女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

あなたは完璧主義?

投稿日:

ちょっと言葉を選ばずに思うことを言うと、最近、というか平成育ち以降、自称完璧主義者が増えてるような気がしています。そして、この完璧主義が福福を奪われる原因になっていると思うのです。

え?どういうこと?と思いますよね。

私が敢えて「自称完璧主義者」と言ったのは、彼らは私が思う完璧主義とは違っているからです。

私はどんなことがあっても完全にやり抜く人、完璧にやり通せる人が完璧主義だと思っていたのです。

しかし、牧会しながら戸惑ったのは、できない理由に「完璧主義」が上がるようになってきたことです。自分は完璧主義だからできない、と言うんですね。

初めはとても不思議でした。正直、意味不明な言葉に感じました。

それでよくよく話を聞いてみると、彼らは「やり遂げること」とは違うところに完璧さを求め、それを大事にしているという事が分かりました。一言で言うと、「過程」に完璧さを求めているんですね。

例えば、何かの条件を立てる時、それは何らかの目的があって条件を立て始めるのですが、いつの間にか本来の目的よりも条件自体が目的になってしまっていてそれが完璧じゃないと前に進めなくなるんです。

また、自分の気持ちやこだわりをとても大事にしていて、そのこだわっている部分が崩れると「こんな状態ではダメ」と言い出して自ら辞めてしまうというパターンも多く見られました。

私は神様じゃないので、個人の主義主張やこだわりに対して一々評価することはしませんが、ただ、この調子だといつまでたっても成功体験は得られないだろうな、とは思いました。

まぁ、たとえて言うなら、神様は山の頂上からの美しい景色を見てほしくて山に登りなさいと言っているのに、山の登り方がうまくいかないとか、山登りの装備が完全じゃないとか、登っている時の気持ちが上がらないなどの理由で最後まで行きつかないということです。

どんな登り方でも、どんな気持でも、とにかく頂上まで行って景色を見れば神様の意図は分かります。逆に、最後まで行かないと分からないのです。

もし、自分は完璧主義だからうまくいかない、と思っている方々は、一度完璧さを「最後まで行くところ」に焦点を当ててやってみてはどうでしょう?

最後までいけない体験を積み重ねてしまうと、自信がなくなり、ヤル気もなくなり、神様の意図も分からず、それがもらったものを奪われる原因にもなります。

神様は私たちが完璧じゃない事なんて100も承知です。人間は神様じゃないから。なのに自分は完璧じゃないからダメ、というのはある意味傲慢な気もします。

自分の気持ちやこだわりが偶像になってはいけません。

場合によっては、何もなくても何とかする、とにかくやり遂げる、というたくましい精神も必要です。

そして何よりも、神様が人間にさせることは愛の目的があっての事だという事をお忘れなく💛

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

身から出た錆

いつの時代でも、人を貶める事を目的とする行為は必ず自分の身に降りかかります。 最近、ある週刊誌が『文科相が公用車で「キャバクラヨガ」に通っていた』という記事を載せ、一瞬物議を醸しました。 ところが、「 …

no image

心のメリハリ

今日から3月ですね! カレンダーだけ見ると、もう春の気分です。 ところで、首が相変わらず痛いのでまた近所のマッサージ店に行ったんです。 前回行ったときご近所情報をたくさん教えてくれたところです。 施術 …

no image

国民性の回復!

最近、幕末から明治維新当時の日本についての記事をいくつか読む機会がありました。 実は、江戸時代の日本は、世界最高の教育水準だったようで、識字率はダントツ世界トップ。どんな身分の人も読み書きができること …

no image

アイスコーヒーは日本製!?

ちょっと小耳にはさんだ情報。 実は、アイスコーヒーって大正時代に日本の喫茶店で初めて正式メニューとして出されたそうです! 欧米では、コーヒーはホットで飲むという認識なんだとか。 もしかしたらすでに知っ …

個性と短所

人には誰でも長所と短所がありますけれど、大抵の長所と短所って表裏一体だと思うんですね。 大体、自分の短所って長所の裏返しだったりする事が多いのではないかと思うのです。 例えば「気が短い」という短所があ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。