女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

現代人こそ霊感を!

投稿日:

ここ数年、「観測史上初」とか、「予想外」「想定外」など、そういう言葉と共に起きる事故が多いな、と感じています。

また、人員的なミスだとしても、「前例」又は「慣例」に従ってした結果だったり・・だから仕方がなかったと。

もし、自分がその場にいたらどうだったのだろう?と思うと、うまくやっていたとは言えないし、自信もないけれど、ただ言えることは、現代人は情報に頼りすぎているんじゃないのかな、ということ。

私自身も、天気予報マニアで必ず天気予報をチェックするんですが、外に出る時、「ちょっと寒いな」とか「雨が降りそう」と思っても、「天気予報では暖かくなると言ってたし」「今日の降水確率は低いから大丈夫なはず」などと考えて行動した結果、後悔することになったことが何度かあります。

その度に、「寒いな」とか「雨が降りそう」と思った感覚を無視しなければよかったと思うんですね。

神様は私たちに「霊感」というものを与えて事前に知らせてくださいます。一般的には第六感というのかな。

もっと分かりやすく言えば、予感、気配、虫の知らせ、〇〇な気がする‥など。こういう感覚って実はとても大事です。

経験に基づく情報はとても大事だし、迷ったとき頼りになることも事実ですが、その時、その瞬間の霊感を無視してはいけないと思うんです。

同じ花を見ても、いつもは何も感じないのに、その瞬間何かが思い出されたりすることだってあります。以前、私は花を見て急にその日が母の誕生日だったことを思い出したことがあります。

こういうことって理屈じゃないんですよね。その花と母は何の関係もないので。

情報があふれ、なんでもデータが揃っている現代だからこそ陥る落とし穴がある気がするのです。

現代人こそ、霊感を鍛えて神様のメッセージを受け取らないと。それが九死に一生を得る場合もありますから。

神様が下さった自然万物に心を配り、お祈りして黙想してみる。情報が多い時代だからこそこういうことが必要だな、と思うんです。

 

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

夕ご飯のいきさつ

夕ご飯に何を食べようかな、と考えていたら、急にだいぶ前に外食した時のメニューが思い出され、再現したくなり、レシピも何もないけれど適当に作ってみました! 不思議ですね。 当時外食した時、確かに「これ、お …

失敗って何?

誰でも、失敗したり、間違ったり、指摘を受けたり、叱られたり・・・などの経験をしたことがあると思います。 したことがある、という程度ならいいですけど、それによってポジションを変えられるとか、場合によって …

no image

幸福感

皆さんは幸福感の研究ってご存知ですか?私は最近知ったんですが。。そんな研究があるのかと、ちょっと衝撃受けました。 今は幸福感も研究対象なんですね。(^^; つまり、幸福だと感じない人が増えてるからこそ …

no image

炎上社会は罪の温床?!

今、国内でトップニュース扱いになっている「東京医科大学の女子減点問題」。 これは女性が医師になった場合、出産などで休職や離職の可能性があるため、あらかじめ女性医師を増やさないように、当医大の女性合格者 …

no image

撮影会

今日は夕方から「お悩み相談室」の撮影があり、お悩みNo.24~No.27まで撮りました。 前回からカメラマンが変わり、実際にTV局で働いていたプロの女性カメラマンに撮ってもらっています。彼女は以前私の …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。