私の自論

見るもの聞くものは選ばないと!

投稿日:

最近、読んでいる途中で読むのをやめた本があります。

それは、日本の表舞台に立つ人々のウソを暴くような感じの本で、最初は日本の問題を探ろうという思いで手に取ったのですが、読みながらだんだ気分が悪くなってきてしまいました。

問題のある人物や問題点を列挙するばかりで、擁護する言葉もなく、ひたすら批判的な話が続くのです。

言っていることが間違っているとは思わないのですが、ひたすら否定形の言葉ばかりを頭に詰め込んでいたせいか、頭がクラクラしてきました。

少しでも希望的な話が挿入されていれば違ったのかもしれませんが。。。

私は本を読んだだけでこういう気分になったんです。私が直接自分の事を言われたわけじゃないんです。

ふと、以前先生が説教の中で『たとえ自分に関係ないことだとしても、悪口とか批判とかは聞かない方が良い』とおっしゃっていたのを思い出しました。

ありきたりではありますが、人間は否定的な言葉ばかりを聞くと精神がおかしくなるのだな、と改めて痛感した出来事でした。

と同時に、人間は希望的な話がないと精神に力が得られず、解決のために前に進むことができないのだな、とも思いました。

やはり、見るもの、聞くものは選ばないといけませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

人の評価は気になるけれど‥

信仰の世界にいると、人の評価を気にするな、神様の目を意識しなさい、という事をよく聞くと思います。 でも、正直人の評価を全く気にせず生きることって不可能なんじゃないかな?とも思います。 不可能とまで言い …

no image

楽しむ能力

今日、近所のドラッグストアのキャンペーンで当たったお花見バスツアーに、ミカさんと行ってきました! しかし、残念ながら今日行ったところは群馬県で、まだ全然桜が咲いてなかったんです。本当に全く・・・一分咲 …

それって本心?

昨日の続きみたいになっちゃうのですが、世の中で言われている「理想の○○」って、結構誘導されて出来上がったものじゃないかと思うことがあるんですね。 アンケートや世論調査の結果、というのもそれが人々の本心 …

no image

自己満足の愛

最近、ある高校生が、親につけられたキラキラネームを改名したことを公表し、話題になっていますね。 そのキラキラネームは「王子様」。 この名前は母親がつけたそうで「唯一無二の存在、私の王子様」という意味が …

no image

同じ単語でも…

今回は、同じ言葉・単語でも人によってこんなにも受け取り方が違うのか、という事を強烈に認識した体験をご紹介しますね。 実は私、過去に日本語教師をしていたことがあるんです。 その時、初級クラスの授業を受け …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。