女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

許す強さ

投稿日:

ふと目にした記事で、「精神的に強い人が絶対にしない10のこと」というのがありました。

ほとんどの項目は誰もが一度は耳にしたことがあるような内容でしたが、いくつかは、「確かにそうだな~」と思った項目がありました。

それは、『謝罪を求めない』と『自分を哀れまない』という項目でした。

その記事によると、精神的に強い人は、自分の非を認めず謝らない人のことも恨まず許す、という特徴があるそうです。

「許しなさい」という聖書の御言葉は誰もがご存知だと思いますが、実際は、ちょっとしたことなら許せても、本当に自分が傷ついた時に相手を許すのは至難の業なんじゃないかなと思うんです。

でも、実は、これができる人こそ精神的に強い人だ、ということですね。

人類の罪を背負って犠牲になって下さった主は、誰よりも強い方だ、と言えます。

『自分を哀れまない』も『謝罪を求めない』の延長上にあるように思います。

人を許せば、自分が犠牲者、または被害者という立場ではなくなるため、自分がかわいそうでもなく、自立した精神状態になれます。

しかし、許せなければ、「〇〇のせいで・・」という思考でいるため、〇〇が解決してこそ自分が動けるということになってしまいます。逆に言うと、〇〇が解決しなければできない、ということになります。この〇〇に自分が左右されていて自立していないですよね。

そういう人の思考回路は大抵、精神的に強い人は弱い人の気持ちがわからないから、いつも理解してもらえない、というものです。

または、強い人は、つらい経験をしたことがなくてわからないのだろう、と考えています。

どちらにしろ、「自分は分かってもらえない」という思いに縛られています。

でも、精神的に強い人が辛い経験をしたことがないわけではなく、気持ちがわからないわけではありません。

主は、誰よりも強い方ですが、私たちの痛みをわからない方なんでしょうか?違いますよね。

実際、人生を生きていく中で辛い経験が一度もない、なんていう人は存在しないと思うんです。

でも精神的に強い人は、辛いということを分かってもらおうとしていない、相手に求めていない、ということですね。

私たちは人の影響より、主の影響を強く受けなければいけません。人は完全ではないのです。

御言葉で磨かれて、自分を強く作っていかなければいけませんね。

謝罪を求めず、自分を哀れまず、自立した強い自分を作っていくとき、きっと本当の意味で和睦ができるんじゃないのかな、と思います。

 

 

 

 

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

決心したら。。。

おはようございます。 今日はいよいよコンサート当日になりました! ここ数日、準備でバタバタだったんですが、昨日一日でちょっと不思議な現象が。。。 私がコンサートの準備もしながらラジオの原稿も書いたり、 …

いろいろな信仰の武器

昨日に引き続き「霊的なお祈り会」のお話をしようとおもいます。 霊的なお祈り会では「信仰の武器」を見ることが何回かありました。 私が初めて体験した時は、宣教師が霊の使命者に、その場にいる人たち全体を見な …

no image

見えない働き

たまには違う道を通ってみようと思い、近所なんですけど、通ったことがない細い路地を通ってみました。 その細い道の一角にごみ置き場がありました。不法投棄ではなく、恐らくその近所の住人のごみ置き場のようでし …

挑戦と維持

表題の通り、挑戦と維持について、自分の体験をもとにお話ししようと思います。 私は基本的に好奇心旺盛な性格なので、挑戦することは好きな方です。挑戦して目標に挑むワクワク感が結構好きだし、何かに向かって熱 …

no image

いつから牧会し始めるのが良い?

今日は牧会など教会の指導者として働くタイミングについての私の意見をお伝えしたいと思います。ただ、あくまでも私の個人的見解として受け止めていただけると幸いです。 よく、牧会したり、教会の指導者になるため …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。