女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

実は宗教好き?

投稿日:

昨日、ひょんなことから目にしたネットのコメントに衝撃を受けたのでそれについてお伝えしようと思います。

それはネットで売っている、ある財布についての口コミなんです。

その財布は持つと金運が高まるとかいう財布で、タイ(?)だったかどこかの寺院で祈祷師がきちんと金運のために祈祷した財布なんだそうです。

私からするとちょっと怪しげなんですが、その口コミが興味深いものでした。

これのおかげで金運が高まったとかいうヤラセみたいなコメントも勿論ありましたが、そういうものよりも、「ちゃんと祈祷してくださっているという事に信頼が持てました」という感じのコメントが思った以上に多かったんです。

解説者も「有名な寺院で祈祷師がしっかり祈祷している」という事を強調していました。

私はその財布を持ったことがないので実際のところはどうなんだか分かりませんが、こういうコメントや解説を見て、「日本人は宗教が嫌い」というのは本当かな?と思いました。

「きちんと祈ってくれてる」という事に信頼をおいて買っているのです。

考えてみれば、日本人は年末年始には除夜の鐘を鳴らしてその足で神社に行って初詣も行くし、子供のためには七五三もするし、法事にはお坊さんを呼ぶし、建設現場では地鎮祭とかするし、家によっては毎日神棚に手を合わせたり仏壇に手を合わせたり。。。習慣的な事とはいえ、宗教的なことを日ごろ何の抵抗もなくやってますよね。

本当に嫌いならちょっとでも信仰的な要素があることは気持ち悪がってやらないと思うんですね。

だから「宗教が嫌い」=「信仰心がない」という事ではないなと思いました。

むしろ、きちんと祈っている、という事が信頼できることだと考えているのです。

ここからは私の考えですが、恐らく日本人は本当は宗教好きなんだけど「何かの組織」に入る事に抵抗があるのかもしれない、と思いました。

自分が宗教的な心をもったり個人的にお参りに行ったりすることは抵抗がないけれど、宗教団体に入る、というのが「右翼団体に入る」とか「暴力団に入る」とかそういうのと似たような感覚になるのかもしれないなと。

だから「宗教が嫌い」という言葉の本質をもっと掘り下げて研究しないといけないなと思いました。

普通に考えたら、宗教が嫌いな人たちが、きちんとお祈りしてくれてる財布は信頼できるなんて矛盾するじゃないですか?

それともう一つ。これも私の考えなんですが、日本人って全体的には理屈っぽいと思うんですね。私なんかは典型的なんですが。お隣の国と比較したらよくわかると思うんですが、感情よりも理性が優先されますし、規則性・法則性があるものの方が好きですよね。逆に無秩序とかテキトーは嫌いじゃないですか?

そういう人たちこそ、真理がぴったりだと思うんですよね。永遠に変らない普遍性のある法則こそ日本人が喜ぶものだと思うんです。少なくとも私は完全にそこにハマりました!

だから、日本人は宗教嫌いだから伝道が難しい、とばかり言わないで、どういう部分に抵抗があり、どういう部分は喜ばれるのか、いろいろと研究していけばきっと神様が喜ばれる国になると思うのです。

神様が下さった素晴らしい民族性がありますので、それを生かして救いの道を切り開いていきたいですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

楽しむ能力

今日、近所のドラッグストアのキャンペーンで当たったお花見バスツアーに、ミカさんと行ってきました! しかし、残念ながら今日行ったところは群馬県で、まだ全然桜が咲いてなかったんです。本当に全く・・・一分咲 …

no image

選挙

昨日は衆院選挙がありましたね。皆さん、投票に行かれましたか~? 選挙は日曜日だから行かない人が多いですよね。 でも私は、礼拝に行く前、ちょっと早めに家を出て投票してから礼拝に行きました! 先生が「民族 …

no image

最後まで走れるように!

今私が住んでいるマンションは1階がスーパーなんですが、時々、そのスーパーの入り口に、女性専用のスポーツクラブ(体操教室?)の人が勧誘に来るんです。 スーパーには主婦が必ず来ますからね。 私はそのスーパ …

no image

「1+1=2」じゃない?

遅ればせながら、女子パシュート金メダルおめでとうございます! あのスケート王国オランダを破り、かつオリンピック新記録での金メダル獲得は、日本中が歓喜に沸いただけでなく、世界中に衝撃を与えたようです。 …

no image

自分の都合だけで恩恵は受けられない

前回のユリの話題の続編です。 その後ユリがどうなったかというと。。。実はそんなに変化していないんです。 先週は毎日ユリの姿形が違っているほど勢いよくつぼみから開花に向かっていたのですが、ここにきて急に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。