私の自論

私たちにできること。。。

投稿日:

最近、児童虐待について、痛ましい事件がありましたね。もうそれに関する新たな情報を見るのが辛くなるほど痛ましいです。こういうニュースが絶えないのは本当に残念でなりません。

こう言う事件が起こると、必ずと言っていいほど、①虐待した親を非難し、②行政の対応を非難し、③命を奪われた子供に同情を寄せる、というのがお決まりの反応です。

そして、これが何年も前から繰り返されているような気がします。

でも、非難し、同情するだけでは何も変わりません。

とはいうものの、私たちは信仰の世界の人たちだから、行政的にあれこれはできません。でも、私達だからこそできることがあると思うんです。

霊的に考えると、虐待はサタンの主管を受けた人の行為です。サタンは人間に対する哀れみや同情心を一切持ち合わせておらず、人間が苦しむ姿を見て楽しむ存在です。特に罪のない子供を虐待するのは、正当な理由がありません。狂気の沙汰です。

そして、狂気の沙汰の事件が減らないという事は、いまだに日本の中でサタンが猛威を振るっているという事を意味します。だから、絶対にサタンを撲滅させることが必要です!

私たちは福音を伝える時や証する時、こういうことも、もっと真剣に話してもいいのではないかな、と思います。

つい、目の前の相手にいいことや、自己実現に関するようなことばかりをを言ってしまいがちなんですが、日本を変えたいと真剣に考えている人もいると思うんです。

思い起こせば、私が新入生の時、まだ草創期のころですが、先輩方からは、この福音は世界を変える福音だ、とか、今日本の現状がこの福音を必要としている、などの大きな証をされた記憶があります。

勿論、誰にでもヒットする証じゃないですけど、私たち自身も、もっと大きな視野を持ち、お決まりパターンの証から脱しないといけない気がします。

そして、証だけじゃなくて、私たちの信仰生活も、日本の問題を意識したものになっていくべきだと思うんです。先生も民族のために祈りなさいと常々おっしゃってますし。

実際、私たちの聞いているこの福音は個人的な小さなことだけのために存在するわけじゃありません。

私たちは、世の中の問題を霊的な方面から解決する人たちなんだ、という自負心をもって、この福音を述べ伝えていきたいですね。

 

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

花の威力

今日から、スマホとタブレットの待ち受け画面を、先日お花見に行ったときに撮ったお花の写真にしてみました。菜の花と、早咲きの桜。それと、近所で撮った白い桜。 今までは待ち受け画面を元々の画面のままにしてい …

no image

自分の今と昔

自分の中で今と昔とで違っていることがあります。 それは信仰生活する上での自分の方針。 若い頃は、特に使命に関しては何事も経験だ!これも訓練だ!と思って嫌なこともあれこれ引き受けて頑張っていました。(少 …

no image

ピアノの時間

今日、ちょっと時間があって、というか、心の余裕があって久しぶりにピアノを練習しました。 練習した、と言っても本番が近いわけでもなく、なんとなく久しぶりに弾きたくなった曲があったので弾いてみたんです。 …

no image

躓かないのも武器

今日は、壮年部のメンバーとランチしてきました! 面談でもなく、相談でもなく、ただのランチです。 あれこれおしゃべりして、途中で店も移動してトータル6時間会ってました。(^^; 実は昨日もメンバーとラン …

楽な人

皆さんはどんな人と一緒にいたいですか? 人それぞれ好みの問題もあるとは思いますが、少なくとも一緒にいてストレスがたまるような人や、イライラする人、不安を掻き立てられるような人等々・・・とにかく疲れる人 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。