私の自論

神様の法は禁欲❓

投稿日:

神様を信じるようになって、神様の法を守ろうとすると、今まで何の罪悪感もなくやっていたことが出来なくなることがあります。

つまり、世の中の法には引っかからないけれど、神様の法には引っかかるということ。

こういう経験は多かれ少なかれ誰でもすることじゃないかと思うんですね。

この時、「神様を信じると窮屈だな」と思う人もいるでしょう。実際それがつらくてやめてしまう人もいます。

確かに、人に言われてすることだったらただの窮屈な法だと思います。でも、自分がどういう次元まで行きたいか、どういう人になりたいのか、という動機の強さによって認識が変わるんじゃないかな、と思うんです。

例えば、ダイエット。美しく痩せたい!!という思いが強ければ強いほど積極的に取り組みますよね。そう思ってない人から見るとただの辛い断食や禁欲でしかありません。でも、強い動機がある人は将来の美しい自分を夢見ながら積極的な心でダイエットに取り組むわけです。

また、スポーツ選手が厳しい練習に積極的に取り組むのは、記録を出したい!勝ちたい!という思いが強いから。将来記録を出した自分を夢見ながら積極的な心で練習するんです!

ただ健康のためにスポーツする人はそこまで厳しい練習をしようとは思いませんし、やらされている、という思いの人も長続きはしないでしょう。

信仰の世界もそうです。

自分がどれくらい主に近づきたいのか、どれくらい霊的に成長したいのか、その動機の強さによって神様の法を守ることへの認識感、積極性が変わると思うんです。

どうせ神様の法を守るなら、楽しい心で守りたいですよね。辛く、イヤイヤやることは神様も喜ばれないでしょう。

ですから、将来、自分が主のような素晴らしい人格も霊力も備え、素晴らしい人生を生きるんだ!ということを夢見て、ワクワクしながら積極的な心で神様の法を守ったらよいのではないでしょうか?

そうしたら、きっと神様も喜ばれるんじゃないかな。(^^)

『聖書は、全て神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。
それによって、神の人が、あらゆる良いわざに対して十分な準備ができて、完全に整えられた者になるのである。』
(テモテⅡ3:16~17)

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

同じ単語でも…

今回は、同じ言葉・単語でも人によってこんなにも受け取り方が違うのか、という事を強烈に認識した体験をご紹介しますね。 実は私、過去に日本語教師をしていたことがあるんです。 その時、初級クラスの授業を受け …

講師訓練について

表題の通り、今日は講師訓練についての私の自論をお伝えしようと思います。 今まで自分もたくさん講義してきたのですが、指導者としてたくさん講師訓練もしてきました。その時、どうやったらみんな優秀な講師になれ …

no image

隣の住人のその後。。

このブログでも書きましたが、先々週、隣の家に警察と消防が突入しました。家主と連絡がとれないということで。 突入した結果「留守」だったということで、警察が置手紙をドアポストに挟んで退散しました。(当ブロ …

no image

時代にふさわしく!

ここ数日、日本では体操のパワハラ問題が話題を呼んでいますね。 日大アメフト・レスリング・ボクシング・体操・・・もうここまでくると次は何かな?と疑いたくなる状況です。 今年は日本のパワハラが暴かれる年の …

no image

性格と能力

昨日のブログ記事を書いた後、性格と能力の関係について、あることを思い出しました。 私は以前、水泳のコーチをしていたことがあり、特に子供のクラスを中心に水泳を教えていました。 私が経験した一番小さい子の …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。