私の自論

神様は使命者を通して行われる!

投稿日:

今週は使命者についてたくさん学んでいますね。

今回は私が牧会していた時、残念に思った事をお伝えしようと思います。

牧会者と言ってもいろんな個性の人がいるし、それぞれセンターが違いますから、牧会者が全員そうだということではなく、あくまでも私の場合、という事でお伝えします。

私の場合はもっぱら宣教関係が自分のセンターだったんですね。個人的にも伝道王になったことがあったし、牧会していた頃は、教会実績が日本一になったことも何度かありました。

だから私としては、そこに関しては信頼してほしかったんですよね。他は頓珍漢なことがあったとしても宣教関係だけは実績があったんです。

私の頭の中にはこういう感じの人はこういう風に導いたらうまくだろうというデータがいっぱい詰まっていたし、その時に聖霊様が下さる霊感とか洞察力とかが物凄く働いていたんです。

このことに関しては、(自分で言うのもなんですが)当時は大体自分の目論見が外れたことはなかったですね。

それで私が『この人はこういう風にしたらよいと思う』と言ったり、伝道者から『○○しても良いか?』と聞かれて『大丈夫だと思う。』と答えたりなどしていました。

ところが、私がそう言っても他の誰かに相談し直して、または他の誰かから違う言葉を聞いて私が言った通りにせずダメになってしまった、という事例が結構あったんです。

一応、他の助言をした人の名誉のためにいちいち責めたりはしなかったですが、とても残念な気持ちになりました。

私が助言してからもう一度他の人に相談する気持ちはわかります。そういうことをされた時は大体、私が一般的じゃない助言をした時だからです。

例えば、講義の順番とか、この人はこの講義を先にした方が良い、と思えば途中を飛ばして後半の講義を勧めることもあったし、礼拝に出るタイミングに関しても、この人は先に出した方が良いと思えばそうしたりしていました。

特に、特別な事情があると伝道者が感じている人(クリスチャンとか資格を目指していて忙しい人とか)に関しては、私がGoサインを出しても中間指導者が警戒していて進まないことも結構ありました。

「伝道はこうするもの」という風に頭が固まってしまっている人にとっては斬新過ぎてついていけなかったのかもしれません。

伝道以外の事でも、私が今まで見ていてとても残念だと思う点は、皆さん使命者本人に確認するのではなく、身近な指導者や聞きやすい人に助言を求めてその言うことを聞いてしまうという事です。

また、噂話や誰かの言葉を聞いて、使命者本人を警戒してしまったり、遠慮したりしてしまうことです。

どんな使命だとしても、使命者を誤解したりないがしろにした人はうまくいきません。どんな小さな使命でも、使命者に対しては信じて協力する、というのが基本です。

伝道に関して一言付け加えると、伝道は伝道者が第一の使命者です。だから使命感を持ってほしいですね。誰かに丸投げしたり言いなりになったりするのは良くないと思いますよ。

また、自分の教会の牧会者のセンターをきちんと把握することも大事です。

神様は霊的に働かれるけれど、使命者を通して現実に成し遂げられます。そのことを絶対に忘れてはいけませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

兄弟愛は微笑ましい

今朝、礼拝に行く地下鉄の中での一コマ。 私が座席に座っていると、途中で母親2人と子供4人のグループが乗ってきて、子供4人のうち3人だけ座席に座らせていました。 もう1人の子はまだ小さくてお母さんに抱っ …

no image

考えの管理

「考え事」ってしたことない人いませんよね? 最近、自分の体験に基づいて「考え事」について考えてみたんですが、自分を良い方向へと導く考え事と、そうでないものがあるな、と思いました。 何かを進めようとした …

そろそろ助走体勢に

このところのコロナ関連のデータを見る限り、だんだんとこの騒ぎが終息に向かいつつあるのを感じています。 まだ完全終息ではないけれど、少なくとも2,3か月前の先が見えない状態からは脱していますよね? なん …

心のアレルギー

最近、自分自身の事を振り返って、ふと思ったことがあります。 子供の頃より心が成長して大人になり、以前耐えられなかったことが耐えられるようになったこともあるけれど(それがほとんどだけど)、一部、逆もある …

no image

格好良く!

誰でも格好良くなりたいし、格好良く生きたいですよね。 「格好良く」とまでいかないにしても、「うまくやりたい」とは思うでしょう。実際、うまくやっている人を見て、あの人格好いいな、と思うんじゃないですか? …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。