私の自論

身から出た錆

投稿日:

いつの時代でも、人を貶める事を目的とする行為は必ず自分の身に降りかかります。

最近、ある週刊誌が『文科相が公用車で「キャバクラヨガ」に通っていた』という記事を載せ、一瞬物議を醸しました。

ところが、「キャバクラヨガ」と称されたヨガスタジオのオーナーが断固抗議したのです。うちはそんなところじゃありません、健全なヨガスタジオです、と。

これによって、記事を載せた週刊誌の方が、貶められるという事態が起きています。

最近はサタンの行いが日本中に横行しているのか、マスコミで誰かを貶める記事を載せ、それを国会で大騒ぎすることが大流行ですし、一般でも、ネット上で誰かに対し、または何かの事態に対して集中非難を浴びせる炎上騒ぎが多いです。

しかし、誰かが騒がなくても本当の悪なら神様が裁くでしょう。

聖書にもこのようなことが書いてあります。

ところが、国民全体に尊敬されていた律法学者ガマリエルというパリサイ人が、議会で立って、使徒たちをしばらくのあいだ外に出すように要求してから、 一同にむかって言った、「イスラエルの諸君、あの人たちをどう扱うか、よく気をつけるがよい。 
~中略~
その企てや、しわざが、人間から出たものなら、自滅するだろう。 しかし、もし神から出たものなら、あの人たちを滅ぼすことはできまい。まかり違えば、諸君は神を敵にまわすことになるかも知れない」。

(使徒行伝5:34~39)

神様の前では全てがあらわになります。

私たちは、誰かを貶めることではなく、義を行う事、愛することに時間と労力を費やすべきですね。

情報源☞「公用車でキャバクラヨガ」報道にスタジオ経営者が猛抗議

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

言ってみたら・・・解決!

最近、私の中でちょっと悩んでいたことがあったんです。 ある状況について「どうすればいいんだろう??」と一人で悶々としていました。さらに、そのことについてイライラしたり、うんざりしたりもしていました。 …

「今」最善で最短は何か?

先日、ある記事を読んでいたら、以前ホリエモンが「寿司職人が何年も修行するのはバカ」と発言していた事がチラッと取り上げられていました。(その記事の核心ではありません) 当時この発言が炎上して話題になった …

逆境が功を奏した?!

私が30個論の講義以外でも聖書を頑張って勉強したのには、あるきっかけがあります。 それは、1999年。墓の期間に入って、先生が視界から消えた時期です。一時期は説教も届かなかったし、とにかく御言葉含め与 …

no image

七夕

今日は七夕ですね。 全然気付いてなかったのですが、久しぶりに降りた駅に七夕の飾りがしてあって「そうだ!今日は七夕だ!」と認識しました。 数分だけ余裕があったのでちょっと短冊を覗いてみたら。。。 小学生 …

no image

恥じらい

今日、駅前の歩道橋を歩いていたら、突然1mくらい前に『ボトッ!』と言う豪快な音と思に鳥の糞が落ちてきました。 あと数秒私が早くそこを通っていたら被害に遭っていたところでした。(汗) 間一髪で被害に遭わ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。