私の自論

今できることに最善を尽くす!

投稿日:

今振り返って思う事は、「仕事」と一言で言っても年齢やその時代の流れなどですべきことは変わるな、という事です。

「神様の仕事」というカテゴリーでは同じかもしれませんが、ず~っと同じことをするわけではありません。

こういう風に客観的に文章で読むと「当たり前でしょ?」と思うかもしれません。

でも、いざ自分がその場面に直面すると、すぐに受け入れられないケースが多いように思います。

例えば、学生で伝道されて社会人になった人の多くは、「学生時代のように走れない」という事で悩み始めます。

これ、本当によくあるんですよ。

場合によってはそれで調子を崩し、出て行ってしまう事も。

また、祝福を受けて家庭を持つようになったり、子供ができたりしてから「以前のように走れない」という事で悩む人も多いです。

特に、まじめな人に多いかも。

でもこれ、当たり前ですよね?

どう考えても以前のようにできるわけないですよね?

でも、以前のような働きができない自分は怠けていると考えたり、頑張れてないと考えてしまうのです。

または、頑張ってるけどどんなに頑張っても完璧主義の自分の満足が得られず、ストレスが溜まってしまったりするわけです。

当然なことなのですが、自分のステージが変われば走り方もすべきことも変わります。

走り方やすべきことが変わるとどうなるのか?

違う走り方を身に着け、違う仕事をはじめる、ということもありますが、神様は、新たなその立ち位置で今までとは違う何かを感じ、悟ることを望んでいるという事です。

学生時代に走りまくった状態を100と考え、それからどんどんマイナスになっていくと考えるのは間違いです。

以前の自分の走り方や頑張りを比較するのではなく、以前の自分よりどれだけ悟りが多くなったかを比較する方が良いと思います。

人は立場によって感じること、考えること、悟ることが違います。

自分が様々な立場を経験することによって、自分自身が様々に感じ悟るようになります。

そうすると、人間的にもいろんな人の心を理解できるようになっていきますし、霊的にも神様の心情に近付いていくことになるでしょう。

神様の仕事はどんな仕事でも優劣はないし、悟りも優劣はありません。

牧師でもなにも感じず、悟れないなら成長しているとは言えないんです。

大事なのは、今、最善を尽くすことだと思います。

今自分ができることは何なのか。

些細なことでも、後になったらできないこともあります。

だから、これくらい大したことないと考えず、今できることに誇りをもってすることをお勧めします。

自信と誇りをもって神様の仕事をすると楽しくなります!

神様の仕事は楽しい!と思う事も大きな悟りですし、祝福です!

理にかなった信仰生活をすることで、自分も神様も嬉しい結果になるようにしたいですね。

-私の自論
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

平凡な人生は幸せ?

ある記事で、大人になって分かったことの一つが、「平凡な人生を送ることは難しい」ということ、というのを見ました。 確かにな~‥と思いながら、ところで、平凡って何だろう??という疑問が湧き、「平凡」の意味 …

no image

ついに。。。(>‗

うちの最寄り駅近くにあるコンビニが。。。。ついにイートイン禁止になってしまいました。。。 当ブログでも何回かこの話題を取り上げましたが、最初はイートインのゴミ箱使用禁止になり、つぎに「本日はイートイン …

no image

ほんの少しが・・・

数日前から、自転車の前のタイヤの空気がすぐに抜けるという現象が起きていました。 最初は、私の空気の入れ方が悪いのかな?と思い、近所の自転車屋さんで若い店員さんに空気を入れてもらったりしたのですが、それ …

no image

経緯の傘

実は、長年使っていた傘を処分することになりました。 どのくらい使っていたかというと、10年以上です。 以前牧会していた時、私の誕生日に教会のみんながプレゼントしてくれた傘で、とても丈夫だったし、柄も綺 …

艱難に打ち勝つ方法

今週は艱難の話が出てきましたね。 艱難は程度の差はあれ、誰にでも襲ってくるものです。 皆さんにも艱難があったでしょう。 でも、皆さんそれぞれが自分なりに艱難に打ち勝ってきたから今こうしてここにいるのだ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。