私の自論

自然治癒力

投稿日:

実は、一昨日、自転車に乗っていて、私のちょっとしたミスで左手の指をケガしてしまったんです。とはいっても、大したケガではなく、ただの擦り傷なんですが、ちょっと表面がめくれた感じでしばらく血が止まりませんでした。

目的地に行く途中の道だったので、とりあえずバンドエイドを貼って、そのまま行きました。

血がにじんできて何度かバンドエイドを取り換えなければけませんでしたが、傷自体は大きいわけではなく、しばらくして血は止まりました。

家に帰ってきてから、再び水が入らないバンドエイドに貼り替えました。指なので、どうしても、手を洗ったり、食器を洗ったりなど、水に触らないわけにはいかなかったので。

そのバンドエイドの箱の裏にも、傷が乾かないように密着させるように書いてありました。

最近は、傷が乾かないようにするのが主流みたいですね。

しかし、どうしても、シャワーを浴びたり、髪を洗ったりすれば指は濡れるし、貼った部分は気になります。見た目もまだちょっとジュクジュクしている感じでした。

それで、何度か貼りなおしたんですが、昨日の夜になってもめくれた皮膚がきちんとはくっついていなくて、思ったより傷が深かったのかな?と思ってました。

でも、なんとなく、しばらくバンドエイドを貼らずに放置しておこう、という考えが浮かび、ちょうどPC作業をする時だったので、手が濡れる心配もなく、しばらく放っておきました。

それから指の事は忘れていたんですが、多分2時間くらいたったころ、ふと指を見てびっくり!皮膚がくっつき始めていて、バンドエイドでふやけていたところも元に戻っていて、表面も乾き始めて明らかに良くなっていたんです!

人間の自然治癒力ってすごな、と思いました。保護して二日間治らなかった傷が、放置したら二時間で治り始めたんですから。

健康に関することや、病気・ケガの治療に関しては、様々な説があり、どれがいいのかわからなくなることがありますが、なんだかんだ言って、神様が人間を創造なさるとき、ある程度自分で治せるようなシステムに作ってくださっていたのだ、と改めて実感しました。

その時の体のコンディションなどによっても、治り方は違ってくると思いますが、ちゃんと健康管理ができている状態だったら、保護するより、神様が元々備えてくださった治癒能力で治した方が早いということですね。

これを通して、身体だけじゃなくて、霊的なこともそうかな、と思いました。

霊的におかしくなった人を放っておけばよい、という話ではなく、霊的にも過保護はいけないな、と思ったんです。

日ごろから礼拝に出て説教も深く聞いたり、聖書を読んだり、祈ったりなど霊的な健康管理ができている人は、何かあっても、神様が悟りを与えてくださるし、自分と神様の間で解決できるはずなんですよね。

周りが心配し過ぎて過保護にしてもいけないし、自分が心配し過ぎて保護してもらおうとし過ぎることも、どちらも回復を遅らせることになるんだな、と思いました。

神様は、人間にたくさんの力を備えて創造してくださいました!本当に感謝するしかありません!

それと同時に、神様が自分に下さった偉大な力を信じて、神様と共に自分を強く作っていくことも大切ですね。

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

神様の作品

お久しぶりです。昨日の夜、無事に帰国しました!! 今回は初めて済州島に行ってきました。 済州島は自然が本当に豊かで、韓国本土とは雰囲気もかなり違っていて、別の国みたいでした。 全体的に高い建物がほとん …

使命は「自分」がやる!

使命者について、指導者も気を付けないといけないけれど、受ける側も気を付けないといけないな~と思うことがあります。特に日本では。 使命を受けた人に対して、指導者が上からああだこうだと言い過ぎるのは本当に …

no image

ひな祭りの由来

今日3月3日はひな祭りの日です。女の子のための伝統行事ですね!! このひな祭りについて調べてみたら、面白いことが分かりました! ひな祭りは以下の二つの事が合わさって始まったようです。 一つは中国から伝 …

no image

こんな時こそ皆で前へ進もう!

日本は元々自然災害が多い国ではありますが、今年は特に多いですね。 梅雨時の大洪水、台風や大地震の被害…これらの報道を見て心を痛め、自分の無力感で気持ちがふさぎ込んでいる方もいらっしゃるのではないでしょ …

出来ない人にありがちな特徴

今日は久しぶりに本音トークをしたいと思います。(笑) 今からの話はあくまでも私の経験上の話、私が思う話になります。 教会では伝道実績者とか管理功績者など、各方面でよく頑張って結果を残した人がいると思う …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。