私の自論

聖霊の力で

投稿日:

聖霊を受けなさい、とよく言われますが、聖霊を受けるとどうなるのかな?と考えてみた時、熱くなるとか、信仰深くなるとか、主を悟るとか、様々な現象がありますが、単純に考えたら、「やりたくなる!」ということじゃなかな、と思うんです。

何をやりたくなるかというと、神様の御言葉を行うこと、御心通りに生きること、祈ること、伝道すること、罪を悔い改めることなど、神様の望まれる事を自らやりたくなる、ということじゃないのかな、と思うんです。

ですから、聖書を読んだり、説教を聞いたりした後で義務感に襲われたり、負担感に襲われたりするなら聖霊を受けてない、ということじゃないのかなと。

何でも義務感や負担感を背負ってやると長続きしません。悪い癖を直すことも、積極的な心で取り組まないなら失敗に終わります。

どうせやるなら楽しみな心でやった方が良いですよね?その方が負担感がないどころか、やることそのものが喜びになります!

また、罪を犯さないように。。。と言って常に罪を考え我慢していると限界があります。しかし、御心を行いたくて行なっている時は罪のことなど思い浮かびません。ですから、御心を行うことが楽しくなればいいのです!

だから、やっぱり聖霊は受けないといけませんね。では、どうやったら受けられるのでしょうか?

とりあえず、まずは「聖霊を受けたい!」と切実に思うことからですね。なんとなく思うレベルじゃなくて、切実に!!

聖霊に満たされ、自ら積極的に喜びで行なって、主をびっくりさせるほどのことを成し遂げて差し上げたいな、と思う今日この頃です。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

勇気ある行い

男子高校生が橋から飛び降りようとしていた40代女性を助けた、という記事を見ました。 この男子生徒は自転車で走行中、橋の上に立っている女性を見かけ、一度は通り過ぎたものの、様子がおかしいと思い引き返すと …

個性と短所

人には誰でも長所と短所がありますけれど、大抵の長所と短所って表裏一体だと思うんですね。 大体、自分の短所って長所の裏返しだったりする事が多いのではないかと思うのです。 例えば「気が短い」という短所があ …

no image

ブラックな働き方?

職人を育てる徒弟制度はブラックか?という記事がありました。 技術を必要とする職人の業界では新人が技術獲得のため長時間労働をするのは当然という認識のようで、労働実態だけを見れば今の時代では明らかにブラッ …

no image

必死さ

福井県の男子中学生二人が、日本語の通じない外国人の迷子を、学校で習った英語を駆使して警察まで連れて行き、無事に親に引き渡すことができたそうです。 この功績に、福井県警は、2人に感謝状を贈ったそうです。 …

no image

説明のありがたさ

今日、新しいプリンターを買いました! 実はすでに一か月くらい前から調子が悪くなり始めており、電源を切ったり入れたりしながらだましだまし使っていたのですが、とうとうどうしようもなくなり、買わざるを得なく …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。