私の自論

錯視現象

投稿日:

昨日の夜の出来事。

昨日は私用があり、帰りが遅くなって夜道を一人で歩いていました。

早く帰りたかったのでショートカットするために、大通りではなく、住宅街の路地に入って行きました。一応街灯はありましたが、全体的には暗い道でした。

そしてふと前方を見ると、誰かが歩いているのが見えました。暗かったし、遠目だったので全体像が良く見えず、黒い人影がぼんやりしているような感じでしたが、なんとなくその人は男性だと感じました。

構わず歩いていると、なんだかその人がこちらに近づいてくるように見えました。女性の方は分かると思いますが、夜に細い路地を一人で歩いている時に前方から男性が近づいてくる時ってちょっと警戒心が生じますよね?

私もその時、ドキドキしながら前方から近づいてくる黒い人影を見て歩いていました。

そうするうちに、前方の男性が、街灯が明るく照らされる所に来て、全体像がよく見えるようになりました。

ハッキリ見えるようになって分かってみたら、なんと、その男性は私と同じ方向に歩いていたのです!つまり、私に近づいてきているわけじゃなかった、という事です。

その男性はスマホを見ながらゆっくり歩いていたのに対し、私は早く帰りたくて速足で歩いていたので、その男性より歩く速度が速くて、結果的に男性が近づいてくるように見えたようです。

完全な錯視現象でした。

まぁ、何事もなく一件落着!ということで良かったですが、このことを通して、暗闇と光の下での見え方の違いをはっきり感じました。

暗闇だとよく見えないからわからない→分からないからいろいろ憶測する→そのうち勝手に誤解し始める。でも、光の下でよく見てみたら憶測は全然違っていた、ということ。

聖書では真理を光に、非真理を暗闇にたとえられます。一般的にもある分野についてよく知っていることを「〇〇に明るい」、知らなければ「〇〇に暗い」という言い方をしますよね。

現実的に考えても、知らない時はあれこれ憶測して一人で勝手にやきもきしていたのに、分かってみたら何でもなかったという事はよくあります。

今回は、私がドキドキしていた時間は恐らく1分くらいだったと思いますが、この時間が長引けば長引くほど憶測はどんどん広がってしまいます。

暗闇の中で見るものはどんなにじっと見ても正確なことは分かりません。何事も光のもとで見てみないといけませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

心のアレルギー

最近、自分自身の事を振り返って、ふと思ったことがあります。 子供の頃より心が成長して大人になり、以前耐えられなかったことが耐えられるようになったこともあるけれど(それがほとんどだけど)、一部、逆もある …

自分の位置と使命

ニュースを見ていたら、最近、また有名人の不倫報道が目立っているそうですね。 私は特に芸能界については無知なので名前を挙げられても全くピンとこないのですが、とにかく不倫報道とそれに対する人々のバッシング …

矛盾⁈

皆さんは以前、「食事したりおしゃべりばかりして福音を伝えないなら意味がない」とか「これからの時代は福音伝道しなければ」という類の話を聞いたことがあると思います。 そういう話を聞いて以来、全体的に、いろ …

no image

マクドナルドは若者の店・・・でもなさそう。。。

暑い日が続いていますね。皆さん体調はいかがですか?熱中症情報が出ていますから自己管理をしっかりとしないといけませんね。 ところで、今日の午前中、私用を済ませてから、駅前のちょっとした商業スクエアに立ち …

no image

鍛えるにも時がある!

台風の接近で大雨の被害が心配ですが、その代わり猛暑が和らいでいますね。何事にも一長一短があるのだなと改めて感じます。 ところで、今年の異常な猛暑で熱中症が深刻な問題になってますが、これを受けて、小中学 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。