私の自論

金メダル第一号!!

投稿日:

パラリンピックのアルペンスキー大回転座位で村岡桃佳さんが金メダル獲得!おめでとうございます!

彼女は今大会4つ目のメダルです!それだけでもすごいですが、今回は待望の金メダルということで、感激もひとしおだったようです。

インタビューを聞いてみたら、オリンピックでもパラリンピックでも、やはり金メダルを取る選手というのは「勝負師」だな~と感じました。

彼女曰く「思い切って行って金を取るか、コケてさよならするか、どっちかだと思って滑った」と。

勝負をかけるという事は、反面リスクも背負うわけです。

リスクを恐れて安全策として無難にいくか、ギリギリラインで勝負をかけていくのか。安全策だったら失敗はしない、ということです。

でも、勝負師はただ「失敗しない=成功」とは考えないんですよね。逆にいうと、勝負をかけずに無難にいくのは、失敗はなくても金メダルは取れないという事でもあります。

実際、会場はオリンピックと同じ場所ですから、オリンピックの時と同様、アルペン競技では全体的に転倒者が続出していたようです。

そんな中、環境も治め、自分の心も治め、勝負をかけて金メダルを取るというのは凄いなと思いました。

私たちは失敗したくない、恥をかきたくない、傷つきたくない…などの心理から、つい無難な方を選びがちです。

多分、どっちつかずの心理なんですよね。勝ちたい…でも失敗したくない…。失敗した自分を受け入れられないからそうなんだと思います。

でも、彼女のように「金か、コケてさよならか」と最初から潔く心を決めて臨むなら、どちらの結果になっても後悔はないのかな、と思いました。

準備は出来る限り努力して精いっぱいやり、本番では潔く心を決めて臨む。これは私達にも必要な心の在り方だな、と思いました。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

ただいま!

昨日の夜遅く、無事に帰国しました! 今回は初めて壮年部のツアーに参加させてもらいました。 今まで接してきたメンバーのご両親にお会いすることができたり、久しぶりに再会できたメンバーがいたりなど、私個人と …

no image

清々しい愛

善意に対して感謝し、お礼を言うというのは人間としての基本です。 ただ、善意をした側が堂々とお礼を要求すると、ちょっとがっかりしてしまいますよね。この人は最初からお礼を言われ尊敬されることが目的であって …

霊の階級

以前(20年以上前)、まだ宣教師がいたころですが、「霊的なお祈り会」というのをしていた時期がありました。 それはどういうものかというと、「霊界の窓」と呼ばれる霊の使命者(霊や幻を見たり異言の通訳などを …

no image

私たちにできること。。。

最近、児童虐待について、痛ましい事件がありましたね。もうそれに関する新たな情報を見るのが辛くなるほど痛ましいです。こういうニュースが絶えないのは本当に残念でなりません。 こう言う事件が起こると、必ずと …

no image

ちょっとズレただけで・・・

先日、74歳の男性が、北アルプスで遭難し、一週間後に救助されたというニュースを見ました。 そんな高齢で一週間もよく頑張ったな、と嬉しく思ったと同時に、私としてはちょっとぞっとした内容もありました。 こ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。