私の自論

現代人こそ霊感を!

投稿日:

ここ数年、「観測史上初」とか、「予想外」「想定外」など、そういう言葉と共に起きる事故が多いな、と感じています。

また、人員的なミスだとしても、「前例」又は「慣例」に従ってした結果だったり・・だから仕方がなかったと。

もし、自分がその場にいたらどうだったのだろう?と思うと、うまくやっていたとは言えないし、自信もないけれど、ただ言えることは、現代人は情報に頼りすぎているんじゃないのかな、ということ。

私自身も、天気予報マニアで必ず天気予報をチェックするんですが、外に出る時、「ちょっと寒いな」とか「雨が降りそう」と思っても、「天気予報では暖かくなると言ってたし」「今日の降水確率は低いから大丈夫なはず」などと考えて行動した結果、後悔することになったことが何度かあります。

その度に、「寒いな」とか「雨が降りそう」と思った感覚を無視しなければよかったと思うんですね。

神様は私たちに「霊感」というものを与えて事前に知らせてくださいます。一般的には第六感というのかな。

もっと分かりやすく言えば、予感、気配、虫の知らせ、〇〇な気がする‥など。こういう感覚って実はとても大事です。

経験に基づく情報はとても大事だし、迷ったとき頼りになることも事実ですが、その時、その瞬間の霊感を無視してはいけないと思うんです。

同じ花を見ても、いつもは何も感じないのに、その瞬間何かが思い出されたりすることだってあります。以前、私は花を見て急にその日が母の誕生日だったことを思い出したことがあります。

こういうことって理屈じゃないんですよね。その花と母は何の関係もないので。

情報があふれ、なんでもデータが揃っている現代だからこそ陥る落とし穴がある気がするのです。

現代人こそ、霊感を鍛えて神様のメッセージを受け取らないと。それが九死に一生を得る場合もありますから。

神様が下さった自然万物に心を配り、お祈りして黙想してみる。情報が多い時代だからこそこういうことが必要だな、と思うんです。

 

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

友達はほどほどで良い⁈

ある心理系の本を読んでいたら、「最高の友を探してはいけない」という事が書かれていました。 一瞬「え??」となりますよね? 「なんでも話せて、自分のことも理解してくれる気の合う親友」というのは誰もが求め …

no image

命のための連携

今回はアメリカでの話。 4/24午前1時ごろ、高速道路にかかる陸橋から飛び降り自殺を図ろうとしている男性がいるとの通報が警察に入り、警察はその高速道路を封鎖。その後、万が一男性が飛び降りた場合の落下距 …

no image

私たちにできること。。。

最近、児童虐待について、痛ましい事件がありましたね。もうそれに関する新たな情報を見るのが辛くなるほど痛ましいです。こういうニュースが絶えないのは本当に残念でなりません。 こう言う事件が起こると、必ずと …

no image

身から出た錆

いつの時代でも、人を貶める事を目的とする行為は必ず自分の身に降りかかります。 最近、ある週刊誌が『文科相が公用車で「キャバクラヨガ」に通っていた』という記事を載せ、一瞬物議を醸しました。 ところが、「 …

no image

感性

この使命になってから否が応でもインターネットに触れるので、様々な情報を意図せず入手してしまうことがあるんですが、ここ数か月、サタンの肉になっている人たちについて知るようになりました。 これは、私たちを …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。