女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

落ち葉掃除

投稿日:

今日は、いつも使う地下鉄の最寄り駅ではなく、JRの駅の方に用事があり、終わってからその駅の近くにある散策路をちょっとだけ散策してから帰ってきました。

凄く風情のあるところなんです。

今日は曇りですが、散策路が並木道のようになっているので全体的に木陰だし、小川もあって、涼しげな感じのところです。

その散策路を歩きながら、掃除のおじさんを3人見かけました。100mおきくらいに一人ずついて、道をホウキで掃き掃除していたんです。

最初はただ、「あぁ、こういう風に掃除してくれる人がいるから道がきれいに保たれているんだな」と思って歩いていましたが、途中で、ふとあることに気付きました。

このおじさんたちが掃除しているのは、いわゆるゴミではなく、落ち葉だったんです。昨日の雨で道に落ち葉がたくさん落ちたみたいです。

よく見てみたら、散策路には、ゴミを不法に捨てる人もいないようで、ゴミは落ちていませんでした。でも、いくら人間がごみを落とさなくても、落ち葉は落ちますよね。仕方ないです。落ちるな!と言っても落ちるものです。

つまり、誰かが汚さなくても自然に汚れて掃除すべきものがある、ということなんですよね。

自分が汚したわけじゃない、と言って誰も何もしなかったら、道が落ち葉でいっぱいになってしまいます。汚いだけじゃなく、まだ濡れてるから滑って危ないです。

この時、悔い改めってこういうことなのかな、と思いました。

以前先生が、「他人がつけた泥だとしても自分が落とさなければ泥が付いたままで汚い」とおっしゃっていたのを思い出しました。

雨の中歩いている時車が通って泥が跳ねたり、落ち葉が落ちたりするのは、自分のせいじゃないし、その状況・環境の中では仕方がないことなんだけど、泥は落とさないと汚いままだし、落ち葉は掃除しないと後で自分が転ぶだろうし、放っておくと全て自分に帰ってきます。

自分自らが犯した罪じゃないとしても、ある状況の中で腹が立ったり、良くない感情を抱いたら、仕方ないとしても、それでも神様が喜ばれない事なら罪なんですよね。

こういう時って、罪と認めたくないけれど、本当は「〇〇のせい!」と言いたいけれど、やっぱり罪なんだな、悟りました。

落ち葉掃除のおじさんみたいに、仕方なく汚れたものも綺麗にしないとですね。

-私の自論
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

命のための連携

今回はアメリカでの話。 4/24午前1時ごろ、高速道路にかかる陸橋から飛び降り自殺を図ろうとしている男性がいるとの通報が警察に入り、警察はその高速道路を封鎖。その後、万が一男性が飛び降りた場合の落下距 …

no image

建国記念の日

今日は建国記念日ですね! 毎日の生活に追われていると、(お恥ずかしながら)ただカレンダーを見て「今日は祝日だ」と思うだけで、一体何を祝う日なのか分かっていないことが多いので、今回はちょっと調べてみまし …

no image

身から出た錆

いつの時代でも、人を貶める事を目的とする行為は必ず自分の身に降りかかります。 最近、ある週刊誌が『文科相が公用車で「キャバクラヨガ」に通っていた』という記事を載せ、一瞬物議を醸しました。 ところが、「 …

no image

苦手を克服するには???

誰でも苦手な事ってありますよね?もしなければその人は神様のように完璧な人だと言えます! 私は普通の人なので当然苦手なことがあるのですが、中には克服できたかな?というものもあります。それをどう克服したの …

no image

驚きの求人広告

今日、すごい求人広告を見てしまいました! 「元気なくていい、やる気いらない、顔どうでもいい、とにかく働いてくれ」 凄くないですか?! あまりに文言のインパクトが強くて一体何の求人か見そびれてしまったん …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。