女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

私は反対です!

投稿日:

多様化の一つなのか、グローバル化の一つなのかわかりませんが、最近、日本での温浴施設で「タトゥー解禁」が検討され始めているようです。

理由は、東京オリンピック。外国人が多く来日することを考えてのことだそう。

また、最近ではファッションでワンポイントタトゥーを入れる若者が増えていることから、必ずしも従来のヤ〇〇のイメージではない、という事なんですね。

う~む。。。どうなんですかねぇ。。

私個人は、もちろん断固反対です!!正直、目の前にそういう人がいたら怖いです。治安や秩序の面でも心配ですよね。

ちなみに、旧約聖書(レビ19:28)にははっきり「入れ墨はしてはいけない」と書いてあります。聖書は神様の言葉です。

ある国会議員の発言でLGBTが話題になった時もそうでしたけど、こういう議論にはなんだかよくわからない違和感を感じるんですね。

LGBTにしても、入れ墨にしても、肯定派は「少数派の意見も聞くべき」「少数派の人権も守られるべき」「古い価値観にとらわれるべきではない」というお決まりの「正論」なんですが、それはその通りであるものの、やっぱり私には違和感があります。

何でだろう~。。。と考えてみました。

多分。。。こういう議論をする時って、肯定派は「寛容で理解ある人」「従来の枠にとらわれないグローバルな視点を持つ人」などの設定になってる気がするんです。

逆に否定派には、考えが古臭い人、心が狭い人、人に対する理解が乏しい人・・・など否定的なレッテルを貼る傾向がある気がします。

でも、実際に一般人のコメントを見ると、ほとんどが入れ墨入浴には否定的。LGBTについてもそう。なのに、否定派がいけないかのような方向に持っていこうとする記事が多いんですよね。

何か実際の人々の考えとは別の力が働いているような。。。と勝手に詮索してしまいますね。

現実問題として、オリンピックの時には多くの外国人が温浴施設に入ってくれた方がお金がもうかりますからね。経済効果という点では入れた方が良いのでしょう。

でも、「入れ墨は怖い」などの多数の意見も尊重しないといけないと思います。こちらが圧倒的に多数なんですから。逆に、少数派だけに気を使うことが多様化でも民主主義でもないはずです。

この問題、まだまだ議論が続きそうですけど、個人的には、今まで通り、公共の浴場は「入れ墨お断り」のままでいてほしいです。

日本のために、様々お祈りしないといけませんね。

参考☞ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00010000-bfj-soci

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

神様の法は禁欲❓

神様を信じるようになって、神様の法を守ろうとすると、今まで何の罪悪感もなくやっていたことが出来なくなることがあります。 つまり、世の中の法には引っかからないけれど、神様の法には引っかかるということ。 …

no image

光の世界

今日、壮年部の方と一緒に、夜のよみうりランドに行ってきました! 今、夜のよみうりランドは光のイルミネーションをやってるんです!それを見に行ってきました。(乗り物には乗りませんでした。) どこを見ても色 …

no image

自ら積極的に!

私は今まで聖書の講義をたくさんしてきたのですが、なんとなく私の中では違和感のある習慣があります。 それは、講義の後「どうでしたか?」と私に聞いてくること。みんなが講義をした私の反応や見解を聞きたがるん …

no image

牧会で変わった認識について

今回は、ちょっと趣向を変えて、私が牧会生活で完全に変わった認識について書いてみようと思います。 以前の私は、「男尊女卑」断固反対!という思想の持ち主でした。今も男尊女卑は嫌なんですけど、でも、根本的に …

no image

当事者じゃないと分からない!

今日、チラッと本屋に寄った時、東京23区についての本が目に留まり、少しだけ立ち読みしました。(すみません、本の題名忘れました💦) 東京以外の人や東京の郊外の人から見れば、「23区」でひとくくりなのかも …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。