私の自論

自分の都合だけで恩恵は受けられない

投稿日:

前回のユリの話題の続編です。

その後ユリがどうなったかというと。。。実はそんなに変化していないんです。

先週は毎日ユリの姿形が違っているほど勢いよくつぼみから開花に向かっていたのですが、ここにきて急にスピードダウンしてしまいました。

ユリの花四つのうち二つは開花していて二つはつぼみでしたが、開花した二つの花はずっと花が開いたまま持っているんです。それはいいとして、残りのつぼみの一つは少~しだけ開きかけていて、もう一つは全然開く気配もありません。

そこで昨日花瓶の水を替えて見たりしたのですがあまり効果がありませんでした。

どうしてだろう??と考えていたら、何となく寒さのせいではないか?という霊感が来たのでいろいろ調べてみたら、通常のユリの開花時期というのは5~7月だという事が分かりました。

今は11月下旬。家の中なので、外の気温よりは高く保たれていますが、このところ寒かった上に、この三日間ほぼ一日中外出して留守にしていたため、部屋の気温が一段と低くなってしまっていたようです。

そこでふと、以前カメを飼っている知人が真夏に「カメが死なないように外出中もずっと部屋のエアコンを付けっ放しにしている」と言っていたことを思い出しました。

それを聞いた時は「動物を飼うのも大変だな、私は電気代節約したいから無理だな。」くらいにしか思わなかったのですが、今回、植物を育てることも、生け花も同じことが言えるのかな、と思いました。

動物も植物も生きています。生きているものが存在している以上、存在できる状況を整えないといけないということです。

電気代を節約したいから多少寒くても着るもので調節、というのはあくまでも私の都合であって、ユリには酷なわけですよね。ユリのためには少し部屋の温度を上げないといけません。

つまり、命あるものと共にするなら自分の都合だけでは生きられないんだな、と思ったんです。

でも、その為に生きる時、自分も受ける恩恵があります。ありきたりの言葉ですが「give & take」です!

先週は毎日ユリから恵みを受けていましたが、続けて恵みを受けたければ今度は私がユリが生きれるようにしてあげないといけませんね。

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

イマドキのクリスマスイブ

今日はクリスマスイブですね。皆さんはこの日をどのように過ごされますか? 私は母がクリスチャンだったので、クリスマスイブやクリスマス当日は子供のころから教会行く日だったのですが、一般の日本人はそうではあ …

基本+創意工夫

何事もそうですが、初めに基本を学んだらその後は創意工夫というのが必要です。 例えば、料理も最初は料理本とか既成のレシピを見ながら作りますが、慣れてくるとだんだん自分の味に合うように調味料の配合を変えた …

no image

石積み体験

またまた済州島の話題。伝えたいことがたくさんあって。。(^^; 済州島の牧師さんで、石の塀を作る専門家がいらっしゃいます。済州島は、日本の沖縄や石垣島のように、石垣の町なんです。 その牧師さんは石を積 …

「今」最善で最短は何か?

先日、ある記事を読んでいたら、以前ホリエモンが「寿司職人が何年も修行するのはバカ」と発言していた事がチラッと取り上げられていました。(その記事の核心ではありません) 当時この発言が炎上して話題になった …

no image

私たちにできること。。。

最近、児童虐待について、痛ましい事件がありましたね。もうそれに関する新たな情報を見るのが辛くなるほど痛ましいです。こういうニュースが絶えないのは本当に残念でなりません。 こう言う事件が起こると、必ずと …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。