私の自論

許す強さ

投稿日:

ふと目にした記事で、「精神的に強い人が絶対にしない10のこと」というのがありました。

ほとんどの項目は誰もが一度は耳にしたことがあるような内容でしたが、いくつかは、「確かにそうだな~」と思った項目がありました。

それは、『謝罪を求めない』と『自分を哀れまない』という項目でした。

その記事によると、精神的に強い人は、自分の非を認めず謝らない人のことも恨まず許す、という特徴があるそうです。

「許しなさい」という聖書の御言葉は誰もがご存知だと思いますが、実際は、ちょっとしたことなら許せても、本当に自分が傷ついた時に相手を許すのは至難の業なんじゃないかなと思うんです。

でも、実は、これができる人こそ精神的に強い人だ、ということですね。

人類の罪を背負って犠牲になって下さった主は、誰よりも強い方だ、と言えます。

『自分を哀れまない』も『謝罪を求めない』の延長上にあるように思います。

人を許せば、自分が犠牲者、または被害者という立場ではなくなるため、自分がかわいそうでもなく、自立した精神状態になれます。

しかし、許せなければ、「〇〇のせいで・・」という思考でいるため、〇〇が解決してこそ自分が動けるということになってしまいます。逆に言うと、〇〇が解決しなければできない、ということになります。この〇〇に自分が左右されていて自立していないですよね。

そういう人の思考回路は大抵、精神的に強い人は弱い人の気持ちがわからないから、いつも理解してもらえない、というものです。

または、強い人は、つらい経験をしたことがなくてわからないのだろう、と考えています。

どちらにしろ、「自分は分かってもらえない」という思いに縛られています。

でも、精神的に強い人が辛い経験をしたことがないわけではなく、気持ちがわからないわけではありません。

主は、誰よりも強い方ですが、私たちの痛みをわからない方なんでしょうか?違いますよね。

実際、人生を生きていく中で辛い経験が一度もない、なんていう人は存在しないと思うんです。

でも精神的に強い人は、辛いということを分かってもらおうとしていない、相手に求めていない、ということですね。

私たちは人の影響より、主の影響を強く受けなければいけません。人は完全ではないのです。

御言葉で磨かれて、自分を強く作っていかなければいけませんね。

謝罪を求めず、自分を哀れまず、自立した強い自分を作っていくとき、きっと本当の意味で和睦ができるんじゃないのかな、と思います。

 

 

 

 

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

ようやく解決の方向へ

実は、月曜日に父のいる福島県の郡山へ行ってきました。 私の父はもう80歳で高齢な上、施設生活をしているので、遺言状やら、あれこれ片付けなければいけない問題を早く解決しないといけないということで、今回、 …

no image

ピアノの時間

今日、ちょっと時間があって、というか、心の余裕があって久しぶりにピアノを練習しました。 練習した、と言っても本番が近いわけでもなく、なんとなく久しぶりに弾きたくなった曲があったので弾いてみたんです。 …

no image

苦手を克服するには???

誰でも苦手な事ってありますよね?もしなければその人は神様のように完璧な人だと言えます! 私は普通の人なので当然苦手なことがあるのですが、中には克服できたかな?というものもあります。それをどう克服したの …

no image

認識のズレ

今日は久しぶりに他教会を訪問してきました。 今日訪問した教会は約一年ぶりくらいでしたが、久しぶりに訪問するといろいろ変化していて驚くことが結構あります。 礼拝後、その教会のある男子メンバーに声をかけら …

no image

自分にできること

至極ありきたりの話ではありますが。。。 最近、自分の波長が安定していて穏やかでいることは、自分だけじゃなくて周囲の人にも良いのだなということを、改めて感じる出来事がありました。 数日前、教会の兄弟姉妹 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。