私の自論

錯視現象

投稿日:

昨日の夜の出来事。

昨日は私用があり、帰りが遅くなって夜道を一人で歩いていました。

早く帰りたかったのでショートカットするために、大通りではなく、住宅街の路地に入って行きました。一応街灯はありましたが、全体的には暗い道でした。

そしてふと前方を見ると、誰かが歩いているのが見えました。暗かったし、遠目だったので全体像が良く見えず、黒い人影がぼんやりしているような感じでしたが、なんとなくその人は男性だと感じました。

構わず歩いていると、なんだかその人がこちらに近づいてくるように見えました。女性の方は分かると思いますが、夜に細い路地を一人で歩いている時に前方から男性が近づいてくる時ってちょっと警戒心が生じますよね?

私もその時、ドキドキしながら前方から近づいてくる黒い人影を見て歩いていました。

そうするうちに、前方の男性が、街灯が明るく照らされる所に来て、全体像がよく見えるようになりました。

ハッキリ見えるようになって分かってみたら、なんと、その男性は私と同じ方向に歩いていたのです!つまり、私に近づいてきているわけじゃなかった、という事です。

その男性はスマホを見ながらゆっくり歩いていたのに対し、私は早く帰りたくて速足で歩いていたので、その男性より歩く速度が速くて、結果的に男性が近づいてくるように見えたようです。

完全な錯視現象でした。

まぁ、何事もなく一件落着!ということで良かったですが、このことを通して、暗闇と光の下での見え方の違いをはっきり感じました。

暗闇だとよく見えないからわからない→分からないからいろいろ憶測する→そのうち勝手に誤解し始める。でも、光の下でよく見てみたら憶測は全然違っていた、ということ。

聖書では真理を光に、非真理を暗闇にたとえられます。一般的にもある分野についてよく知っていることを「〇〇に明るい」、知らなければ「〇〇に暗い」という言い方をしますよね。

現実的に考えても、知らない時はあれこれ憶測して一人で勝手にやきもきしていたのに、分かってみたら何でもなかったという事はよくあります。

今回は、私がドキドキしていた時間は恐らく1分くらいだったと思いますが、この時間が長引けば長引くほど憶測はどんどん広がってしまいます。

暗闇の中で見るものはどんなにじっと見ても正確なことは分かりません。何事も光のもとで見てみないといけませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

建国記念の日

今日は建国記念日ですね! 毎日の生活に追われていると、(お恥ずかしながら)ただカレンダーを見て「今日は祝日だ」と思うだけで、一体何を祝う日なのか分かっていないことが多いので、今回はちょっと調べてみまし …

あなたは完璧主義?

ちょっと言葉を選ばずに思うことを言うと、最近、というか平成育ち以降、自称完璧主義者が増えてるような気がしています。そして、この完璧主義が福福を奪われる原因になっていると思うのです。 え?どういうこと? …

目的を忘れずに!

私たちが信仰生活する中でブレてはいけないことがあります。それは自分の行いが「救い」になっているのかどうか、またやろうとしていることが「救い」につながっているのかという事。 よく、「牧師や先輩に言われた …

不安で引っ込むより挑戦を!

このところ、東京のコロナ感染者数が増えていて世の中では不安が広がってますね。 私は以前にもお伝えした通り、そんなに不安じゃないですよ。 だってこのコロナ騒ぎは本当に変なんですよ。実は死亡率も重症化率も …

no image

平凡な人生は幸せ?

ある記事で、大人になって分かったことの一つが、「平凡な人生を送ることは難しい」ということ、というのを見ました。 確かにな~‥と思いながら、ところで、平凡って何だろう??という疑問が湧き、「平凡」の意味 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。