私の自論

衝撃的な貼り紙

投稿日:

先日、このブログで「外のものはどうでも良い?」という題名の記事を書きましたが、今回はその続編です。

「外のものはどうでも良い?」という記事では、うちの近所のコンビニでイートインのごみ箱が使えなくなったという内容をお伝えしました。家庭ごみや他のゴミをイートインのゴミ箱に入れる人が多かったらしく、店主の名で「ゴミ箱使用禁止」の貼り紙がしてあったという内容です。

そのコンビニで、昨日、さらにショッキングな貼り紙がありました!そこには

『本日、ゴミの放置があまりに多いので、イートイン休止いたします。店主』

そして小さく赤字で『今後も同じように対応しますのでご了承ください』とありました。

とうとうイートインの使用そのものが禁止になってしまったんです!一応「本日」と書いてあったので今後ずっと使えないというわけではないとは思いますが。。。

きっと、ゴミ箱が使えないからそこに置いていってしまったんでしょうね。ゴミは店員に渡せばよい、という事にはなっていたんですが、もしかしたら店員に渡せないゴミ(コンビニで買ったものではないゴミ)があったのかもしれません。

う~む。。本当に考えものです。。。。(>‗<)

この貼り紙を見た時、私は真っ先にここの店主の怒りや苛立ちを感じてしまいました。どんなにひどいからここまでするでしょうか?正直、イートインを禁止したら売り上げは落ちると思うんです。それでもここまでの強硬手段に出た店主の心情を考えてしまいました。

さらに、ゴミを置いていった人たちは罪に該当するなと思いました。店にごみを放置するというのは社会的に考えても迷惑行為ですが、霊的にも罪だなと思ったんです。人をこれだけ怒らせているわけですから。

本人に直接的に暴言を吐いたり、嫌がらせをしたりすることは罪だと誰もが認識できると思いますけど、間接的にだとしても、たとえ自分はお気楽に悪気なくしたことだとしても、その結果相手が怒ったり、悲しんだり、傷ついたり・・などの状態になるならそれは罪だなと。

ゴミを放置した人はイートイン休止の貼り紙を見てどう思うんでしょうか?実は放置している人ほどたいして何も感じないのかな?

でも、これによってきちんと使用していた人たちまでが使えなくなってしまったわけですから「申し訳なかった」くらいには思ってほしいですし、もっと言うと、ちゃんと悔い改めないと罪の霊になってしまうだろうなと思いました。

それと同時に私たちが悪気なくお気楽に「まぁ、これくらいはいいか」と思ってやっていることが、誰かに怒りや悲しみを与えてはいないか、よく考える必要があるなと思いました。

改めて、この世で誰もが心地よく過ごせる「地上天国」は神様が無条件与えてくれるのではなく、みんなで作っていくものだな、と思いました。自分も含めたみんなが日々気分よく過ごせるように個人個人が心がけていきたいですね。

コンビニの貼り紙です。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

根本的な祝福

先月、父に会いに行った日がありました。 私の父はいわゆる認知症で、現在福島県のグループホームで暮らしています。幸い、私の名前と顔は覚えていて、行けば喜んでくれるのですが、なにせ会話が成り立たない。(苦 …

no image

次元を上げる最善策は?

誰もが自分の元を上げる事を願ってますよね? もっと簡単な言い方をすれば、誰もがもっと良くなりたい!と願っていると思うんです。だれだって悪くなりたくはないでしょう。 だからこそ、本屋に行くと様々な成功本 …

神様の御心

自分に対する神様の御心って?? それは誰も分からないです。 なぜかというと、「神様、これは御心ですか?」と聞いても言葉では返事が返って来ないから。 だからと言って人に聞いても分かりません。 その人は神 …

「過酷」だけが原因じゃない!

当たり前のことかもしれませんが、何かを遣り甲斐をもってし続けるには『希望』があるかどうかが重要だと思います。 例えば、オリンピックの強化選手達。たまに彼らの特集などありますが、それを見る限り、凡人の通 …

それって本心?

昨日の続きみたいになっちゃうのですが、世の中で言われている「理想の○○」って、結構誘導されて出来上がったものじゃないかと思うことがあるんですね。 アンケートや世論調査の結果、というのもそれが人々の本心 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。