私の自論

鍛えるにも時がある!

投稿日:

台風の接近で大雨の被害が心配ですが、その代わり猛暑が和らいでいますね。何事にも一長一短があるのだなと改めて感じます。

ところで、今年の異常な猛暑で熱中症が深刻な問題になってますが、これを受けて、小中学校のエアコン設置等についての様々な記事が上がっています。おおよそ旧時代からの根強い根性論と現実との対立の記事ですね。

その他、最近では猛暑の中、女子生徒が生理でプールに入れない時マラソンや陸上の運動をさせられる事に対する批判記事なども目にするようになりました。

実際、気象庁が注意喚起まで呼びかける事態なのに、屋外で運動させたり、エアコンのないサウナのような室内に長時間居させるなんてナンセンスですよね。どう考えても根性だけで対処できるレベルじゃありません。

ではなぜ日本にはいまだにこういう現状があるんでしょうか?

あくまでも私見ですが、多分、「我慢できないのは弱虫」「休むことは怠惰」という思想が今決定権を持っている大人世代の根底にあるんじゃないのかと思うんです。

私自身も、根性論を全否定はしません。根性も我慢も必要な時がありますから。

ただ、私が思うに、根性を鍛えるのは(根性だけじゃなくて身体を鍛えることも)健康で状態が良い時にすべきであって、具合が悪い時にするもんじゃないと思うんです。

具合が悪い時にも頑張ることが精神力があって素晴らしいのではなく、具合が悪くならないように日ごろ鍛えるのが望ましいということであって、一旦具合が悪くなったら治すことに専念しなくては!

特に、私は女性ですから、生理中にプールに入れないからマラソンさせるとか、そんな記事を見ると体育教師たちは頭おかしいのでは?と思ってしまいます。病気じゃないのにただ休むなんて、という考えなんですよね、きっと。男性の教師は生理痛の苦痛を分かってないんです。

とは言っても、かくいう私自身、元々はものすごく根性主義者でした。まさしく「部活中は水飲むな」の世代ですから。(苦笑)

実際、根性があったからこそ今まで教会の指導者として頑張ってこれたし、それなりに実績も立てさせてもらったとは思いますが、反面、40代になってから著しく健康を害してしまいました。元々ものすごく身体が丈夫だったのに。。。

根性主義の怖い所は、具合が悪くてもそれが「自分の根性・精神力が足りないせいだ」と思い込んで無理することです。しかも、無理しているという自覚は全くなく、それくらい当然、と思っているんです。そもそもの基準がおかしいんです。それで異変には気付いていながらも自分で異常事態だと認識できず対処が遅れてしまうんですね。

自分の痛い経験から、何事も、根性を出すことにも『時』があるという事を実感しました。

伝道の書の「すべての事に時がある」という聖句は知ってましたが、知識として知るのと経験して実感するのとでは大きな違いがあります。

先にも書いたとおり、私は根性が必要ないとは思いません。でも休む時は休み、治す時は治さないと。

気象庁が注意喚起を呼びかける様な状況や、自分の状態が悪い時は明らかに「鍛える時」「頑張る時」ではありません。

時をうまく見分けて、自分自身を鍛え、強く美しく創っていきたいですね!

参考1☞ 「生理でプール見学の子は校庭10周」指導が女子生徒を壊す

参考2☞ 子供の熱中症死を続出させる「根性大国ニッポン」の狂気

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

偉大な道

今日は寒かったですね~。真冬のような寒さでした。 あまりに寒くて、コタツを出そうかな?まだちょっと早いかな?と思いながら今日の日付を確認したら、11月20日。 そうか。。今日は11月20日なんだ。。。 …

伝道の研究②

昨日の宣告通り、今日は伝道研究第二弾をお伝えします! ただ、もしかしたらこれは今の時代にはあまり必要ないのかも。。という内容かもしれません。。 新しく来た人を少人数で迎える時とか、開拓教会なんかには利 …

no image

全州(チョンジュ)訪問

壮年部ツアーシリーズ最終回です。 今回は、最後にチョンジュ観光というのがツアーに含まれていました。チョンジュはビビンバが有名な所です。また、韓国の伝統的な建物がたくさん残っているところでもあります。 …

躓かない努力

昨日の説教では、かなり中高生向けの話が宣布されましたね? 中高生のための礼拝でしたから当然なんですけど。(^^; 中高生は幼いし素直で純粋で傷つきやすいから言葉や態度に気を付けなければいけない、という …

みことばの根本は愛

私達は人の言葉ではなくみことば通りにすることが基本なのですが、それも注意しないといけないことがあります。それは御言葉の受け取り方です。 私達(特に日本人)の癖として、自分より上の立場の人に何かを言われ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。