私の自論

目的を忘れずに!

投稿日:2019年5月22日 更新日:

私たちが信仰生活する中でブレてはいけないことがあります。それは自分の行いが「救い」になっているのかどうか、またやろうとしていることが「救い」につながっているのかという事。

よく、「牧師や先輩に言われたとおりにしたのに。。。」「教えられた通りにしているのに」と言いながらうまくいかなくてもどかしい思いをしている人を見かけます。

でも、 教会は会社ではないので、こうすべき、ああすべきではなかなかうまくいかないことがあります。 商品ではなく、一人一人の霊魂を扱うところだからです。

基本的にはみことば通りにすることです。誰かが言った言葉ではなく主の言葉。

ただ、経験を踏まえて、そのみことばをどう実行するか、先輩が教えてくれることもあります。勿論それは親切心で言ってくれていることです。

それを指示や命令ととらえてしまうと問題が生じます。

だから常に自分の中に、誰かの言葉ではなく、主の言葉、聖書の言葉がなくてはいけません。

繰り返しになりますが、根本的には霊魂の救いになっているのかどうかが大事です。

自分自身の行いにしろ、伝道して相手にどう対応するかにしろ、全てはそこが核心です。

伝道するときは、相手がどうなれば救いにつながるのかを考えて対応することです。一人一人状況が違うのでマニュアルは存在しません。勿論、自分自身に対してもそうです。マニュアルはないのです。

だから、その時その時の状況を考えて、今は何が一番いいことなのか、みことばに照らし合わせて行なうことが必要です。

つまり、目的を見失わないこと、ゴールがぶれないことが大事だという事です。

人の言葉に左右されて振り回されるタイプはゴールを見失わないことを心掛けてみてくださいね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

必死さ

福井県の男子中学生二人が、日本語の通じない外国人の迷子を、学校で習った英語を駆使して警察まで連れて行き、無事に親に引き渡すことができたそうです。 この功績に、福井県警は、2人に感謝状を贈ったそうです。 …

神様は使命者を通して行われる!

今週は使命者についてたくさん学んでいますね。 今回は私が牧会していた時、残念に思った事をお伝えしようと思います。 牧会者と言ってもいろんな個性の人がいるし、それぞれセンターが違いますから、牧会者が全員 …

no image

仏の顔も三度まで

よく、気分を害するようなことを言われたり、されたりすると「そんなの気にすることないよ!」とか、「聞き流せばいいよ」などというアドバイスを聞くと思います。 私自身も、そのような相談を受けた時、そう回答し …

no image

初めての税務署

実は今日、生まれて初めて確定申告をするために税務署へ行ってきました。(苦笑) ここ数年で私の周囲の状況があれこれ変わって、申告しなければいけなくなったんです。 初めてでよくわからなかったので、相談窓口 …

no image

聖霊の力で

聖霊を受けなさい、とよく言われますが、聖霊を受けるとどうなるのかな?と考えてみた時、熱くなるとか、信仰深くなるとか、主を悟るとか、様々な現象がありますが、単純に考えたら、「やりたくなる!」ということじ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。