私の自論

許す強さ

投稿日:

ふと目にした記事で、「精神的に強い人が絶対にしない10のこと」というのがありました。

ほとんどの項目は誰もが一度は耳にしたことがあるような内容でしたが、いくつかは、「確かにそうだな~」と思った項目がありました。

それは、『謝罪を求めない』と『自分を哀れまない』という項目でした。

その記事によると、精神的に強い人は、自分の非を認めず謝らない人のことも恨まず許す、という特徴があるそうです。

「許しなさい」という聖書の御言葉は誰もがご存知だと思いますが、実際は、ちょっとしたことなら許せても、本当に自分が傷ついた時に相手を許すのは至難の業なんじゃないかなと思うんです。

でも、実は、これができる人こそ精神的に強い人だ、ということですね。

人類の罪を背負って犠牲になって下さった主は、誰よりも強い方だ、と言えます。

『自分を哀れまない』も『謝罪を求めない』の延長上にあるように思います。

人を許せば、自分が犠牲者、または被害者という立場ではなくなるため、自分がかわいそうでもなく、自立した精神状態になれます。

しかし、許せなければ、「〇〇のせいで・・」という思考でいるため、〇〇が解決してこそ自分が動けるということになってしまいます。逆に言うと、〇〇が解決しなければできない、ということになります。この〇〇に自分が左右されていて自立していないですよね。

そういう人の思考回路は大抵、精神的に強い人は弱い人の気持ちがわからないから、いつも理解してもらえない、というものです。

または、強い人は、つらい経験をしたことがなくてわからないのだろう、と考えています。

どちらにしろ、「自分は分かってもらえない」という思いに縛られています。

でも、精神的に強い人が辛い経験をしたことがないわけではなく、気持ちがわからないわけではありません。

主は、誰よりも強い方ですが、私たちの痛みをわからない方なんでしょうか?違いますよね。

実際、人生を生きていく中で辛い経験が一度もない、なんていう人は存在しないと思うんです。

でも精神的に強い人は、辛いということを分かってもらおうとしていない、相手に求めていない、ということですね。

私たちは人の影響より、主の影響を強く受けなければいけません。人は完全ではないのです。

御言葉で磨かれて、自分を強く作っていかなければいけませんね。

謝罪を求めず、自分を哀れまず、自立した強い自分を作っていくとき、きっと本当の意味で和睦ができるんじゃないのかな、と思います。

 

 

 

 

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

伝道の研究②

昨日の宣告通り、今日は伝道研究第二弾をお伝えします! ただ、もしかしたらこれは今の時代にはあまり必要ないのかも。。という内容かもしれません。。 新しく来た人を少人数で迎える時とか、開拓教会なんかには利 …

毒麦は生えるものと考えよう!

今週は天国についての話でしたね。 聖書の本文は有名な毒麦のたとえ話の箇所。 『天国は良い種を自分の畑にまいておいた人のようである。』 この聖句について何となく考えていたら、ある考えが浮かびました。 「 …

no image

たばこは聴力にも悪影響!!

たばこによる心肺機能や血流などの害については今更議論の余地はないと思いますが、なんと、聴力にも悪影響なのだそうです! 聴力低下のメカニズムとしてはまだ推定の域ではありますが、恐らく、ニコチンの毒性や血 …

no image

本当は怖い「アイドル」

英語の得意な方にとっては、当たり前でしょ?という話なんですが、私は今日発見したので書かせていただきます! 最近「アイドル活動」という言葉を、世の中の記事で目にするようになりました。 たとえば、「アイド …

no image

見るもの聞くものは選ばないと!

最近、読んでいる途中で読むのをやめた本があります。 それは、日本の表舞台に立つ人々のウソを暴くような感じの本で、最初は日本の問題を探ろうという思いで手に取ったのですが、読みながらだんだ気分が悪くなって …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。