私の自論

御心の時

投稿日:

今週、先生が、癒しのお祈りは本人の信仰の他、「時」が大事だとおっしゃってました。

何事にも時がありますからね。。でもこれが本当に難しいと思います。

なぜ難しいかというと、癒しに限らずお祈りを受けようとする場合、時はこちらが選ぶからです。

勿論、日々のお祈りとして先生は全ての人のために祈っているし、それは牧師を始めとしたほかの指導者も同じでしょう。

でも、個人的な細かいことは各々の申し出がなければ分かりません。

いつ申し出るかは申し出る本人が決めることであって個人の責任分担の範囲です。

時が合わないといくら祈っても限界があります。

特に時が過ぎ去ってしまってから(端的に言うと手遅れの時)はお祈りを頼まれる側はもかなり負担だと思います。

私は深刻な病気のためのお祈りは依頼されたことはないですが、霊的な病気なら何度もお祈りや面談を頼まれました。

その時ほぼ毎回思ったのが「どうしてもっと早く相談してくれなかったのか」ということ。

相談する側は遠慮に遠慮を重ねて、指導者に迷惑かけないようにと心掛け、出来る限り自分だけで終わらせようとしたけれど、結局どうしようもなくなって「お願いします。」と来るわけです。

その気持ちは分かりますよ。私も主について行く立場ですから。

でも、実際は来るのを遅らせ、状態を悪化させてから来ることの方がより指導者の負担を増やすことになるのです。

それは頭の片隅にでもいいから覚えておいてほしいな~と思います。

中間指導者が自分のチームのメンバーを牧会者に報告するときなども同じです。

何とか自分のチーム内の事に治めようとして、結果としてより悪い状態で牧会者につなぐことになります。

良かれと思ってやったのは理解できます。

でも、あの人この人の事を考えるより、どうするのが最短で解決できるのかを考えるべきです。

救いの最短コース。

霊的な病気だけじゃなくて迫害関係もそうです。早く手を打った方良いのです。

何も言わないままで「気付いてほしかった」「指導者なら気付くべき」というのは聖書的には違います。

求めることは責任分担だからです。「求めよ、そうすれば与えられる」という事です。

迷って、躊躇している間に時は過ぎていきます。その間サタンは迷わず攻撃し続けます。

大抵、迷う時は自分の考えや自分を取り巻く状況が複雑に絡んでいる時ですよね?

だから問題にぶち当たった時ほど頭を空にして御言葉を入れ、祈って聖霊の感動を受ける必要があると思います。

ほとんどの場合、問題解決のための動きは早ければ早い方が良いです。

時についての間違いを犯さないよう、日々祈っておくことも大切ですね。

-私の自論
-, , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

本当に個人主義?

全国の鉄道事業者、通信事業者などが共同で開始した歩きスマホ注意喚起キャンペーンのポスターが注目を集めているそうです! そのポスターは以下の二種類。 『即レスしなかった程度で失われるものを、友情とは呼ば …

no image

今年最後のプレゼント

今日はいよいよ大晦日です!今年もいよいよ最終日になりました!皆さんはどんな一年を過ごされましたか? 今日は最後の締めくくりをしようと思っていたのですが、ちょっとその前に、年末でバタバタしていて書きそび …

no image

人が心を開く時

オウム真理教の林郁夫受刑者を存知ですか? 本職は医者。地下鉄サリン事件の実行犯の一人であり、サリン事件の実行犯で唯一死刑ではなく、無期懲役の判決が出た人です。 彼は最初サリン事件の重要人物とはみなされ …

no image

リハーサル

昨日、コンサートのリハーサルをしました! みんなで顔を合わせ、直接演奏も聞いて、人前で演奏する経験もして、いよいよ大詰めだな、と感じました。 演奏者の皆さんもお忙しいので、どうしてもリハの時に初めて合 …

no image

明堂

今朝の箴言に出てきた「明堂」という言葉。皆さんご存知でしたか? 私は知らなかったので調べてみました。そうしたら意味が二つありました。 ①古代中国で、天子が政を行った宮殿。(政堂) ②地中を流れていたエ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。