私の自論

防災意識

投稿日:

もうすぐ3.11(東日本大震災の日)ですが、それにちなんで防災に関する啓蒙が盛んになっているようです。

その一つに、小学生に公衆電話の使い方を漫画で説明するなどのことをNTTが始めたのだそうです。なんと、小学生の85%が公衆電話の使い方を知らないのだとか。

考えてみたら、私自身も、もう何年も公衆電話なんて使ってないな~と思いました。

以前は遠隔の人と電話でお祈りするにも公衆電話を使っていましたが、今となってはほとんど縁がなくなってしまいましたね~。

でも、災害などの緊急事態時では、通信が途絶えることがしばしば。そんな時は、公衆電話が頼りになります。普段は「今どき公衆電話?」と思いますが、いざという時は公衆電話です。

また、東日本大震災を経験した主婦の方の証言によると、実際に役に立ったものの一つがろうそくだそうです。災害時は暗いだけでも不安になりますが、キャンドルライトがあって良かったのだそうです。

また、BBQなどのキャンプに出かけて火を扱うことに慣れることも防災に役立つのだとか。

確かに、電気・ガスが止められている状況下では、ろうそくやマッチの火が頼りですよね。最悪、火を起こすことも学んだほうが良いのかも。。

そう考えると、防災グッズを揃えることも大事ですが、一番の防災対策は、自分自身がサバイバルに生きていく生存能力を身につけることなのかな?と思いました。

環境に左右されずに生きていくには、『あれがないからダメ』『これがないからできない』という考えそのものを変えないといけませんね。

時代に乗り遅れないためには最新の文明の利器を使いこなせることも大事ですが、災害時にはアナログ生活に戻らざるを得ません。だから、何もない時代の生活もできるように、少なくとも心構えくらいはしておくことが必要かもしれませんね。

日本は神様が自然豊かな地として創造してくださいました。だからこそ自然の恩恵もたくさん受ける反面、自然災害もどこの国よりも多いと思います。

災害による緊急事態が身近だからこそ、考えも、能力も、たくましく生きていかないといけませんね。

情報源→公衆電話の使い方を知らない方学生が85%

 

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

天国文化で美しく!

最近、制服業界では女子の制服の“スカートを短くさせない”ための機能があるのだとか。 ウエスト部分を折り曲げられないようにしたり、裾を切り取れないようにしたりなど。制服業界もあれこれサタン文化と戦ってい …

自立信仰

今朝の箴言を読み返しながら思ったこと。 それは・・なんとなく、主は、もういい加減私たちが自立することを求めておられるのではないかな?ということです。 それで自分の中で「お金と同じ」という考えが浮かびま …

no image

歳のせいじゃないそうです!

久々に健康の話題です。 今日無料でもらった健康に関する小冊子にこんなことが書いてありました。 高齢により筋力が落ちて食が細くなり、健康問題を起こしやすくなった状態を「フレイル(日本語で虚弱の意)」とい …

no image

年齢にふさわしい肩書き

今日は、本当に私の独り言として受け取ってもらえればと思います。(^^; 最近、元アイドルグループ『〇〇』の誰々が飲酒して女子高生にどうのこうのっていうニュースありましたよね。 このニュースの核心じゃな …

今できることに最善を尽くす!

今振り返って思う事は、「仕事」と一言で言っても年齢やその時代の流れなどですべきことは変わるな、という事です。 「神様の仕事」というカテゴリーでは同じかもしれませんが、ず~っと同じことをするわけではあり …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。