私の自論

落ち葉掃除

投稿日:

今日は、いつも使う地下鉄の最寄り駅ではなく、JRの駅の方に用事があり、終わってからその駅の近くにある散策路をちょっとだけ散策してから帰ってきました。

凄く風情のあるところなんです。

今日は曇りですが、散策路が並木道のようになっているので全体的に木陰だし、小川もあって、涼しげな感じのところです。

その散策路を歩きながら、掃除のおじさんを3人見かけました。100mおきくらいに一人ずついて、道をホウキで掃き掃除していたんです。

最初はただ、「あぁ、こういう風に掃除してくれる人がいるから道がきれいに保たれているんだな」と思って歩いていましたが、途中で、ふとあることに気付きました。

このおじさんたちが掃除しているのは、いわゆるゴミではなく、落ち葉だったんです。昨日の雨で道に落ち葉がたくさん落ちたみたいです。

よく見てみたら、散策路には、ゴミを不法に捨てる人もいないようで、ゴミは落ちていませんでした。でも、いくら人間がごみを落とさなくても、落ち葉は落ちますよね。仕方ないです。落ちるな!と言っても落ちるものです。

つまり、誰かが汚さなくても自然に汚れて掃除すべきものがある、ということなんですよね。

自分が汚したわけじゃない、と言って誰も何もしなかったら、道が落ち葉でいっぱいになってしまいます。汚いだけじゃなく、まだ濡れてるから滑って危ないです。

この時、悔い改めってこういうことなのかな、と思いました。

以前先生が、「他人がつけた泥だとしても自分が落とさなければ泥が付いたままで汚い」とおっしゃっていたのを思い出しました。

雨の中歩いている時車が通って泥が跳ねたり、落ち葉が落ちたりするのは、自分のせいじゃないし、その状況・環境の中では仕方がないことなんだけど、泥は落とさないと汚いままだし、落ち葉は掃除しないと後で自分が転ぶだろうし、放っておくと全て自分に帰ってきます。

自分自らが犯した罪じゃないとしても、ある状況の中で腹が立ったり、良くない感情を抱いたら、仕方ないとしても、それでも神様が喜ばれない事なら罪なんですよね。

こういう時って、罪と認めたくないけれど、本当は「〇〇のせい!」と言いたいけれど、やっぱり罪なんだな、悟りました。

落ち葉掃除のおじさんみたいに、仕方なく汚れたものも綺麗にしないとですね。

-私の自論
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

本当は信心深い日本人

江戸時代の終わりごろ、急に消えた村があるそうです。 原因は、恐らく疫病か何かのためだろうとされていますが、どうやらその村は、山の中にある「夙(しゅく)村」だったようです。 私も今回初めて知りましたが「 …

先にやってしまう

今は有言実行というのがカッコいいとされてるみたいですが、私はどちらかというと不言実行タイプ。自分のやろうとしていることをいちいち人に言う必要があるのか?と考えてしまうので、こういう面では旧時代の人なの …

no image

友達はほどほどで良い⁈

ある心理系の本を読んでいたら、「最高の友を探してはいけない」という事が書かれていました。 一瞬「え??」となりますよね? 「なんでも話せて、自分のことも理解してくれる気の合う親友」というのは誰もが求め …

no image

時の知らせ

今日、ちょっと私用があって行ったところの近くに、白い花が満開になっている小さな木があり、通行人がその花の写真を撮っている姿を見ました。 その姿を見て、そういえば。。。もう春分の日は過ぎたんだ、と認識し …

no image

見えない働き

たまには違う道を通ってみようと思い、近所なんですけど、通ったことがない細い路地を通ってみました。 その細い道の一角にごみ置き場がありました。不法投棄ではなく、恐らくその近所の住人のごみ置き場のようでし …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。