私の自論

指導者へどう繋ぐ?

投稿日:

今回は、ズバリ!伝道するときの「指導者へのつなぎ方」についてお伝えしようと思います。

「つなぎ方」と言っても、マニュアルがあるわけではありません。ただ、私が体験してきた中で、こういう感じだとやりやすかった、こういうのは難しかった、というのをお伝えしますね。

なんとなく、最近でも見受けられるような気がするのが、「とりあえず指導者に会ってもらう」というもの。

これは、絶対ダメだとは言いませんが、正直効果は薄いと思います。

誰に会わせる時もそうですが、基本的に自分の連れてきた人がその人に「会いたい」という感情を持たせてから会わせないといけません。そうじゃないとただ挨拶して終わります。

伝道者だけが張り切っていて、会わせようとしている当の本人は引いてる場合もあります。

だから、しっかり証をして、新入生がその人に興味を持って会いたいと思うようにしないといけません。

特に牧師につなげたい場合は、牧師の力が十分発揮できるようにして繋げないと意味がありません。

どういう事かというと、牧師が本領発揮できるのは(個性や個人差はあるとしても)神様の話、聖書の話など霊的な話です。ですから、その話ができる状態にしてから繋げないと牧師の力が発揮できません。

世の中の話しかできない状態で牧師に会わせても、牧師は世の中の話が得意なわけじゃないので一般論的に話して終わります。それなのに、自分が連れてきた人にきちんと話してくれなかったと言って不満を抱くのは見当違いです。

やはり、牧師に会ってもらうときは『この人は牧師です』とハッキリ紹介してから会わせるのがベストです。

それともう一つ。伝道者としては「牧師として証した」というのですが、新入生本人がポカンとしている場合があります。「証した」というのは、ただ『この人は牧師です』と言ったかどうかじゃなくて、新入生が是非その牧師に会いたい、話を聞きたい、という状態までもっていって初めて「ちゃんと証している」という事になります。

ここまで伝道者がやってくれると牧師はすぐに本題に入れて成功率も上がります。

しかし残念ながら、「自分は連れてくるだけの役割だ」と自ら決めて、連れてきた後の事をしようとしない人がいます。連れてきた後は指導者に丸投げ。これはほとんど成功しないと思った方が良いです。

中間指導者につなげる場合も同様です。ただあいさつで終わることがないように、その指導者に信頼がおけるようにつなげることが重要です。

「つなげ方」について、なんとなくお分かりいただけたでしょうか。

日本人は聖書の話や神様の話をするの躊躇するためか、そこは避けて伝道しようとする人がいます。でも、伝道者が自ら「自分が神様を信じてよかった」「聖書を学んでよかった」などの話をしないと伝道は難しいですよ。

是非とも、自分の殻は破って一歩踏み出してみてくださいね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

言い訳はダメ?

オリンピックの選手たち、本当にお疲れさまです! 頑張って、結果が出てメダルを取れた人、最善を尽くせたけどメダルに届かなかった人、本番上手くいかなくて悔しい思いをした人、それぞれ頑張ったことには変わりが …

霊的な管理

今週は、「失った羊を探しなさい」とおっしゃいました。 これはあくまで私の経験上の話ですが。。 失った羊は必ず事前に兆候があります。本人がシグナルを出しているんです。 それをいち早く読み取れるかどうかが …

no image

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。 いよいよ年が明けて2018年がスタートしました! 今年はどんな年になるでしょうか?(ワクワク!) 私の経験上、神様の世界では、毎年1年後は自分の予想外の展開になってい …

no image

自然作品

今日、実家関係の事で処理すべきことがあり、朝から父のいる福島県へ行ってきました。 東北新幹線に乗ってからしばらくは本を読んだりメールをチェックしたりしていたのですが、福島県に入るころにふと顔をあげ窓の …

no image

「そんなこと」が人気!

退職代行サービスというのをご存知ですか? どういうサービスかというと、退職したいという意思を本人に代わって会社告げ、退職できるように手続きをしてくれる、というものなんですね。 この背景にはブラック企業 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。