私の自論

隣の住人(恐らく最終回)

投稿日:

今朝、家の玄関の外がバタバタするな、と思ってそっとドアを開けて見てみたら、引っ越し業者のような人たちが隣の家のモノを次々と運び出していたんです。

私の家のドア付近にも段ボールが積まれていたため、私が顔を覗かせたら、業者の方から「すみません。しばらくご迷惑をおかけします。」と言ってきたので、「引っ越しですか?」と聞いたら「はい。」という返事でした。

それでもちょっと気になって、『この人たちに聞いても答えられないかな?』と思いつつ「隣の家の人、見つかったんですか?私も警察に聞かれたから気になって。」と聞いてみたところ、「自分たちも詳しいことは知らないんですけど、亡くなったみたいです。」との返答でした。

どうやらこの人たちは引っ越し業者ではなく撤去業者だったようです。

あぁ。。なんか、最悪の結末だな。。と思いました。

死因は分からないので何とも言えないですが、なんとなくそういう結末になるような気がして気になっていたんです。。

イマドキ単身者住宅の隣の住人なんて無関心なのが一般的だと思うんですけど、なぜそんなに気になっていたかというと、隣の人、実は顔にかなり大きなあざがあったんです。

年齢的には恐らく40代くらいの男性でマンションの管理人もしていたわけですけど、一般的にはバリバリ働くような年齢です。

あくまでも私の勝手な憶測にすぎないんですが、この人、顔の事で相当苦労しているに違いない、と思ったんですね。目の周りを中心に顔の右半分がほとんどあざになっていて、かなり目立つ感じでした。

本人とそのことについて話したことがないのでわかりませんが、彼はパッと見社交的な感じではなかったし、このくらいの年頃で管理人しているということは、あまり外には出たがらないのかな、と思ってたんです。

それで行方不明情報が出たので、他人事ながらすごく気になっていたわけです。

もしこの人が神様のみことばを知っていたら。。。本当の人間の価値は霊魂なんだという事を知っていたら。。。そこまで悩まなかったんじゃないか。。悩んだとしても希望は持てたんじゃないか。。。などあれこれ考えが深くなりました。

まぁ、あくまでも私の妄想にすぎないんですけどね。

でも、いろんな意味で、私たちはもっと早く、広く真理を知ってもらう努力が必要だな、と感じました。

御国が来ますように。
御心が天に行なわれるとおり、
地にも行なわれますように
(マタイ6:10)

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

新企画、いよいよ始動!!

今日は、新企画の撮影をしました!! 一発目だったので、いろいろ事前に打ち合わせしたりする時間も結構あり、部屋を借りていた3時間ぎりぎりいっぱい使いました。 あれこれ撮影しましたが。。。今回は「お悩み相 …

目的を忘れずに!

私たちが信仰生活する中でブレてはいけないことがあります。それは自分の行いが「救い」になっているのかどうか、またやろうとしていることが「救い」につながっているのかという事。 よく、「牧師や先輩に言われた …

no image

撮影会

今日は夕方から「お悩み相談室」の撮影があり、お悩みNo.24~No.27まで撮りました。 前回からカメラマンが変わり、実際にTV局で働いていたプロの女性カメラマンに撮ってもらっています。彼女は以前私の …

no image

癒しの奇跡

昨日実際に私の身に起こった出来事です。 昨日は日曜日。教会に行く日であり、また昨日は私たちの教会では聖餐式がある特別な日でした。 なのに。。。いったい何の攻撃かわかりませんが、朝起きたら激しいめまいで …

no image

一年Part2

実は今日もある時から一年。 何の一年かというと、今の家に引っ越して一年です!(霊的な事じゃなくてすみません。。 🙄 ) 急に思い出したので、忘れないうちにと、書き始めました。(^^; 改めて、一年って …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。