私の自論

落ち葉掃除

投稿日:

今日は、いつも使う地下鉄の最寄り駅ではなく、JRの駅の方に用事があり、終わってからその駅の近くにある散策路をちょっとだけ散策してから帰ってきました。

凄く風情のあるところなんです。

今日は曇りですが、散策路が並木道のようになっているので全体的に木陰だし、小川もあって、涼しげな感じのところです。

その散策路を歩きながら、掃除のおじさんを3人見かけました。100mおきくらいに一人ずついて、道をホウキで掃き掃除していたんです。

最初はただ、「あぁ、こういう風に掃除してくれる人がいるから道がきれいに保たれているんだな」と思って歩いていましたが、途中で、ふとあることに気付きました。

このおじさんたちが掃除しているのは、いわゆるゴミではなく、落ち葉だったんです。昨日の雨で道に落ち葉がたくさん落ちたみたいです。

よく見てみたら、散策路には、ゴミを不法に捨てる人もいないようで、ゴミは落ちていませんでした。でも、いくら人間がごみを落とさなくても、落ち葉は落ちますよね。仕方ないです。落ちるな!と言っても落ちるものです。

つまり、誰かが汚さなくても自然に汚れて掃除すべきものがある、ということなんですよね。

自分が汚したわけじゃない、と言って誰も何もしなかったら、道が落ち葉でいっぱいになってしまいます。汚いだけじゃなく、まだ濡れてるから滑って危ないです。

この時、悔い改めってこういうことなのかな、と思いました。

以前先生が、「他人がつけた泥だとしても自分が落とさなければ泥が付いたままで汚い」とおっしゃっていたのを思い出しました。

雨の中歩いている時車が通って泥が跳ねたり、落ち葉が落ちたりするのは、自分のせいじゃないし、その状況・環境の中では仕方がないことなんだけど、泥は落とさないと汚いままだし、落ち葉は掃除しないと後で自分が転ぶだろうし、放っておくと全て自分に帰ってきます。

自分自らが犯した罪じゃないとしても、ある状況の中で腹が立ったり、良くない感情を抱いたら、仕方ないとしても、それでも神様が喜ばれない事なら罪なんですよね。

こういう時って、罪と認めたくないけれど、本当は「〇〇のせい!」と言いたいけれど、やっぱり罪なんだな、悟りました。

落ち葉掃除のおじさんみたいに、仕方なく汚れたものも綺麗にしないとですね。

-私の自論
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

神様の人事センス

神様ってとても寛容で心が広い方。そして大胆! なぜそんなことが分かるのですかって? それは私のような者を使ってくださるから。私が神様の仕事をしている、という事実が全てを物語っています。 もし神様が私の …

自分を見たら大胆になれないと思う

私は今まで「大胆ですね」と言われたことが度々ありました。 そう言われた時は大抵、私の頭の中は「何が??」という状態になります。 それで実際に「私の何が大胆なの?」と聞いた時もあります。 そうすると、相 …

no image

神様の作品は美しい!

私用があり、近所を自転車で通っていると、住宅街のさなかにある八重桜が満開になっており、あまりの綺麗さに思わず自転車を止めて眺めてしまいました。 帰り道は違う道を通ってきましたが、道沿いに植えてある木の …

no image

人の評価は気になるけれど‥

信仰の世界にいると、人の評価を気にするな、神様の目を意識しなさい、という事をよく聞くと思います。 でも、正直人の評価を全く気にせず生きることって不可能なんじゃないかな?とも思います。 不可能とまで言い …

no image

誕生日

今日、4月22日は私の誕生日なんです! イェーイ!と行きたいところですが、今年はなんとなく朝から神妙な面持ちで一人静かに過ごしています。 なんというか。。。今日から本格的に人生が後半戦に入ったような気 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。