私の自論

私たちにできること。。。

投稿日:

最近、児童虐待について、痛ましい事件がありましたね。もうそれに関する新たな情報を見るのが辛くなるほど痛ましいです。こういうニュースが絶えないのは本当に残念でなりません。

こう言う事件が起こると、必ずと言っていいほど、①虐待した親を非難し、②行政の対応を非難し、③命を奪われた子供に同情を寄せる、というのがお決まりの反応です。

そして、これが何年も前から繰り返されているような気がします。

でも、非難し、同情するだけでは何も変わりません。

とはいうものの、私たちは信仰の世界の人たちだから、行政的にあれこれはできません。でも、私達だからこそできることがあると思うんです。

霊的に考えると、虐待はサタンの主管を受けた人の行為です。サタンは人間に対する哀れみや同情心を一切持ち合わせておらず、人間が苦しむ姿を見て楽しむ存在です。特に罪のない子供を虐待するのは、正当な理由がありません。狂気の沙汰です。

そして、狂気の沙汰の事件が減らないという事は、いまだに日本の中でサタンが猛威を振るっているという事を意味します。だから、絶対にサタンを撲滅させることが必要です!

私たちは福音を伝える時や証する時、こういうことも、もっと真剣に話してもいいのではないかな、と思います。

つい、目の前の相手にいいことや、自己実現に関するようなことばかりをを言ってしまいがちなんですが、日本を変えたいと真剣に考えている人もいると思うんです。

思い起こせば、私が新入生の時、まだ草創期のころですが、先輩方からは、この福音は世界を変える福音だ、とか、今日本の現状がこの福音を必要としている、などの大きな証をされた記憶があります。

勿論、誰にでもヒットする証じゃないですけど、私たち自身も、もっと大きな視野を持ち、お決まりパターンの証から脱しないといけない気がします。

そして、証だけじゃなくて、私たちの信仰生活も、日本の問題を意識したものになっていくべきだと思うんです。先生も民族のために祈りなさいと常々おっしゃってますし。

実際、私たちの聞いているこの福音は個人的な小さなことだけのために存在するわけじゃありません。

私たちは、世の中の問題を霊的な方面から解決する人たちなんだ、という自負心をもって、この福音を述べ伝えていきたいですね。

 

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

両親に再会!

今日はなんと!未香さんと朝から日帰りで遠出し、両親に会ってきました! 未香さんと一緒に行くということになってから、この日の計画をいろいろ考えていたところ、ふと、母の散骨した場所にも行きたい!という感動 …

no image

私がそこにいる理由

いろんな組織や団体について、ああだこうだと意見を言ったり評価したり人がいる。 あそこはこうだよね、そこはこうだよね、など。 意見を言うこと自体は自由だし、罪でもない。 でも、私の人生とは関係ない。 私 …

自分を満たそう!

平和を考えるとき、よく「世のため人のため」という事を考えると思います。 恐らく、自分以外の周囲に対してどうすべきかを考えると思うんですよね。 単純なことで言えば、人に良くしようとか、寛容にふるまおうと …

そろそろ助走体勢に

このところのコロナ関連のデータを見る限り、だんだんとこの騒ぎが終息に向かいつつあるのを感じています。 まだ完全終息ではないけれど、少なくとも2,3か月前の先が見えない状態からは脱していますよね? なん …

no image

正論だけで良い?

私たちは、正論を強調するあまり、人々から誤解を招くようなことがないように、注意しなければいけません。 勿論、私たちの目的は霊魂の救い、引き上げであり、この世の栄華を極めることではありません。 ですから …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。