私の自論

脱昭和女

投稿日:

4/29は昭和の日ですね。でもこの日は長年天皇誕生日として過ごしてきました。

つまり、私は典型的な昭和生まれの昭和育ち。

そんな私がふと「昭和の日に昭和度チェック」というのを目にしたので、面白半分にチェックしてみました。

昭和度は、①立派な昭和女 ②昭和テイストの女 ③イマドキ女子 ④Maxイマドキ女子の4段階に分かれていました。

私の自覚としてはどう考えても①か②だろうな、と思ってチェックしたんですが、なんと、結果は③イマドキ女子だったんです!!!

これは意外!まぁ、そもそもこういうチェック自体の信ぴょう性も疑わしくはありますが(笑)、ただ、私自身は思いっきり昭和女を自覚していたので我ながらびっくりしました。

実際に私がイマドキ女子かどうかは置いておいて(笑)、なぜこういう結果だったかな、と考えてみました。

多分、ずっと神様の仕事をしていて、聖書の講義や面談などで若い人に接してきたし、特に最近はYouTubeでお悩み相談室を始めたり、Podcastをやりだしたりして、今まで触れずに生きて来れたことまでせざるを得なくなり、感覚が昭和のままではいられない状況だったのかな、と思いました。

福音を伝えるために最先端のものを使わざるを得なかったということですね。

考えてみたら、歴史的には教会が文明の最先端を行っていたんですよね。例えば、活版印刷機が発明されてさっそく宗教改革後に聖書を印刷したりなど。

西洋の芸術も教会の絵画や賛美から発展しています。近代音楽の父と言われるバッハは毎週教会で新曲を披露していたほどです。

確か、遺伝の法則を発見したメンデルも教会の伝道師で、教会の庭にエンドウ豆を植えて観察していたんでしたよね。

私自身の性格を考えてみたとき、きっと、私が救いの仕事をしていなかったら、文明の利器も使えない昭和女で終わっていたと思うんです。

でも、教会で主と共に救いの仕事をするようになって、いかに福音を伝えるかを研究した結果、自分の性格とは関係なく、イマドキのことをするようになったのだな、と思いました。

私を昭和女からイマドキ女子へ引き上げてくださった神様に心から感謝します💛

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

命に対する主の執念

以前私が伝道したけど今では失われた羊となってしまってる子から、私ではなく、当時一緒に迎えに入ってくれていた壮年部の方に連絡があったそうで、今日会ってもらいました。 突然向こうからアクションがあったそう …

証は難しくない!

証について、どう言えばいいのか悩んでいる人も多いと思います。 どうすれば主がスッキリするような証ができるのかな?と。 しかも証って、固定した言い方のマニュアルがあって、それさえ言えばいいというわけでは …

no image

正しい知識を!

先日、札幌でスプレー缶爆発事故がありましたね。このような事故にもかかわらず、死者が出なかったのは不幸中の幸いでした。 ところで、この事故に関するニュースでは「なぜそんなことを?」「会社の責任は?」など …

時には損切りも大事

今週、あなたの主管圏で探しなさい、ある所・いる所で探しなさい、ということですが、これは自分の向かうべき方向、努力する方向を考える上でとても大事だなと思います。 人間ってどうしても華々しいところに目が行 …

no image

「そんなこと」が人気!

退職代行サービスというのをご存知ですか? どういうサービスかというと、退職したいという意思を本人に代わって会社告げ、退職できるように手続きをしてくれる、というものなんですね。 この背景にはブラック企業 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。