私の自論

人間の表と裏

投稿日:

昨日に引き続き、最近思ったこと。

よく、表と裏がある人っているじゃないですか?勿論人は誰でも程度の差はあれ、ある程度は表と裏があるとは思うんですが、結構違う人っていますよね。

この人にはこういう態度を取り、あの人にはああいう態度を取り。。。なんというか、八方美人ともまた違うんですよ。誰にでもいい顔しちゃうんじゃなくて、同情してほしい人には弱い人のように振る舞い、威張りたい相手には強く振舞ったりなどの人。

または、普段鈍感なのに、何かがあると意識高いかのように振る舞う人。

それで表向きはとても善良な人として、または有能な人として見られているわけです。

私はそういう人に対して嫌悪感を抱いていました。正々堂々としていない卑怯な人だな、と。

ましてや、信仰のある人がそういうことすると、『この人は本当に信仰者なのかな?』と思ったりもしました。人は騙せても神様は全部知ってるのに。。。と

でも、最近なんとなく思ったんです。この裏表のある人たちにとって、裏も表もどちらもその人なんだなと。

どういうことかというと、今まで嫌悪感があったのは、ちょっと大げさな言い方をすると、本当は「裏」に当たる面が本性のくせにそれを隠して「表」を演技して見せている、という感じに思っていたからです。

でも、どちらも本性でどちらもその人なのでは?と思ったんです。

先にも言いましたが、人は誰でも程度の差はあれ、裏も表もあるものです。だから多分どちらも本性です。

恐らく・・・(これは私の考えですが)自己防衛本能の強い人があからさまに表と裏が出るんじゃないのかな?と。

理性の強すぎる人や正義感の強すぎる人は自分の中で自己矛盾を感じちゃって、あっちとこっちで違う人にはなれないんですが。。。

でも、私自身、この強すぎる理性と正義感で使命を果たしてきて実績も残せたけれど、反面かなり損もしてきたような気がしています。

先生は「度が過ぎるといけない」とおっしゃいました。良いものも度が過ぎると問題になります。

私は決して表と裏があることを肯定しているわけじゃないです。個人的には嫌なことです。それで傷ついたことも多かったから。でも、それに対決するかのように理性と正義感で押し通すのもどうかな?と思うようになりました。

そうじゃないと自分が「自己防衛」できないから。

何事も「適度に」「柔軟に」対応するのが良いですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

お・ひ・た・し

上司が新人に、いわゆる「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」を教えるということは一般的な話ですよね。 それに対し、上司は部下に対して「お・ひ・た・し」で対応しなければいけない、と言う記事を見ました。もし …

no image

ついに。。。(>‗

うちの最寄り駅近くにあるコンビニが。。。。ついにイートイン禁止になってしまいました。。。 当ブログでも何回かこの話題を取り上げましたが、最初はイートインのゴミ箱使用禁止になり、つぎに「本日はイートイン …

言葉を理解する力

今まで指導者としていろんな人を見てきたのですが、同じように教えても結果は人それぞれです。 また、同じみことばを聞いてもその後の反応が人によって全然違います。 勿論、個性が違うし、センターが違うから、と …

no image

文武両道!

中国の名門大学である清華大学で、水泳が必修となり、50m泳げないと卒業できないようになったのだそうです。 同じく名門の北京大学も、水泳に1単位を与えていて、水泳の授業は学部生の必修であり、200m泳げ …

目的を忘れずに!

私たちが信仰生活する中でブレてはいけないことがあります。それは自分の行いが「救い」になっているのかどうか、またやろうとしていることが「救い」につながっているのかという事。 よく、「牧師や先輩に言われた …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。