私の自論

自慰行為で死ぬ??

投稿日:

ちょっと書くのをためらいましたが、思い切って書くことにします。

私たちの教団は、男女交際のみならず「自慰行為」に関しても他より厳しい対応をしているのは周知のとおりです。

その対応は厳しすぎるのでは?という声もあるようですが、実際、自慰行為が死に至る場合があるというのです。勿論、肉体の死です。

メカニズムとしては、性ホルモンの過剰分泌によって脳波が興奮状態に陥り、急激に血圧も上がり、心肺が停止する、ということのようです。これを一般に「テクノブレイク」というそうです。(注:医学用語ではないらしい)

しかもこのような急死が若者の間で年々増えていて、東京23区だけでも1年間に20~30の例、全国で200~300例はあると推測されているそう。

しかし、「テクノブレイク」という言葉は死んだ時の「状態」であって疾患ではないため、死亡した場合「病死・変死」として扱われることから、実際はこれより多いとされているようです。

まぁ、こういう死は家族も隠したがりますからね。。。

それにしても。。なんだか怖いですね。あまり知られてないけど着実に拡大している「死」があるというのは。

本当は死に至るのに、それを楽しそうに見せたり、日常の当たり前の事のように見せるのは、やはりサタンの仕業です。

メディアを使ったサタンの策略に騙されてはいけません!!

やはり、自分の命を全うしたければ、つべこべ言わず、神様がおっしゃる事に素直に従った方がいいですね。

(参考:もし、具体例が知りたい方は → こちらをどうぞ

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

心が強い人

またオリンピックのニュースを見て思ったこと。 私はリアルタイムで見ることはないのですが、ニュースでハイライトを見るだけでも、冬のオリンピックってほとんどが危険な競技ばかりだな~と思いました。 一歩間違 …

悪感情はどこから⁈

ここ数日、人が相手に対して悪感情をもつ時ってどういう時かな?という事を考えてました。 様々な場合があるとは思いますが、大きな要因の一つは「自分が邪険に扱われたと感じるとき」じゃないかと思うんですね。 …

no image

ただのティーブレイク

昨日、私が受け取るべきものがあったため、それを受け取るために新宿まで行きました。 私の用事はメンバーから受け取るべきものを受け取って終わりだったんですが、せっかくだからちょっとお茶でも、ということで、 …

問題の根本

ここ数年、メディア伝道部の活動をしながらいろいろ知るようになった事の一つが「工作員」についてです。 日本人にとっては工作員というと北朝鮮のことを思い浮かべるかもしれませんが、実は全世界に工作員はいます …

no image

順番が大事!

最近、霊でも現実の世界でも働いている闇の存在についていろいろ考えていました。 私たちが神様の御言葉を学んで、霊でも現実の世界でも神様の世界を広げようとしているのと同じく、現実の世の中で悪の世界を成そう …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。