分から求めるのは図々しいのかな?という考えは捨てて、また、言わなくても分かってもらおうという心も捨てて、自ら求め動くことが大事です。

私自身も、今までいろんな使命をしてきましたし、使命を通してたくさん悟らせてもらいました。

全体が使命を通して恵みを分かち合えたら良いですね。

-私の自論
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

2018 年 初風呂

今年も去年に引き続き、壮年部の方と一緒に新年早々温泉に行ってきました~! 去年とは違うところですが、東京都内の温泉です。今日行ってみて、思ったより自宅から行きやすいことが分かりました! 地図上や乗車案 …

no image

挑戦した時功績が残せる!

表題の件について、私の経験をもとに、挑戦した時としない時の違いや挑戦するときの注意点などお伝えしたいと思います。 まず大前提として、自分は功績を残したいか、それとも無難に過ごせれば良いと考えているかを …

艱難に打ち勝つ方法

今週は艱難の話が出てきましたね。 艱難は程度の差はあれ、誰にでも襲ってくるものです。 皆さんにも艱難があったでしょう。 でも、皆さんそれぞれが自分なりに艱難に打ち勝ってきたから今こうしてここにいるのだ …

no image

考えと実際

今日、私用があり、自転車で目的地まで行ったんですが、いつもとは違う道を通って行きました。 特に理由はないのですが、地図を見たら違う行き方でも行けることが分かったので、どちらが行きやすいのかな、と思って …

no image

身から出た錆

いつの時代でも、人を貶める事を目的とする行為は必ず自分の身に降りかかります。 最近、ある週刊誌が『文科相が公用車で「キャバクラヨガ」に通っていた』という記事を載せ、一瞬物議を醸しました。 ところが、「 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。