私の自論

躓かないのも武器

投稿日:

今日は、壮年部のメンバーとランチしてきました!

面談でもなく、相談でもなく、ただのランチです。

あれこれおしゃべりして、途中で店も移動してトータル6時間会ってました。(^^;

実は昨日もメンバーとランチして店に長居していたんです。

私にとっては二日連続でしたが、こういう時間は負担でも何でもなく、楽しい時間です。

私の立場だと、メンバーと会う時は、場合によってはとても気を使います。こういう話は躓かれるかな?とか、勘違いされないかな?とか、厳しく思われるかな?とか、あれこれ考えて、話題も言葉も選んでしまいます。

でも、今回は二日間ともそういうことは気にせず、日ごろ感じていることや自分の考えなどをしゃべっても平気だと思える相手だったので、心置きなくおしゃべりしてきました。

相手が敏感だったり、気難しかったりすると、こちらも気を使って本音は話さないことがありますが、そうじゃないことが分かっていれば気を楽にあれこれ話せます。

自分がそうだという事は、相手もそうだし、神様もそうだ、ということなんですね。

実際、変にストレスがなく、あれこれ複雑に気を使う必要もなく、気楽にしゃべれるとき、相手からの話も肯定的に入るし、本音を引き出せるし、こちらからのアイディアもたくさん出てくる気がします。(少なくとも私はそうです)

逆に、自分が敏感で人の話に躓きやすかったり、緊張して委縮してしまうタイプだったら、相手は自分に気を使って表面的な事しか話さなくなります。そうすると疲れるし、何よりお互いに有益が少なくなると思うんです。

以前、先生が「躓かないように祈りなさい」という説教をしてくださったことがあります。大雑把に言うと、躓くと、実は躓いている自分だけが損をしている、という内容でした。

もちろん、どんな相手でも最低限のマナーは必要ですから、何でもかんでも言っていいわけではありませんが、それでもいちいち躓かないというのは天から見たら強みじゃないのかな?と思いました。

何よりも、自分が主にとって気楽な存在でありたいですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

入れ墨と癌

またしても入れ墨の話題です。 私が特別に入れ墨に関心があるわけではないのですが、気になる記事を目にしたので。 今回は、感情論ではなく、現実問題をご紹介したいと思います。 まず、記事を読んで私が一番気に …

no image

人の恵み

今日は日曜日。教会に行く日です。 いつもは自分の所属教会に行きますが、今日は諸事情により、久しぶりに違う教会に行きました。 その教会の聖殿が凄いという噂だったので、聖殿を見たいという願望もあり、前日か …

no image

両親に再会!

今日はなんと!未香さんと朝から日帰りで遠出し、両親に会ってきました! 未香さんと一緒に行くということになってから、この日の計画をいろいろ考えていたところ、ふと、母の散骨した場所にも行きたい!という感動 …

no image

声を出さなくて済む社会へ?!

数日前、たまたま夕方ごろ近所の八百屋さんの前を通った時、 ふと思いました。 最近の世の中は、何もしゃべらなくても過ごせるような方向にどんどん進んでいるな~と。 八百屋さんの「いらっしゃ~い!!今日は〇 …

no image

本当は信心深い日本人

江戸時代の終わりごろ、急に消えた村があるそうです。 原因は、恐らく疫病か何かのためだろうとされていますが、どうやらその村は、山の中にある「夙(しゅく)村」だったようです。 私も今回初めて知りましたが「 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。