私の自論

行動より信仰が先

投稿日:

「平和」って時々難しいなと思うことがあります。

特に、こっちの思う平和とあっちの思う平和が食い違うとき。

私が牧会していた時に困ったことの一つは、最新の御言葉に従って教会全体の方向を変えようとしたとき、それでは個人的に不利益を被ると考える人がいたときの対応です。

結果的として教会全体が御言葉通りにして栄えれば誰も損することはないのですが、過程の段階で個人的にそうは思えない人がいると、物事が進まず大変でした。

全体が良くなることを考えての事だったとしても、個人的にそれを良く思わない人にとっては、嫌がらせをされた、という事になってしまいます。

だからどう捉えるかですよね。

全体的に神様の御言葉通りにした方が結果的に自分にも良いと考えるのか、単なる上からの圧力と捉えるのか。

圧力だと思ったらそこからは不和しか生まれません。

自分が邪険にされた、としか思わないからです。

せっかく平和を成そうとして御言葉を教え、御心を成そうとしても、受けた方が圧力としか捉えられないなら残念なことになってしまいます。

だからまずは、信仰が大事だと思います。

信仰がしっかり根付いてない人に、御心のために自分の思いを変えるように言ったところで話は通じません。

神様の存在を信じる。主をその方だと信じる。一般的にはこれだけでも信仰があると言いますが、実際はこれだけでは無理だと思います。

その通りに行えるかどうかです。

だから行いが大事だという事になるのですが、そうは言っても心を無視して無理やり行うのは信仰とは言いません。

そうする方が良いと信じるから行うのです。信じることが先です。

ですから、行いの時代だからこそ、より一層信仰心が大切になると思います。

まだ信仰が深くない人に強く行いの要求をすると、むしろ平和が崩れることになりかねません。

また、たとえ信仰歴が長い人でも、長年安住している人だと変化を嫌がる傾向にあります。

今までこれでやってきて問題なかったのに、なんでこのままじゃダメなの?と。

こうやって対立構造が出来上がってしまうのです。

こういう時は、理解してもらえるようにする努力と、相手を理解しようという努力の両方が必要です。

お互いそんなつもりじゃなかったのに、むしろ御心を成そうと思ってやったことなのに、結果的に平和が崩れるという事がないようにしたいですね。

-私の自論
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

淡い期待が。。。

今日のちょっとしたエピソードです。 夕方から外出していて帰りが夜になったんですが、駅前のケーキ屋さんで、クリスマスケーキの叩き売り(?)をしていたんです。詳しくは見てませんが、パッと見そうだったんです …

no image

ユリのように

先日のピアノの発表会の時に、未香さんから花束をもらったので、その花を自宅に飾っていました。 その花々の中で、バラと小花はすでに花が咲いていましたが、ユリは全てつぼみでした。 もらった時すでに咲いていた …

no image

やはり動物は動物

昨日のニュースで、軽トラックと乗用車の事故により、軽トラックの荷台から土佐犬3匹が逃げ出し、警察が犬の行方を捜しているというのを見ました。が、今朝見たら3匹とも無事に捕獲されたということでした。何事も …

no image

花の威力

今日から、スマホとタブレットの待ち受け画面を、先日お花見に行ったときに撮ったお花の写真にしてみました。菜の花と、早咲きの桜。それと、近所で撮った白い桜。 今までは待ち受け画面を元々の画面のままにしてい …

証は難しくない!

証について、どう言えばいいのか悩んでいる人も多いと思います。 どうすれば主がスッキリするような証ができるのかな?と。 しかも証って、固定した言い方のマニュアルがあって、それさえ言えばいいというわけでは …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。