私の自論

脱昭和女

投稿日:

4/29は昭和の日ですね。でもこの日は長年天皇誕生日として過ごしてきました。

つまり、私は典型的な昭和生まれの昭和育ち。

そんな私がふと「昭和の日に昭和度チェック」というのを目にしたので、面白半分にチェックしてみました。

昭和度は、①立派な昭和女 ②昭和テイストの女 ③イマドキ女子 ④Maxイマドキ女子の4段階に分かれていました。

私の自覚としてはどう考えても①か②だろうな、と思ってチェックしたんですが、なんと、結果は③イマドキ女子だったんです!!!

これは意外!まぁ、そもそもこういうチェック自体の信ぴょう性も疑わしくはありますが(笑)、ただ、私自身は思いっきり昭和女を自覚していたので我ながらびっくりしました。

実際に私がイマドキ女子かどうかは置いておいて(笑)、なぜこういう結果だったかな、と考えてみました。

多分、ずっと神様の仕事をしていて、聖書の講義や面談などで若い人に接してきたし、特に最近はYouTubeでお悩み相談室を始めたり、Podcastをやりだしたりして、今まで触れずに生きて来れたことまでせざるを得なくなり、感覚が昭和のままではいられない状況だったのかな、と思いました。

福音を伝えるために最先端のものを使わざるを得なかったということですね。

考えてみたら、歴史的には教会が文明の最先端を行っていたんですよね。例えば、活版印刷機が発明されてさっそく宗教改革後に聖書を印刷したりなど。

西洋の芸術も教会の絵画や賛美から発展しています。近代音楽の父と言われるバッハは毎週教会で新曲を披露していたほどです。

確か、遺伝の法則を発見したメンデルも教会の伝道師で、教会の庭にエンドウ豆を植えて観察していたんでしたよね。

私自身の性格を考えてみたとき、きっと、私が救いの仕事をしていなかったら、文明の利器も使えない昭和女で終わっていたと思うんです。

でも、教会で主と共に救いの仕事をするようになって、いかに福音を伝えるかを研究した結果、自分の性格とは関係なく、イマドキのことをするようになったのだな、と思いました。

私を昭和女からイマドキ女子へ引き上げてくださった神様に心から感謝します💛

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

基本+創意工夫

何事もそうですが、初めに基本を学んだらその後は創意工夫というのが必要です。 例えば、料理も最初は料理本とか既成のレシピを見ながら作りますが、慣れてくるとだんだん自分の味に合うように調味料の配合を変えた …

no image

本当の自由って?

よく「真理は人を自由にする」と言いますよね。 というか、ちゃんと聖書に書いてありますね。(ヨハネ8:32) でも、日本人の多くは、教会に行くと自由じゃなくなる、と言います。なぜかというと、お酒ダメとか …

no image

自ら積極的に!

私は今まで聖書の講義をたくさんしてきたのですが、なんとなく私の中では違和感のある習慣があります。 それは、講義の後「どうでしたか?」と私に聞いてくること。みんなが講義をした私の反応や見解を聞きたがるん …

no image

本当は信心深い日本人

江戸時代の終わりごろ、急に消えた村があるそうです。 原因は、恐らく疫病か何かのためだろうとされていますが、どうやらその村は、山の中にある「夙(しゅく)村」だったようです。 私も今回初めて知りましたが「 …

no image

次元を上げる最善策は?

誰もが自分の元を上げる事を願ってますよね? もっと簡単な言い方をすれば、誰もがもっと良くなりたい!と願っていると思うんです。だれだって悪くなりたくはないでしょう。 だからこそ、本屋に行くと様々な成功本 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。