私の自論

癒しの奇跡

投稿日:

昨日実際に私の身に起こった出来事です。

昨日は日曜日。教会に行く日であり、また昨日は私たちの教会では聖餐式がある特別な日でした。

なのに。。。いったい何の攻撃かわかりませんが、朝起きたら激しいめまいで立ち上がるとフラフラするのです!

到底電車に乗って、片道約一時間掛かる教会に行ける状態じゃありませんでした。

実は、数日前からちょっとした前兆があったので警戒していたんです。でも幸いめまいには至らず、この段階で何とかしようとしていた矢先だっただけに余計にショックでした。

というのは、前回、同様の症状が出た時は、めまいの症状がひどくて約2週間くらい、ほとんどまともに外出ができなかったんです。だからめまいを自覚した瞬間、しばらく何も活動できないことを覚悟せざるを得ませんでした。

「なぜよりによってこの日の朝にめまいが。。。。」という思いがこみ上げてきました。

めまいの他に頭痛もあったので、薬を飲むためにちょっと食べて、薬を飲んだ後は時間ぎりぎりまで休んでいました。

休みながら一瞬心が弱くなり、「今日はやっぱり無理かも。。。礼拝後にも予定があるけど今日はすべての予定をキャンセルするしかないかな。。。」という考えが湧いてきました。が、気を取り直し、「主よ~!!どうしましょう?よりによって今日めまいがします。このままじゃ外に出ることすらできません!」と主に訴えました。

そしてとうとう家を出なければいけない時間になり、いよいよ欠席するしかないかな?と思いながらも恐る恐る起き上がってみたら、めまいがだいぶ治まっていたんです。

それで、これくらいならいけるかも!と思って大急ぎで支度をして教会に行きました。

大遅刻する覚悟で出かけましたが、電車の乗り換えがいつもよりスムーズにいって、一曲目の賛美前に何とか着きました。

でも、説教がちゃんと聞けるか心配でした。というのは私のめまいの症状は、立ち上がる時だけに起こる立ち眩みではなく、座った状態でもずっとめまい状態という厄介なものだったからです。

ところが、説教中めまいを感じることなく集中して聞くことができ、主の心を感じ、感動を受け、最後の祝祷まで無事に受けることができたのです!ハレルヤ~!

でも、昨日は主が聖餐式に出れるように瞬間助けてくださっただけかもしれないから、今日は一応耳鼻科に行こうと思ってました。

しかし、今日になったらめまいの前兆となった症状まですべて良くなっており、結局病院には行かずに済んでしまったんです!ハレルヤ!!

今回は、癒しのための行事ではありませんでしたが、聖餐式の礼拝を通して、主が癒してくださいました!

一瞬「今日は教会には行けない」という自分の考えが入りましたが、主に願い求めるようにして下さり、考えの勝利をするようにして下さり、実際に行ける状況にしてくださり、最終的には全て治してくださいました!

全てにおいて主の御働きがあったことを心から感謝します!

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

お・ひ・た・し

上司が新人に、いわゆる「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」を教えるということは一般的な話ですよね。 それに対し、上司は部下に対して「お・ひ・た・し」で対応しなければいけない、と言う記事を見ました。もし …

no image

喜怒哀楽はどこから?

今日、ふと考えたんです。 人って嬉しいときは喜び、悲しいときは泣き、楽しいときは笑い・・・こういうことって誰かに教わらなくてもいつの間にか誰でもしていますよね? 赤ちゃんがニコニコ笑うとこちらも自然と …

指導者へどう繋ぐ?

今回は、ズバリ!伝道するときの「指導者へのつなぎ方」についてお伝えしようと思います。 「つなぎ方」と言っても、マニュアルがあるわけではありません。ただ、私が体験してきた中で、こういう感じだとやりやすか …

no image

個人戦と団体戦

最近ニュースで、小学校の学校給食の目的が昔と今とでは違ってきている、というのがありました。 昔の目的はもっぱら『栄養補給』。特に戦後はこの目的がとても重要だったようです。 しかし今は、給食を通してコミ …

no image

幼い時の衝撃!

夕方、家へ帰る道で、なぜか急に、子供のころ父親のレコードを聴いていた事が思い出されました。 父はクラシック好きで、家にはクラシックのレコードがたくさんあったんです。父が好きなのはベートーベンのオーケス …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。