私の自論

非喫煙者のみ採用する会社が出現!

投稿日:

ひまわり生命保険という保険会社が、2020年から新卒採用の条件を「非喫煙者」にすると発表したそうです!

この会社は2016年から「健康応援企業」というスローガンを掲げているため、お客様を応援するためには社員も健康でないと、という思いからそのような決定に至ったようです。

ここ十年、二十年くらいの健康ブームというのは時代の大きな流れですよね。これも神様が起こした流れではないかと個人的には思っています。

昭和の時代ならたばこに文句付ける人はほとんどいませんでした。私の祖父も当時はベレー帽をかぶってパイプを燻らせ、それがカッコいいと言われてました。そんな時代に「非喫煙者のみ募集」なんて言ったらものすごいブーイングだったと思います。

でも今はむしろ「意識が高い会社」とみなされると思うんです。

実際、今はすでに「喫煙者がカッコいい」と思う時代ではなくなっています。むしろ、たばこを吸うなんて意識が低い人、と見る傾向すらあります。

徐々に神様の御言葉通りの生き方が推奨されるようになってきていますね。

結局、いろんな方面で意識を高く持とうとすると、自然と神様の御言葉通りにならざるを得ないんですよね。

という事は世の中も復活してきているという事だと思います。サタン文化はダサいと思う時代が徐々に始まっています。

逆に以前は「そんなの厳しすぎる」または「まじめすぎる」とバッシングを受けたであろうことが今では意識が高いことになってます。

私たちは堂々と神様の文化を広めていきたいですね。

情報源 ⇒  https://news.careerconnection.jp/?p=70059

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

複雑な世の中

昨日、ちょっとした私用があり、普段は行かない所の街中を歩きました。 そうしたら、『家出人110番』という看板が目に入り、ちょっと衝撃を受けました。 看板を見ただけで中には入ってないので正確には分かりま …

no image

明日必ず生きられる?

日本には江戸時代から切腹の美学があるせいか、自殺を「生き方の選択の一つ」と考える人々も多くいます。 それだけが理由ではありませんが、実際、日本は自殺者が多い国ですよね。 日本以外でも自殺の問題を抱えて …

聖書は信仰の基礎

去年から先生が私たちに、もっと聖書を読むように話をしていますし、最近ではチョウン牧師も聖書について強調していますね。 私自身も聖書の重要性について常々考えています。 最新の御言葉を理解するにも聖書の知 …

no image

「いじり」は面白い?

評論家の宇野常寛氏が、イベントでお笑い芸人の「いじり」を受け、それを不快に感じたため退席した、という記事を見ました。 いじった方は「みんなが面白くなるため」にしたというのですが、受けた方はそれを不快に …

no image

不思議な感動

実は…コンサートが終わってから頭の中で鳴っている曲がありました。 でも、その曲は確かに以前自分が弾いたことがある曲なのにすぐには思い出せず、何の曲だったっけ?と思いながら楽譜を引っ張り出して探していま …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。