私の自論

適量が一番!

投稿日:

今日、ふとあるニュースを見ました。

あるゴミ収集などをする会社で、従業員がごみの選別作業中に、ごみの中に現金約4200万円があるのを見つけ、警察に届けたそうです。

率直に「そんな大金を捨てる人がいるんだ~。。。」と驚きましたが、その会社の場所が、ちょうど昨日お花見に行った地域だったので余計に驚きました。

見つかった現金は3か月警察で保管し、持ち主が現れなかった場合は発見した会社に所有権が移るそうですが、その会社は所有権が移った場合、お金はを寄付すると言ってるそうです。

一体何があったんでしょうね。。。

事件なのか、それともお金を持て余してイヤになって捨てた人がいるのか。。。まぁ、憶測しても仕方ないですが、お金があれば何事もうまくいく、とは言えないようですね。捨てる人がいるという現実がある以上は。

お金も、食べ物も、服も、家も、その他生活用品も、なくてもいいというわけではありません。

しかし、何事も度を越えず適度に、が幸せなのかなと思います。

神様が人間に下さった様々なものは恵み深くいただき、感謝して使うことで、より幸せに感じたり、より心も豊かに生きられたりして感謝が増し加わります。

でも、何事も人間にふさわしい適量というものがあります。

ですから、そのものが悪いのではなく、人間が度を越えて欲しがったり、度を越えて使ったりしたときに問題が起こるんじゃないのかな、と思うんです。

度を越えて欲しがったら欲張りですよね。

お金も食べ物も服も・・・あればあるほど良いのではなく、感謝して恵み深くいただける分量が適量なんじゃないのかな。

大金がごみになっているというニュースを通して、こんな考えが浮かびました。

 

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

健康と勤勉

今週は勤勉についての話が出ましたね。 勤勉と怠惰のどちらが良いかと聞かれた時、怠惰と答える人はほとんどいないと思います。 誰もが勤勉が良いというのは分かっているからです。 でも勤勉になれない。。。分か …

伝道の研究

今週は研究シリーズが続いてます。(笑) 今回は伝道についてです。 「伝道」と一言で言ってもどの段階の事を言っているのかで変わるのですが、今回ここでお伝えするのは、見知らぬ人に声をかける方法ではありませ …

no image

人を褒める条例!

先日、兵庫県の多可町で「一日ひと褒め条例」という条例案が12月の定例会で可決され、来年1月1日から施行されることになったそうです! 条文には「一日に一度は人をほめる、または感謝の気持ちを伝える」ことや …

no image

花の威力

今日から、スマホとタブレットの待ち受け画面を、先日お花見に行ったときに撮ったお花の写真にしてみました。菜の花と、早咲きの桜。それと、近所で撮った白い桜。 今までは待ち受け画面を元々の画面のままにしてい …

no image

認識のズレ

今日は久しぶりに他教会を訪問してきました。 今日訪問した教会は約一年ぶりくらいでしたが、久しぶりに訪問するといろいろ変化していて驚くことが結構あります。 礼拝後、その教会のある男子メンバーに声をかけら …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。