私の自論

講義の基本

投稿日:

今回は久しぶりに講義について話をしようと思います。

結論から先に言うと、講義はできるだけシンプルな方が良い、ということです。

講義はお話や物語ではありませんので、伝えたい内容が根拠とともにハッキリすっきり入ることが望ましいです。

だから、基本はできるだけ簡潔に、理路整然と伝えることです。

話し方を柔らかく物語風に伝えるとしても、話の道筋はきちんと立っていないといけません。

ただ、今までいろんな人の講義案を添削したり、講義を聞いた直後の新入生の感想など聞いたりしてきた経験から言うと、いきなりあれこれ盛り込んでる人が多いような気がしています。

親切すぎるのです。

あれも伝えてあげたい、これも伝えてあげたい、という気持ちから詳しくする場合もあるだろうし、この説明で伝わらなかったらどうしようと思って微に入り細にわたる説明をしてしまう場合もあると思います。

何というか、先回りして細かく説明してあげてしまう感じ。きっとこれじゃわからないだろうなという考えから。

それと最近は、与えられた講義案で講義をすることが多いので(自分でまとめないため)、私が講義の練習で聞き役になった時「この講義でどうしてこの話をするの?」と質問すると答えらない場合も多いです。

それとか「この話をこの位置でするのはどうして?」と質問して答えれないこともあります。

質問された方は恐らく「え?だって講義案に書いてあるじゃない?」と言いたいでしょうけどね。

私からすると、その話はすることもあるけど必ずしもこの講義でしなければいけない話じゃないな、と思う内容もあるのです。

また、話を入れるにしても、そこじゃなくて違うタイミングで入れた方が効果的だと感じる場合もあります。

なので、何が言いたいかというと、講義には必ず言いたい核心があり、それを導くために聖句を根拠にしながら理論的に道筋を組み立てていくことが大事だということです。

講義する本人がその道筋をしっかり把握できてなければちゃんと講義できません。

だけど、なぜか与えられた講義案を無条件そのままそっくりやろうとしている人が多いのです。

だから丸暗記に近い状態で講義をすることになり、突っ込まれると答えられなくなるのです。

講義案を利用することは良いですが、その講義案の中でどこが核心的な道筋でどこが省いていいものなのかを見分けないといけません。

え?そんなの私には難しいよ、という声が聞こえてきそうですね。(笑)

いやいや。違うんですよ。そんなに難しく考えなくていいのです。

自分だったら納得できるかどうかを考えればよいのです。新入生の時の自分が理解できる道筋であれば大丈夫だという事です。

まずは、講義の中で話すたとえ話などは省いて聖句だけでレジュメを組み立ててみることをお勧めします。

聖句が骨格ですから。骨格がハッキリわからないといけません。

その聖句の説明や補助的な説明としてたとえ話や世の中の話を入れるわけです。

基本は聖句。これが大事です。

逆に言うと、骨組みがしっかり頭に入っていれば付随する話はいろいろ応用できます。

こういう譬えの方がわかりやすいなとか、この子にはこういう言い方の方が良いかなとか。

あるいは、補強のためにこの聖句も一応入れようかなとか。

実際、私の講義案はほぼ聖句のみです。だから紙切れ一枚だけ。(笑)

だからすぐに覚えられて、すぐに講義案を見なくても聖書一つで講義できるようになります。

講師本人が骨組みを把握せずにあれこれ盛りだくさんで講義すると、聞いている方がわけがわからなくなります。

親切心で盛り込んだとしても、講義案に書いてある通りにして盛り込んだとしても、理由は何であれ、聞く側の新入生のキャパには限りがあるので盛り込みすぎるとキャパオーバーで溢れ出てしまっていることが多いです。

だから、講義はできるだけシンプルに。その方がわかりやすいです。

聖句そのものに威力がありますからね。言葉数が多すぎるとむしろ肉的な講義になってしまいますよ。

骨組みだけじゃ難しそうなところだけを補って肉付けすればいいと思います。

聖霊の感動というのは自分があたえられるものではなく、天から与えられるものですから。天のオリジナルの言葉で組み立てていくのが一番です。

是非、みなさんトライしてみてくださいね。

-私の自論
-, , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

動物にも伝わる!

アメリカでの心温まるお話。 育児放棄されたチンパンジーの赤ちゃんを、ある夫婦が引き取って献身的に育て、4か月経ってから動物園に預けたそうです。 その後、その夫婦が動物園を訪れるたびにそのチンパンジーが …

no image

自分の中のしるし

それぞれの個性や性格、使命によるのかもしれませんが、私の場合、みことばはただ聞くだけよりも、伝えた時に、より自分の霊魂に深く入るような気がします。 私のように信仰歴が長くなると、自分の中に良いことがた …

no image

国民性の回復!

最近、幕末から明治維新当時の日本についての記事をいくつか読む機会がありました。 実は、江戸時代の日本は、世界最高の教育水準だったようで、識字率はダントツ世界トップ。どんな身分の人も読み書きができること …

no image

切実な想い

私の好きな(というよりは切実に感じる)箴言を紹介します。 古い箴言なのでご存知の方も多いかもしれませんが。 『御言葉を裂いて粉にし、涙で練って、聖霊の火で焼いて、愛をもって食べさせなさい。』 今は牧会 …

no image

初風呂

皆さん、明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします! 皆さんはどんなお正月を過ごされていますか? 私は、今年も都内の某温泉に行ってきました! とりあえず今日はあれこれ複雑なことは考えず …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。