私の自論

私たちにできること。。。

投稿日:

最近、児童虐待について、痛ましい事件がありましたね。もうそれに関する新たな情報を見るのが辛くなるほど痛ましいです。こういうニュースが絶えないのは本当に残念でなりません。

こう言う事件が起こると、必ずと言っていいほど、①虐待した親を非難し、②行政の対応を非難し、③命を奪われた子供に同情を寄せる、というのがお決まりの反応です。

そして、これが何年も前から繰り返されているような気がします。

でも、非難し、同情するだけでは何も変わりません。

とはいうものの、私たちは信仰の世界の人たちだから、行政的にあれこれはできません。でも、私達だからこそできることがあると思うんです。

霊的に考えると、虐待はサタンの主管を受けた人の行為です。サタンは人間に対する哀れみや同情心を一切持ち合わせておらず、人間が苦しむ姿を見て楽しむ存在です。特に罪のない子供を虐待するのは、正当な理由がありません。狂気の沙汰です。

そして、狂気の沙汰の事件が減らないという事は、いまだに日本の中でサタンが猛威を振るっているという事を意味します。だから、絶対にサタンを撲滅させることが必要です!

私たちは福音を伝える時や証する時、こういうことも、もっと真剣に話してもいいのではないかな、と思います。

つい、目の前の相手にいいことや、自己実現に関するようなことばかりをを言ってしまいがちなんですが、日本を変えたいと真剣に考えている人もいると思うんです。

思い起こせば、私が新入生の時、まだ草創期のころですが、先輩方からは、この福音は世界を変える福音だ、とか、今日本の現状がこの福音を必要としている、などの大きな証をされた記憶があります。

勿論、誰にでもヒットする証じゃないですけど、私たち自身も、もっと大きな視野を持ち、お決まりパターンの証から脱しないといけない気がします。

そして、証だけじゃなくて、私たちの信仰生活も、日本の問題を意識したものになっていくべきだと思うんです。先生も民族のために祈りなさいと常々おっしゃってますし。

実際、私たちの聞いているこの福音は個人的な小さなことだけのために存在するわけじゃありません。

私たちは、世の中の問題を霊的な方面から解決する人たちなんだ、という自負心をもって、この福音を述べ伝えていきたいですね。

 

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

組織が発達障害⁉

連日暑さが続いています。毎日のように気象庁から熱中症に関する注意喚起が出ているほどです。 先日は、この暑さの中、野外学習をした小1の男児が熱中症で亡くなってしまうという痛ましい事故も起きました。 その …

no image

本当の自由って?

よく「真理は人を自由にする」と言いますよね。 というか、ちゃんと聖書に書いてありますね。(ヨハネ8:32) でも、日本人の多くは、教会に行くと自由じゃなくなる、と言います。なぜかというと、お酒ダメとか …

no image

私の母の日

今日は母の日。 母が生きていた時は毎年プレゼントを送っていました。毎年、今年は何を送ろうかな、と考えることも楽しみの一つで、母が大げさに喜んでくれるので今年は何を送って喜ばせようかといろいろ企んでいま …

no image

永遠の友

昨日、大学時代の同級生の博美牧師と、以前の同居人Eちゃんの三人で会うことになりました。 特に用事はなく、なんとなくこのようになったという感じで、久しぶりにお茶会(私以外の2人は食事)になりました。 3 …

no image

大人の対応

具体的なことは差し控えますが。。。 最近のいろんなニュースを見て、そして今までの経験も踏まえて思うこと。 相手によっては、おかしいことはおかしい、正しいことは正しい、ときちんと言わないことはかえって付 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。