私の自論

相手を分かろうとする力

投稿日:

神様は、人間を一人一人別々に、様々な個性で創造してくださいました。

だから世の中には様々な人がいて面白い半面、どうしても苦手な人が存在するというのも正直なところ。。

時には人から来るストレスで悩む事こともありますよね?

特に現代人は、メンタルが弱い、ストレスに弱いなんて言われてますし、実際ストレスから解放されたい、対人関係に強くなりたいと願う人は多いと思います。

実は、誰でも日ごろの心がけでストレスに強くなることができるようです。

例えば、運動すること、腸内環境を整えること等。つまり健康管理ですよね。確かに・・・心と体はつながっているのでそうだろうなと思います。

それと、共感能力を高める事。

共感すると相手の感情に引きずられてかえって良くないのでは?と思うかもしれませんが、共感能力があれば、相手を良く理解し対応する方法を見いだすことができるのだそうです。

逆に共感能力がないと、相手に対してちょっと嫌だなと感じた時点で「あの人とは合わない」と思ってしまったり、困難なことにぶつかると「もう嫌だ」「なんで私ばっかり」という思考に陥ってしまい、心が閉ざされてしまうのだそうです。つまり、拒否反応ですね。

共感能力を養うにはお祈りが良いようです。世の中では瞑想が良いと言われているようですが、とにかく一日一回はあれこれの雑念を取り除き心をリセットすることが大事なようです。

それと、難しい文学作品を読むことも良いらしいですよ。

確かに文学作品を読めば、実際の人間に会ったりその状況に身を置かなくても作品の中の情景を思い浮かべながら様々な人に触れることができますね。

文学書ではありませんが、聖書の福音書や使徒行伝などは様々な人間に触れられるしドラマチックで面白いので個人的にはおススメです!

現代人は人との触れ合いが少なくなっている上に、読む文章もラインやカカオの短文、しかもただの返事や自分の事情を伝達するような内容が多いですから共感能力を養うにはほど遠い生活をしているのかもしれません。

自分自身がしっかり健康管理をし、共感能力を備えるような生活をするようにすれば、少しずつでも相手を理解しようとする心が芽生え、人に対する拒否反応や誤解が減っていくかもしれませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

固定電話恐怖症

ゼネレーションギャップを感じざるを得ない記事を目にしました。 最近は若い世代に「固定電話恐怖症」というのがあるようですね。 一言で言うと、電話に出るのが恐い、電話でうまくしゃべれない&聞き取れない、と …

no image

昭和・平成・令和へ

今日は平成最終日ですね。 私は昭和の終わりと平成の始まりの時の事をよく覚えているのですが、その時に比べて平成の終わりはなんだかとても穏やかな気がします。 昭和は天皇陛下崩御という衝撃ニュースとともに終 …

no image

自分にできること

至極ありきたりの話ではありますが。。。 最近、自分の波長が安定していて穏やかでいることは、自分だけじゃなくて周囲の人にも良いのだなということを、改めて感じる出来事がありました。 数日前、教会の兄弟姉妹 …

no image

良いことなのだけれど。。。

給食の完食指導で児童が嘔吐し、指導した女性教諭を口頭で厳重注意処分に処したという記事を見ました。 昔式の教育だと、「残さず食べる」ことが美徳でしたよね?でも、今でもそういう教育をしているのかと驚きまし …

冷静に!

昨日、新たに質問コーナーを設けましたが、早速何人かから質問・相談を頂きました! 早速の反応ありがとうございます! 昨日質問をくださった方々のためだけにもやって良かったなと思いました! 引き続き、相談・ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。