私の自論

適量が一番!

投稿日:

今日、ふとあるニュースを見ました。

あるゴミ収集などをする会社で、従業員がごみの選別作業中に、ごみの中に現金約4200万円があるのを見つけ、警察に届けたそうです。

率直に「そんな大金を捨てる人がいるんだ~。。。」と驚きましたが、その会社の場所が、ちょうど昨日お花見に行った地域だったので余計に驚きました。

見つかった現金は3か月警察で保管し、持ち主が現れなかった場合は発見した会社に所有権が移るそうですが、その会社は所有権が移った場合、お金はを寄付すると言ってるそうです。

一体何があったんでしょうね。。。

事件なのか、それともお金を持て余してイヤになって捨てた人がいるのか。。。まぁ、憶測しても仕方ないですが、お金があれば何事もうまくいく、とは言えないようですね。捨てる人がいるという現実がある以上は。

お金も、食べ物も、服も、家も、その他生活用品も、なくてもいいというわけではありません。

しかし、何事も度を越えず適度に、が幸せなのかなと思います。

神様が人間に下さった様々なものは恵み深くいただき、感謝して使うことで、より幸せに感じたり、より心も豊かに生きられたりして感謝が増し加わります。

でも、何事も人間にふさわしい適量というものがあります。

ですから、そのものが悪いのではなく、人間が度を越えて欲しがったり、度を越えて使ったりしたときに問題が起こるんじゃないのかな、と思うんです。

度を越えて欲しがったら欲張りですよね。

お金も食べ物も服も・・・あればあるほど良いのではなく、感謝して恵み深くいただける分量が適量なんじゃないのかな。

大金がごみになっているというニュースを通して、こんな考えが浮かびました。

 

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

感動の金メダル!

またしてもパラリンピックの話題です。(笑) スノーボードの下肢障害のクラスで成田緑夢(ぐりむ)さんが金メダル!おめでとうございます! これにはお兄さんの童夢さん(トリノオリンピック代表)も我を忘れて涙 …

no image

幼い時の衝撃!

夕方、家へ帰る道で、なぜか急に、子供のころ父親のレコードを聴いていた事が思い出されました。 父はクラシック好きで、家にはクラシックのレコードがたくさんあったんです。父が好きなのはベートーベンのオーケス …

no image

見る法則⁈

大人が努力する姿を見た赤ちゃんは、我慢強く物事に取り組むようになる、という研究結果があるそうです。 実験の対象は生後13~18か月の赤ちゃんだったそうです。ということは1歳児ですよね? そんな小さい時 …

no image

停電

実は、午前中にうちの周辺一帯が停電になったんです! 私はその時部屋でPC作業をしていたんですが、突然「バチッ」という音がして電気が消えてしまいました。 電気を使い過ぎたのかな?と思ってブレーカーを見た …

no image

ただいま!

昨日の夜遅く、無事に帰国しました! 今回は初めて壮年部のツアーに参加させてもらいました。 今まで接してきたメンバーのご両親にお会いすることができたり、久しぶりに再会できたメンバーがいたりなど、私個人と …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。